2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ■えむえむっ! 第8話「BでLな変愛模様」 | トップページ | ■侵略!イカ娘 第8話「病気じゃなイカ?/新能力じゃなイカ?/ささなイカ?」 »

2010.11.23

■おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」

 総角に置いていかれてしまった母桃は、ちょっとご機嫌ナナメなのです。
 総角も、母桃を驚かせようとして、1人で笹まきを買いに行ったのでしょうけど、それで母桃を怒らせてしまったら、本末転倒ってゆーか。
 ちょっと言葉が足りないのかも。
 逆に、花桐は、思ったことをストレートに言い過ぎだったりとかして(笑)。

 今回、いつもとは男女の組み合わせが変わっていて、新鮮でした。
 花桐は、母桃に容赦の無いツッコミを入れて、睨まれていましたよお。
 芳野葛は相変わらず無口だけれど、雪洞と鬼灯がふざけていても、全く動じません。
 それどころか、雪洞と鬼灯を喜ばせることを言ったりとかして。
 侮れないのですよー。

 総角と薄蛍は、ちょっと大人っぽい雰囲気なのでした。
 まあ、それが普通なのかもしれません。
 母桃が一緒だと、途端にがちゃがちゃした雰囲気になりますから(笑)。
 妖人が出なければ、総角だってイケメンなんですもの。

 でもでも、2人、いきなりピンチなのです。
 薄蛍って、実はかなりの強情さんだったことが分かったですよ。
 意外です。
 あれだけ言われても、扉の前から、絶対に動こうとしませんでした。
 「嫌です!」って。
 それだけ、母桃のことが大好きってことでもあるのですよね。
 勿論、総角も。
 あの状況で、真っ先に2人が考えたのは、母桃の気持ち、なんですもの。

 百緑と橙橙は、わざわざ攫った証拠を残してくれて、閉じ込められた場所まで教えてくれたり、随分と良心的だったみたい。
 恨みが有るのは母桃だけなので、総角と薄蛍は別にどうでも良かったのでしょうか。
 この2人、かなり母桃の弱点になりうるのですが、さすがにそこまでは気が付かなかったのかしら。

 帰って来ると、花桐と雪洞と鬼灯は、廊下に立たされていました。
 バケツを3つも持たされて。
 あ、その姿、妙に似合ってる…。
 別に反省はしていないみたいですし(笑)。

 今回は、それぞれのコンビ毎に、お互いの心が通じ合っている様子が描かれて、ほのぼのとした気持ちになりました。
 母桃は素直じゃ無いけれど、そこがまた可愛いのですよ♪。

« ■えむえむっ! 第8話「BでLな変愛模様」 | トップページ | ■侵略!イカ娘 第8話「病気じゃなイカ?/新能力じゃなイカ?/ささなイカ?」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

おとめ妖怪 ざくろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」:

» おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」 [SERA@らくblog]
折屋に刀を返しに行った薄蛍。 用事で出ていた景も途中で会っていっしょしますが…。 現れた百緑と橙橙によって連れ去られてしまう。  ▼ おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」  百緑@戸松遥さ...... [続きを読む]

» 「おとめ妖怪ざくろ」第8話 [日々“是”精進!]
  第八話「あめ、徒々と」骨董店折屋に預かっていた刀を返しに行く薄蛍と偶然街で出くわした総角。自分の用も済んだので、薄蛍に付き添い折屋まで行くことに。ところが、店の前で... [続きを読む]

» おとめ妖怪 ざくろ 第八話:あめ、徒々と [つれづれ]
利剱が格好良すぎですね。 [続きを読む]

» ◎おとめ妖怪ざくろ第八話「あめ、徒々と」 [ぺろぺろキャンディー]
ガンリュウさまがザクロの踏み台にされる。そして、ガンリュウさまが崩れる。リケンに頼めばいいのに言うが忙しい。アゲマキさんは外に行ってしまった。アゲマキは、ホタルさんと町... [続きを読む]

« ■えむえむっ! 第8話「BでLな変愛模様」 | トップページ | ■侵略!イカ娘 第8話「病気じゃなイカ?/新能力じゃなイカ?/ささなイカ?」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー