« ■夢喰いメリー 第10話「夢から覚めずに」 | トップページ | 旅行中止の慫慂 »

2011.03.11

地震、凄かったです

 今日はたまたまお休みで、外出先から家へと戻る途中で。
 千葉県の船橋市でも、今までに体験したことの無い揺れだったです。
 怪我等は全くしていないのですが…。

 京成の線路沿いを歩いていたら、物凄い音と共に、臼井行きの普通列車が非常停止。
 架線が有り得ない位に揺れていて。
 とっさに、踏み切り事故って判断し、先頭車へと走って行こうとしたのですが…。
 架線どころか、架線柱まで揺れていて、やたらと大きく聞こえる音は、武蔵野線のガードがこすれている音みたい。
 ここでようやく、大きな地震って気が付いたです。

 随分と長く揺れていましたよね。
 お隣りを歩いていた、小学校低学年位のコから、震度はどれ位?、って聞かれたけれど、分かりません。
 てゆーか、どうしてキミはそんなに冷静なの…。
 凄いなあ。

 あちこちでサイレンが鳴り響く中、急いで家へと戻り、エレベーターは当然止まっているので、階段でお部屋まで。
 ラックの位置がずれたりしていましたが、CDが床に散乱しているようなことは無く。
 ほっ。
 背の高い家具は、引越しのとき、みんな捨ててしまってましたから。
 ただ、テレビが転倒していて、そのときオーディオアンプの角に当たったらしく、液晶が再起不能になってしまいました。
 被害がこれだけだったのは、むしろ幸いですよね。
 都市ガスの安全装置が作動していたので、それを解除して、と。

 窓から外を覗いてみると、臨海部に、少なくとも2箇所で火災らしきものが見えます。
 お隣りの人達と、凄い揺れでしたね、なんて話をしていたら、またまた地震。
 結構大きかったよ。
 その後も余震が続いて、ゆらゆらゆらゆら、船酔い以上の気持ち悪さが有りました。

 その後、暗くなってから、駅前へと出てみると、電車は駅間に停まったままで。
 踏み切りも鳴ったままなのです。
 バーは手動で開放して有りましたけど…。
 道路は大渋滞、コンビニの棚も、売り切れが目立っていたです。

 休みだったおかげで、帰宅難民にはならずに済みました。
 明日はお仕事だけれど、電車は動くのかなあ。
 私の勤務先って、一応はインフラの一端を担っているので、間違っても休みになったりとかはしません。
 だって、災害時優先電話が設置して有る位ですから。
 いつも以上に忙しい筈なのですよ。

 転勤さえしていなければ、あらかじめ休暇を取って、九州新幹線の一番列車に駆けつけていたって思いますけど、このタイミングで旅行なんてしてられませんから、むしろ正解だったみたいです。
 それにしても、被害の全容が明らかになるのが、凄く怖いのですけど…。
 宮城では、一体何が起きているのか…。

« ■夢喰いメリー 第10話「夢から覚めずに」 | トップページ | 旅行中止の慫慂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

レンジでチンさん☆

 津波に備えるには、全船舶、すぐに沖に出なくちゃなりませんものね。
 東京湾フェリーも、小さな船でしたが安全圏まで逃げられたようで何よりでした。

 東北地方のご親戚は、本当に心配ですね。
 連絡手段が無いっていうのは、辛いところで。
 私の知り合いは、取り敢えず、皆さんと連絡が取れました。

こうじさん☆

 太平洋側は、港の被害が甚大なのでしょうね。
 はっきりとした情報は無いのですが、補修は絶対に必要になるのでしょうし。
 フェリー自体に被害が無かったのは幸いでしたが、出航済みの本船、何処かに接岸出来たのでしょうか…。

 「ナッチャンWorld」は、いつでも動ける状態でスタンバイしていたのですね。
 その能力を活かせるのは、不幸中の幸いです。

はつゆきさん☆

 私は外に居たので、地震の恐怖はそれ程でも無かったかもしれません。
 室内に居たら、本当に怖かったでしょうね。
 ご無事で何よりでした。
 この状況では、サイトの更新をする気には、なかなかなれませんね…。

ナッチャンが復活します。自衛隊の要請らしいです

「ゼロから」のはつゆきです。
会議なかでしたが、机が揺れで浮き上がり死ぬかと思いました。

仙台港(フェリーターミナル)は津波に飲まれたらしいです。
苫小牧も被害が大きいらしいです。
太平洋は14日までの便はすべて欠航が決まりました。

物資輸送は新日本海に大きな期待ががかかります。
新潟、秋田はなんとか着けるようです。

大洗はかなり被害が甚大
太平洋航路はしばらくだめだ。。。

いしかり は、慌てて東京湾を出て相模湾の熱海沖で錨泊中。
公休日だった かめりあ は、これまた慌てて沖だし、オーシャンノースと仲良く羽田沖で錨泊中。
さるびあ は、大島沖で錨泊中。
東京湾フェリーの2艘は、「おまえら! 何処まで行く気だ?」と言いたくなるくらいの威勢で東京湾を南下していきましたが、気を取り直したのか? 今は2艘並んで久里浜沖で錨泊中

なんて言ってる場合じゃないのですよ。
宮城県の塩釜・女川・石巻には多くの親戚が居るのですが、全く連絡とれず。
皆、年寄りだから心配だ。

我が家のあたりの地盤が緩いのか?
何だかです、今でもズッーと揺れ続けているのです。

こうじさん☆

 外洋を航行するフェリーは、ほぼ全て影響を受けているみたいですね。
 「いしかり」も、折角東京に来ていたのに…。
 仙台のターミナルは、一体どうなってしまったのでしょうか。
 苫小牧や大洗だって、無傷では済まないですよね…。


来島ゆうさん☆

 今も、時折余震が来ていて、窓からは市原のコンビナートに火柱が上がっているのが、はっきりと見えます。
 怖いです。
 テレビの映像も、衝撃的なものばかりで。
 一夜明けたら、一体どうなっているのか…。

一報を聞いた後、次第に情報が入ってきて関東では千葉が一番酷いなる話が来たのでもしやと思いましたが・・・まずはお体がご無事で、かつ物的被害も少なかったようでホッと致しました。

東北のほうは・・・神戸の時もそうでしたが日が経つにつれ、色々明らかになっていくのでしょうが・・・
被災された皆様には心よりのお見舞いと、亡くなられた方のご冥福を・・・今はそれしか言葉がありません。

とんでもないことが起きましたね。
無事で何よりです。

昨日北九州を出港したオーシャン東九フェリーは徳島にも入れず東京にも帰れずです。こちらも心配ですね。

新日本海は苫小牧が壊滅のようですべて小樽に行き先が変更になってます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震、凄かったです:

» なんとか生きています [ゼロから]
当blogにお越しの皆さま。激しい揺れで、机が浮き上がり一時は、死ぬかと思いましたがなんとか生きております。 [続きを読む]

« ■夢喰いメリー 第10話「夢から覚めずに」 | トップページ | 旅行中止の慫慂 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー