« ■Rio RainbowGate! 第6話「ロールルーラー」 | トップページ | ■IS <インフィニット・ストラトス> 第6話「ルームメイトはブロンド貴公子」 »

2011.02.10

日高幌別→京成船橋

 こちらから、続いてまあす。
Img_1810
 富浦駅にてっ。
 雪の中、線路脇で呑気に写真を撮っていた私が、この後どんなメに遭ったかは、推して知るべし、なのです。
 はい、頭から雪と氷を被って、倒れそうになりました(^^;。
 「列車から飛散する氷塊に注意」って、待合室に掲示が出ていたのにね。

01/06
 この日は、浦川町の優駿ビレッジAERUに泊まっていたよ。
 ここって、夏にレンタカーで回っていたとき、門の前まで来て、日帰り入浴をしようとしたところだったりもします。
 そのときは、あまりにもあんまりな大雨で、車から降りるのが嫌になって、そのまま回れ右してしまったのでした…。
 やっと来れたあ。
 ここの大浴場って、06:00から22:00まで受付していて、お値段500円で入れちゃいますから、旅の途中には便利そう。

 今日はお泊りなので、広々としたツインルームでのんびり。
 無線LANも、電波は弱いけれど、ちゃあんと繋がったから嬉しいな。
 色々と調べ物が出来ちゃいます。
 他にも宿泊者さんは居らっしゃるみたいですが、館内では殆ど誰にも会いませんでした。

 お風呂にゆったり入って、レストランへ晩ご飯を食べに行きましょう。
 2,000円分のミールクーポンが付いているので、メニューから好きなものを選べちゃう。
 ここのレストラン、お値段が良心的なので、2,000円分も飲み食いするのは、かなり大変だったり。
 貧乏性の私は、頑張って使い切りましたけどねー。
 ちょっと食べ過ぎ。
 お腹が苦しいよお(^^;。

 後はもお、部屋でゆっくりして、夜中にまた、お風呂に入ったり。
 窓から覗くと、乗馬コースに雪がしんしんと降り続いています。
 雰囲気たっぷりなの。
 あ、そだ。
 ここって、有名な競走馬達が余生を送っているそうで、その名前を知った競馬好きの友人2人が興奮していましたけど…。
 私には、何のことやら、ちんぷんかんぷんなのです。
 サニーブライアンとダイユウサクとニッポーテイオーとヒシマサルとウイニングチケットとエルウェーウィンとケイティタイガー、そういった馬が暮らしているそうですよ。

 本当は、翌朝にでも、ゆっくりと施設を見て歩けたらいいのですけど。
 08:00に駅まで送って貰うようお願いしたので、それまでにお風呂へ入って、朝ご飯を食べなくっちゃ。
 なんせ、08:26の電車を外すと、次は4時間後なんですもの。
 名残惜しいね。
 駅までの道すがら、また数センチ積もった新雪を踏みしめ、馬達がえっほえっほ歩いていて。
 朝ご飯の草を、ぱくぱく食べていましたあ。

 日高幌別の駅では、15分程の待ち合わせ。
 昨晩、待合室かと思った建物は、公衆トイレでした(^^;。
 近くには同名のJRバスのバス停が有って、そちらには待合室が有るです。
Img_1802
 程無く、向別行きのバスが来て、おじさんが1人乗りました。
 向別って、何処なんだろ(^^;。
 駅の建物って、実は西幌別簡易郵便局と一体になっていて、とゆーか、郵便局がメインで、駅はそこに間借りしている感じみたい。
 この時間は勿論、郵便局は開いていません。
 じっとしていると寒いし、あちこちうろうろしていた私は、ものの見事にすっ転んだりとかして…。
 はわわ。
Img_1801
 時間になると、全く音を立てずに、キハ40が到着したよ。
 雪が音をみんな吸い取って、滑るみたいな、本当に静かな到着なのです。
 この駅のお客さんなんて、きっと誰も居ないんだろうな。
 なんて思っていたら、私の他にも1人が乗って、1人が降りて。
 ちょっとびっくりなのです。

 来るときは山側に座ったので、今度は海側に座って、景色を眺めましょう。
 車窓からも、馬が沢山見えました。
 それ以外、あまり代わり映えしない景色が続いて…(^^;。
 浜厚真では、車窓から「フェリーあざれあ」が見えたです。
Img_1813
 さあて、苫小牧ですよお。
 整理券を渡して、青春18きっぷに日付を入れて貰って。
 駅前のイトーヨーカドーは撤退してしまって、長崎屋の1階に有ったびっくりドンキーも既に無く、空きスペースになっていたりしました。
 長崎屋自体、MEGAドン・キホーテに変わってしまいましたし。
 寂しいの。

 この後は、特に予定とかは無いのですよねー。
 なので、711系に乗ったり、ご飯を食べたり。
 苫小牧の駅弁、サーモン寿司を買ったりしたよ。
 苫小牧はいいお天気なのに、室蘭は雪が降りしきっていたりして、天候の変化が面白かったです。
 暮れなずむ鵡川では、風が強くなって、もお強烈に寒かったなあ。
 手と耳が千切れそうな感覚。
 この頃、札幌を始め道内各地では、交通機関への影響が出始めていたみたいで…。
 結果的に、私はぎりぎりで回避に成功したのでした。

 あ、そだ。
 鵡川町の道の駅、むかわ四季の館では、ノーベル化学賞を受賞した鈴木章さんへの、特別名誉町民の称号贈呈式が行なわれていましたです。
 パーティ開催の為、レストランが臨時休業していたり(^^;。

 それじゃあ、そろそろ北海道ともお別れ。
 帰りまあす。
 新千歳空港20:40発の、JL542便にて。
 本当は、もっと早く帰りたかったのですけど。
 早い時間は、みんな満席だったんですもの。
 この便も、かつかつの満席だったにゃあ。

 京急経由で京成の通勤特急成田行きを捕まえると、もう最終1本前なのですよ。
 結構時間がかかったね。
 京成船橋のホームで、待っていてくれたお友達に青春18きっぷの残りを譲り渡して、私は帰宅したのでした。
 おしまい(^^)。

« ■Rio RainbowGate! 第6話「ロールルーラー」 | トップページ | ■IS <インフィニット・ストラトス> 第6話「ルームメイトはブロンド貴公子」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こうじさん☆

 実は、ちゃあんと出来ていたりします。
 急いで公開しなくってもいいかなって、そのまま放置されていたり…(^^;。

ところでライラックはまだですか?snail

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/50831862

この記事へのトラックバック一覧です: 日高幌別→京成船橋:

« ■Rio RainbowGate! 第6話「ロールルーラー」 | トップページ | ■IS <インフィニット・ストラトス> 第6話「ルームメイトはブロンド貴公子」 »

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ