2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■おとめ妖怪 ざくろ 第13話「おわり、燦々と」 | トップページ | ■Rio RainbowGate! 第1話「ゴッデス オブ ヴィクトリー」 »

2011.01.05

四国フェリー「第八十二玉高丸」高松-宇野、乗船記

 こちらから続いてまあす。

12/01
 高松の駅から、フェリーターミナルへ向かうのですが、何処に有るのかがさっぱり分かりません(^^;。
 目の前のターミナルには、小豆島航路って書いてありますし。
 困ったねえ。
 仕方無いので、携帯で検索して、その所在を突き止めたのでした。
 いい加減なのです。
 そういうことは、事前にねー。

 宇野への航路は、四国フェリーと宇高国道フェリー、2社が有るそうなのですが、次の出航は四国フェリーの方が早くって、乗り場も手前だったので、四国フェリーに決定です。
 券売機で390円の乗船券を購入して、岸壁に座ってぼーっと待機。
 宇高国道フェリーには、マンガ喫茶フェリー「たかまつ丸」なんて凄いコが居るのですけど、つい先刻に出航してしまったので、今回は乗ることが出来ませんでした。
 まあ、短時間の乗船ですもの、わざわざマンガなんて読まなくってもいいよね。
 …お前がゆーな!(^^;。

 程無く、これから乗船する「第八十二玉高丸」が見えて来たよ。
 船首にクルーがすっくと立って、岸壁を支点にしつつ、船尾からくるっと回転。
 何か、すっごいのを見たです。
 器用だなあ。
Img_1655
 宇野からの「第八十二玉高丸」は、乗用車とトラックを満載で、本当にキツキツに積んでいました。
 先頭に立っていた徒歩下船の人達数人が降りると、すぐに車輌の下船が始まって。
 入れ替わりに、私達数人が乗り込んだのでした。
Img_1658
 急な階段を登って、まずは船室へ行ってみたのですが、ちょっと暖房が効き過ぎみたい。
 これはたまらん(^^;。
 デッキに逃げ出して、そこのイスに座ることにしましたよお。
 勿論、そんなことをしているのは私だけ。
 船尾のヘンな所に、讃岐の湯が有りますねん。
 「どなたでもご自由にご入浴下さい」って書かれていて。
 見ていたら、ドライバーさんが使ったりしていたよ。
Img_1662
 14:15に出航となって、「第八十二玉高丸」は静かに進んで行きます。
 前後左右、船と島でいっぱいだあ。
 何処までが四国で、どれが島なのか、もう全然分かりません。
 これは退屈しませんねー。
 右へ行ったり、左へ行ったり、忙しく歩き回ってしまいました。

 そんな感じに、30分経過。
 …飽きた(^^;。
 結局、客室へと入ってしまう、やる気の無い私なのです。
 最前部に座って、前展望の景色をぼーっと眺めつつ。
 宇野の到着前には、結構狭い、水路みたいな所を進んだりしていたね。
 島々を辿るフェリーにも、かなり興味は有るのですけど、実際に行こうとすると、なかなかチャンスが有りません。

 船内の売店は、お弁当が充実していたです。
 うどんは無いみたいですが、ホットコーヒーなんかは有りますよ。
Img_1660
 程無く、入港っ。
 カーデッキは、やっぱり車でいっぱい。
 高松側よりも綺麗なターミナルの建物を見つつ、下船したのでした。
Img_1666
 宇野の駅まで歩いて、とうとう私は乗る機会の無かった、宇高連絡船に思いを馳せたりしてみます。
 宇野駅に近いのも、こちらのフェリーでした。
 四国フェリーにしておいて、本当に良かったあ。
 電車の待ち合わせ時間は結構有ったから、別にいーのですけど。
 駅前では、岡山駅行きの両備バスが、丁度発車して行くところ。
 タイミング的に、あれには間に合いませんね。

 宇野線に乗るのは、これで2回目です。
 茶屋町までは、別払いの切符を買って、と。
 ワンマン改造された、213系のトップナンバーで辿って行くよ。
 各駅の有効長の長さが、四国連絡を担っていた歴史を感じさせるね。

 茶屋町では、一旦下車して、駅前をお散歩してみたり。
 ご飯を食べたかったけれど、なあんにも無くって。
 なら、岡山まで行ってしまった方がいいみたい。
 マリンライナーを待つより、先走りの普通列車に乗っちゃおう。

 岡山では、新しく出来た西口のバス乗り場の様子を見に行きます。
 うわあ、随分と変わったのですねー。
 色々な会社の、色々な行き先のバスがひっきりなしに発着していました。
 そう言えば、在来線の自動改札を通ったら、しっかり下車印が印字されてて、びっくりしたよ。

 さあて、家に帰りましょう。
 岡山から、幹線で一気に東京まで。
 事前に用意しておいたのは自由席特急券だけれど、岡山始発の「ひかり」なら確実に座れます。
 でもでも、どうせなら「のぞみ」がいいな。
 いつも、ぷらっとこだまばかり利用しているから、たまには最速列車に乗りたいもん。
 混んでいたら指定席に変更しようと思いつつ、到着した「のぞみ」を覗いてみたら、がらがら。
 終点の東京まで、2人掛け席のお隣りには、どなたも乗って来られなくって。
 N700系に乗るのも、何気にこれが初めてでした。

 私の旅は、ここで一旦、中断だね。
 乗車券の経路の通り、翌週には東北新幹線を乗りに行ったのでした。

« ■おとめ妖怪 ざくろ 第13話「おわり、燦々と」 | トップページ | ■Rio RainbowGate! 第1話「ゴッデス オブ ヴィクトリー」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/50502751

この記事へのトラックバック一覧です: 四国フェリー「第八十二玉高丸」高松-宇野、乗船記:

« ■おとめ妖怪 ざくろ 第13話「おわり、燦々と」 | トップページ | ■Rio RainbowGate! 第1話「ゴッデス オブ ヴィクトリー」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ