« ■そらのおとしものf 第5話「天界から来た超兄弟(トモダチ)」 | トップページ | ■百花繚乱 サムライガールズ 第5話「愛の戦士、登場」 »

2010.11.01

■えむえむっ! 第5話「天才少女の暴走パニック!」

 人類幼児化装置は、ちょっと作って欲しいかも…。
 どんな世界になるのか、見てみたいもん。
 ところで、日村は一体どうなってしまったのでしょう。
 太郎に全てを委ねた結果、ノアを取られてしまったみたいなんですけど。

 変態さんは、確かに底知れないパワーを秘めている気がするし、それをエネルギーに使うのは、なかなか面白いかもしれません。
 でもそれは、あくまで平和的な利用にね。
 人類を全て変態にしてしまったら、元々の変態さん達の立場が無くなってしまいますもの。
 太郎としては、どSを隠さなくって済む世界になる筈だったけれど、そんな選択肢は全く無かったみたいなのです。
 嵐子と同じく、そのまんまでいいとは思ってませんものね。

 それに、変態さんは隠れていてこそ華。
 太郎にパワーを送ってくれていた皆さんも、同じ意見だったのでしょう。
 変態さんは、一箇所に集まっては駄目とも思いますし。
 そういった意味では、第二ボランティア部って、ちょっとした異空間なのですよ。

 今回の嵐子は、かなり普通に太郎と接していたから、男が怖いって雰囲気は、殆ど感じなかったです。
 結構、近くまで近付けるようになった感じ。
 それって、心の距離が近付いたってことですよね♪。
 授業中も、太郎のこと気にしてましたし。
 まあ、あれだけ挙動不審だと、気になるのは確かなのです。
 封筒に入ったお手紙を、「その紙」なんて言っちゃうのは、何気に察しが悪いってゆーか(^^;。

 美緒はお休みでした。
 実は太郎、部活するのが嫌なのかなあ。
 なんてことを一瞬思ったり。
 これで、堂々と発明部に行けちゃいますねん。

 ノアは律儀に、協力してくれるかどうか、太郎の意思確認をしていたっけ。
 そういう手続きはやっぱり必要みたい。
 でもでも、どうせ脱ぐなら、あんな中途半端じゃ無くって、もっと脱いじゃえばいいのに、なんて思ったのは内緒です(^^;。

 美緒はですね、馬鹿にされるのをすっごく嫌うので、1秒で太郎の所へ来ちゃいましたよお。
 はやっ。
 太郎も、あんなにつるぺたつるぺた言わなくっても…。
 一応、それが怒らせるポイントって分かっていたのでしょうけど。
 命知らずとゆーか。
 命と引き換えに、地球を護る覚悟の現れ…?(^^;。

 ラストでは、ノアがすっかり太郎にメロメロになっちゃいました。
 約束は勿論、その表情が全てを語っていたです(^^)。
 それを見た美緒と嵐子のリアクションから察するに、他の女が太郎にちょっかいを出すのは、許せないのですねえ。
 確かに、太郎の性癖を知った上で、仲良くしたいっていうノアは、何かと邪魔な存在になりそうだもの。
 邪魔って言うと、ミもフタも無いですけど(^^;。

 ライラックは、私にとって結構身近な花なのですが、その花言葉までは知りませんでした。
 初恋、かあ。
 覚えておかなくっちゃ(^^)。
 随分と雰囲気を出していた嵐子の姿が、とても印象に残ったです。

« ■そらのおとしものf 第5話「天界から来た超兄弟(トモダチ)」 | トップページ | ■百花繚乱 サムライガールズ 第5話「愛の戦士、登場」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

えむえむっ!」カテゴリの記事

コメント

yukkiさん☆

 変態っていうのはつまり、他の人達とは違う自分、みたいなもので、ずば抜けた科学力っていうのも、ある種の変態さんなのかもしれないですね。
 天才との違いは、それが誰かのお役に立つか立たないかっていうことで。
 太郎のドMも、決して悪いことばかりじゃあ無いみたい。
 ジャンルは違っても、変態さんが相手なら、同じレベルでお話をすることが出来たりもして。
 ちゃあんと、話は聞いて貰えますものね。
 そういった意味では、確かに才能かなって思ったり。
 ドMをエネルギーに変換出来たら、もっと色々使い道が…(笑)。

 ライラックの花言葉を、わざわざ太郎に教えてくれた嵐子、それって、自分自身の気持ちも重ね合わせていたりしたのでしょうか。
 あの切なそうな表情が…。
 男の子が怖い以上、その気持ちが本当でも、口に出したりは出来ないですものね。
 ついつい先に手が出てしまって、後から後悔しちゃうであろう嵐子のことを考えると、私も切なくなってしまうのでした。

 美緒がエスパーだったら、面白いですね。
 自分自身のことにはとっても苦手そうな美緒、色々と考え出すと、私も楽しくって仕方有りませんもん。
 この作品のそういう楽しみ方、いいなあって思います(^^)。

太郎がノアを懐柔していく過程は、
非常に鮮やかでしたね。
相手の悲しみを、まるで自分の身におきた事みたいに理解し、
そして深く思いやり、最善の答えを導きだしてましたね。
これはもう一種の才能で、
太郎が卑下した「Mという駄目な才能」が
色々と関連していると思うのです。
でも「才能」という言葉を使った所に、
太郎の心の揺れを感じたり、感じなかったり~(笑)

揺れてるといえば、ライラックの花言葉を告げた後の
嵐子の瞳が揺れてましたねぇ。
それとは裏腹に太郎への想いは揺れることなく、
固まっていきつつあるようです。
ただ嵐子が太郎を男の子として意識すればするほど、触れ合う事が出来ない。
なんて難儀な二人なんだろう!
とても応援したくなってしまいますなぁ。

あと、前回のコメント欄に書かせていただいた自分のえむえむっ!妄想ワールドでは、
美緒の鏡のようなノアの登場に推理を巡らせたり、自分勝手に納得してみたりで・・・
まぁ妄想が加速して、「美緒がエスパーなら、色々と腑に落ちる!」とかとか(^_^;)
自重せねばヤバイな思う今日この頃でありますです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■えむえむっ! 第5話「天才少女の暴走パニック!」:

» 「えむえむっ!」第5話 [日々“是”精進!]
   第5話「天才少女の暴走パニック!」黒衣を纏いし少女・美緒は禁忌とされる呪文を復唱する。とある術式で描かれた円陣の中央には贄となりし青年が横たわり、周囲を照らすのは... [続きを読む]

» えむえむっ! チバTV(11/01) [ぬる~くまったりと]
第5話 天才少女の暴走パニック 魔女の姿で魔方陣内で太郎に蝋燭攻め。美緒のコスプ [続きを読む]

» ◎えむえむっ!第5話「天才少女の暴走パニッ... [ぺろぺろキャンディー]
ミオは魔法でドエムを直そうとしてた。タロウにロウソクを立てるというドエスっぷり。そして、その数値を新キャラがスカウターで計ってた。ついにみつけたです。ノアの福音という。... [続きを読む]

« ■そらのおとしものf 第5話「天界から来た超兄弟(トモダチ)」 | トップページ | ■百花繚乱 サムライガールズ 第5話「愛の戦士、登場」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー