« 秋田→青森、私ならば大丈夫 | トップページ | ■夢色パティシエール 第38話「閉ざされた道」 »

2010.06.25

献血記録

 前回、混み混みな都庁献血ルームで予約を勧められたので、今回も引き続き、都庁献血ルームに来ましたです。
 折角予約をしていたのに、今日はがらがらだよ。
 というか、この時間、私一人だけだったりして…。
 まあ、えてしてそーいうものですよね(^^;。

 私はですね、採血の途中、またまた眠り込んでしまって、係の人に起こされたりしています。
 警告ブザーの音で、同時に私も目覚めたのですが…。
 もお、恥ずかしいなあ。
 握り物を落としそうになってましたもん。
 以前、本当に落としたことが有ったりもして。
 あれをにぎにぎするのって、結構、疲れますよね(^^;。

 その次と、またその次は、船橋の献血ルームフェイスに戻って来たよ。
 依頼の葉書が結構頻繁に来るので、なるべく協力しなくっちゃ、だね。
 葉書を良く読んでみたら、HLAタイピング済みの人は、特にそうした方がいいみたいですし。

 なんて思っていたら、年間の献血量いっぱいになって、次までは暫く間隔が開いちゃいました。
 そんな頻繁に献血した記憶は無いけれど…(^^;。

 そういえば、会社での健康診断のとき、採血が有ったので、病院の人に質問してみたです。
 いっつも同じ場所からの採血なのですが、他に使える血管とかって、有りませんか?。
 「有りますよお。こことか。こことか」。
 あれれ、あっさり。
 そしたら、そっちを使って欲しいかも。
 「いいですけど、痛いんじゃないかなあ」。
 そこは皮膚が弱くって、針を刺すと痛いのですって。
 そんなに痛いのかしら…。
 「もお、目茶目茶痛いです♪」。
 えとえと、そんなに明るく言われましても…。
 怖いのですう(^^;。
 つまり、結局は同じことなのでした。

 あ、日本赤十字社から、けんけつちゃんラッピング献血バストミカが届いたです。
 「けんけつちゃんオリジナルグッズプレゼントキャンペーン」に応募しておいたのですよねー。
 嬉しいな。
 確か、1,000人にプレゼントだったっけ。
 そしたら、日を改めて、またもう1台届いたです。
 応募した人、そんなに少なかったのかしら…。
 当選は嬉しいけれど、ちょっと寂しい気持ち、なのでした。

03/26
04/11
06/03

« 秋田→青森、私ならば大丈夫 | トップページ | ■夢色パティシエール 第38話「閉ざされた道」 »

献血」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/48721122

この記事へのトラックバック一覧です: 献血記録:

« 秋田→青森、私ならば大丈夫 | トップページ | ■夢色パティシエール 第38話「閉ざされた道」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー