2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« ■神のみぞ知るセカイII 第9話「2年B組 長瀬先生」 | トップページ | ■Steins;Gate 第10話「相生のホメオスタシス」 »

2011.06.07

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第10話「心中乙女」

 ヒデヨシが持っている歴史の教科書、もっと有効活用出来そうなのにな。
 殆どお役に立っていません。
 勿体無いの。
 そして、壊れてしまった携帯電話に続いて、ヒデヨシの装備は、全て本能寺の火災で燃えてしまったらしく。
 あらら…。

 あの状況の中で、マサムネは甲冑をしっかり持ち出していたみたい。
 ソツ無いです。
 先生らしく、ヒデヨシのことは、しっかり護ってくれましたねー。
 ちょっと安心したよ。
 名前の通り、伊達家の子孫なのは本当だったらしく、その目的も何となく分かったです。
 で、ノブナガ頼みでアイテム集めて、その結果だけを横取りとか、かなりセコいって思ったり(^^;。

 イエヤスは、更にセコいのですけどね。
 だって、本当に何にもしてませんもん。
 ミツヒデの利用すらしていなくって。
 …しようとしても失敗しますけど(^^;。
 困ったものです。
 甲冑がイエヤスに渡ったら、一体何が起きるのかしら。
 それこそがパラドックス…?。

 怪しいモードに突入していたミツヒデは、ノブナガ自身の行動によって、心を入れ替えたみたいだよ。
 良かったね。
 まあ、元々の精神状態がアレだったので…。
 12回っていう、厳然とした事実は重いのですよ(笑)。
 ヒデヨシよりも優位っていうのが明らかなら、ミツヒデは心安らかで居られそう。
 ミツヒデは真面目っ子過ぎるからなー。

 ヒデヨシも、結構頑張りました。
 縄抜けから、炎の中への突入まで。
 上出来って思うのですよ(^^)。
 ストレートな言動とあの行動力は、こういうときには手っ取り早くていいですね。
 ノブナガも、酔っ払って寝ていたのに、良くもまあ起きられたものです(^^;。

« ■神のみぞ知るセカイII 第9話「2年B組 長瀬先生」 | トップページ | ■Steins;Gate 第10話「相生のホメオスタシス」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

戦国乙女~桃色パラドックス~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第10話「心中乙女」:

» 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第10話「心中乙女」 [SERA@らくblog]
敵は本能寺にあり…? 甲冑集めも終り安土に帰る途中、ノブナガ一行が泊まることになったのが本能寺。 さすがのヒデヨシも名前に聞き覚えがあり、歴史の教科書で本能寺の変を思い出す!  ▼ 戦国乙女〜桃...... [続きを読む]

» 「戦国乙女 ~桃色パラドックス~」第10話 [日々“是”精進! ver.A]
ノブナガ、死なず 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106070000/ 戦国乙女~桃色パラドックス~一 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.02 ポニーキャニオン (2011-07-06) 売り上げランキング: 625... [続きを読む]

» 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 10話 [アニメ徒然草]
教科書どおりになんて、なるわけない。 というわけで、 「戦国乙女〜桃色パラドックス〜」10話 戦国人工呼吸の巻。 うわーん!あけりんが救われてよかったよー!報われてよかったよー! 一キタエリ...... [続きを読む]

» 戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(6/06) [ぬる~くまったりと]
第10話 心中乙女 真紅の甲冑を集めて帰る道中、本能寺に泊まる 3人。本能寺?歴 [続きを読む]

« ■神のみぞ知るセカイII 第9話「2年B組 長瀬先生」 | トップページ | ■Steins;Gate 第10話「相生のホメオスタシス」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー