« ■神のみぞ知るセカイII 第10話「スクール★ウォーズ」 | トップページ | 南海フェリーから封書が届いたです »

2011.06.14

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第11話「強奪乙女」

 イエヤスってば、お城のトラップ、難無くクリアしちゃいます。
 あれは結構凄いのですよ。
 やっぱり、勘がいいのかなあ。
 ハンゾウのおかげも有りますけど…。
 ハンゾウ、不死身なのかと思ったら、実は使い捨てだったみたい。
 イエヤスは本当にえげつないですっ。
 あの笑顔はちょっといいかも、なんて思っていたのにい!。
 なあんて、イエヤスは当初から腹黒キャラでした。
 ヒデヨシの世界のトクニャンも、全く同じなのかしら。
 ヒデヨシ、気を付けた方がいいですよお。

 そのヒデヨシなら、お城のトラップには詳しい筈で、イエヤスの追跡も可能かなって思ったけれど。
 それ所では有りませんでした。
 シロはちゃんと追尾していたけれど。
 もう手出しが出来ません。
 ノブナガ達は、結界も突破出来ず。
 ここでヒデヨシが未知なる力を…、なあんて展開にもならず。
 ちょっとお(^^;。

 ヒデヨシには、かなり期待しているのですけど。
 現代の女子中学生として、ここは科学で対抗するしかないです。
 壊れた携帯の他に、何か持ってないですか?。
 ノブナガやマサムネと連携を取れそうなのも、ヒデヨシだけだよ。
 ミツヒデとは…。
 ヒデヨシはともかく、ミツヒデは嫌がりそうだなあ(^^;。
 シロとのラインも、お役に立ちそうに有りません。
 シロ、気絶してるし。

 にしても、イエヤスの表情と言葉遣い、すっかり悪人なのです。
 まあ、あれが素なのでしょうね。
 知らない人は、トラウマになりそうな。
 今まで、あの素顔を知った人って、みんな消されてしまったのかしら。
 それが甲冑でパワーアップしているとか、大変なのです。
 きっと、本人も制御不能になるのでしょうし(^^;。

 伊達家は、かなり執念深い家系だったのですねー。
 マサムネにも、その血はしっかり流れていたよ。
 それでも天下を取れていないのは、そこまでの器だとしか…。
 もっと別の方法で、上を目指すしか無いんじゃ?。
 考え方としては、ヒデヨシの方がマトモって思えますもん。
 先生しているときのマサムネは、凄く優しそうな視線をヒデヨシに向けているのにな。

 てことで、私はヒデヨシの活躍に期待です!。
 制服で戦うのだ(^^)。
 甲冑に対抗するには、セーラー服しか有りませんもの。

« ■神のみぞ知るセカイII 第10話「スクール★ウォーズ」 | トップページ | 南海フェリーから封書が届いたです »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

戦国乙女~桃色パラドックス~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第11話「強奪乙女」:

» 戦国乙女~桃色パラドックス~ 第11話 『強奪乙女』 [こいさんの放送中アニメの感想]
ミツヒデをそそのかし、その隙に真紅の甲冑を奪った伊達マサムネ。しかし街道でイエヤスの待ち伏せに遭い横取り。マサムネは何故刀すら差していないんだろう。イエヤスじゃなくても山賊に襲われたら一巻の終わりです。 伊達先生アイタタタ・・・何故真紅の甲冑を欲したのか伊達家が天下統一する為よ。ホントにあなた現代人ですか?江戸幕府も倒れ、大日本帝国も終わり、21世紀の日本国に武家政権おっ立てるとか正気か。・・・よしんばタイムスリップして過去に仙台幕府建てたとしても、江戸幕府より良くなったとは... [続きを読む]

» 「戦国乙女 ~桃色パラドックス~」第11話 [日々“是”精進! ver.A]
甲冑、発動 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106140000/ 戦国乙女~桃色パラドックス~一 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.09 ポニーキャニオン (2011-07-06) 売り上げランキング: 302 Amazon... [続きを読む]

» 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 11話 [アニメ徒然草]
これがシュタインズゲートの選択か。 というわけで、 「戦国乙女〜桃色パラドックス〜」11話 戦国Dメールの巻。 さて、前回めでたくトゥルーエンドを迎えた戦国乙女。 あとは甲冑云々の消化試合で...... [続きを読む]

» 戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(6/13) [ぬる~くまったりと]
第11話 強奪乙女 マサムネを待っていたイエヤス。私が天下を取る。その手始めにあ [続きを読む]

« ■神のみぞ知るセカイII 第10話「スクール★ウォーズ」 | トップページ | 南海フェリーから封書が届いたです »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー