« 苫小牧→函館、函館本線に大きくカンシャ! | トップページ | ■けいおん!! 第6話「梅雨!」 »

2010.05.11

■迷い猫オーバーラン! 第6話「迷い猫、困った」

 巧、可哀想に…(^^;。
 一人だけ、疲れ果てちゃってましたもん。
 どーして他のみんなは平気なの。
 何だか、色々なものを見てしまったし。
 半魚人さんやら、UFOさんやら、雪♂さんやら…。
 ついには、ご先祖様まで。
 でも、巧のリアクションは面白かったです。
 お笑い方面もいけちゃうなんて、結構意外。

 でもでも、文乃には全く構って貰え無くって、千世からも放置状態だったし、ハーレムアニメの中心人物とは、とても思え無い展開なのです。
 そういうときこそ、希の出番なのですが、希は完全に空気だったりとかして…。
 にゃあ(^^;。
 まあ、希はですね、巧に対して何か特別な気持ちが有るのか、特に表明はしていませんから…。
 仕方無いのかも。

 文乃はなあ。
 とりあえず、行動の中心に巧が居ること、そこがしっかり描かれていないと、単なる乱暴者にしか見えなくなっちゃうから…。
 音楽作りの邪魔になるからって、巧に「2回死ね!」なんて蹴りを入れちゃうのは、どうなのでしょう。
 それって、文乃らしさとは真逆な気がするのですけどねー。

 世界一高い山のてっぺんでは、巧が死にかけて、文乃から何かアクションが有るのかとも思ったけれど、逆に、巧の方が本音を話してくれちゃいました。
 あれれー?(^^;。
 ああいう極限状態じゃないと、素直になって仲直り出来無い、困った文乃と千世だったりもするので、これはこれで有りなのかもしれないですね。

 今回は、秀吉が抜群の存在感だったです。
 映像への拘りは、流石だったよ(…結果はともかく)。
 でも、コストと時間を全く考えていないから…。
 それを簡単に超越しちゃう、千世もどうかと思うのです。
 秀吉と千世の組み合わせって、最凶じゃないですかあ。
 誰か止めてよお(笑)。
 ドバイより1メートル高いビル、壊しちゃうのは余りにも勿体無かったもん。
 それに、ああいう余計なシーンが有ると、現実の広い世界で似た事件が起きたりして、放送出来無くなったりしかねないもん。
 あ、総武緩行線も、運行を止めちゃったのかあ(^^;。

 迷い猫同好会の活動としては、最初に千世が挙げていた、日本各地の名所巡りが私はいいです。
 それなら、私も迷い猫同好会に入っちゃいます!。
 お店のことを考えると、軍用ヘリで温泉1泊が巧達の精一杯かあ。
 日々の糧を稼がなくっちゃならないのって、大変そうだなあ。

 出来上がったプロモーション、もうちょっとマトモなのかと思ったのにい(^^;。
 ぱんつは要らないでしょお、ぱんつは。
 普通に(?)踊っていればいいのに。
 次が有るなら、ストレイキャッツのプロモーションを作っちゃいましょう。

 ってことで、期末テスト、巧は半分が赤点。
 保健室送りになったりもしたけれど、誰も心配してくれない、気の毒な巧なのでした。
 文乃って、冷たい女なんだなあ(^^;。
 その辺りは、乙女がみんな優しくフォローなのです。

« 苫小牧→函館、函館本線に大きくカンシャ! | トップページ | ■けいおん!! 第6話「梅雨!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

迷い猫オーバーラン!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■迷い猫オーバーラン! 第6話「迷い猫、困った」:

» 迷い猫オーバーラン! 第6話「迷い猫、困った」 [妄想詩人の手記]
ひどすぎるwww あははは! [続きを読む]

» 「迷い猫オーバーラン!」第6話 [日々“是”精進!]
   第6話「迷い猫、困った」ワールドワイド。千世、迷い猫同好会の活動内容を発表実行するのは無理だと文乃。店があるために。活動内容を募集するも、箱には1枚しか入っていな... [続きを読む]

» 迷い猫オーバーラン! 第6話「迷い猫、困った」 [のらりんクロッキー]
にゃあ成分が少なかった…_| ̄|○ 内容的には無茶苦茶の極みだったけど 日々壊れていく巧と、行った世界の先々に必ず乙女姉さんがいたのには笑った。 それにしても梅ノ森は某エデンアニメ並みの資金力と実行力だな(^_^;) あれだけ苦労したのに出来上がったPVは ふとも... [続きを読む]

» 迷い猫オーバーラン! 第6話「迷い猫、困っ... [インドアさんいらっしゃ~い♪]
まあ相変わらずいろいろ悪い意味でツッコミどころが多く正直感想をまともに書く気力が出なかったりします┐(´д`)┌宣伝のため、迷い猫同好会のプロモーションビデオを撮る事になっ... [続きを読む]

» 迷い猫オーバーラン! 第6話「迷い猫、困った」 [破滅の闇日記]
迷い猫オーバーラン! ドラマCD 迷い猫同好会 南海の大決闘~神秘の樹海に巨大生物の影を見たり見なかったり~(2010/03/25)イメージ・アルバム伊藤かな... [続きを読む]

» (アニメ感想) 迷い猫オーバーラン! 第6話 「迷い猫、困った」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
迷い猫オーバーラン!第1巻 〈初回限定版〉 〈Blu-ray〉クチコミを見る 紆余曲折はあったが、いよいよ活動を開始した「迷い猫同好会」。 その初代会長を自認する千世は、同好会の名を広く世界に知らしめるため、プロモーションビデオの制作を決定する。キーワードは「ワール....... [続きを読む]

» 「迷い猫オーバーラン!」 第6話『迷い猫、困った』 [おきらく委員会 埼玉支部]
 第6話「迷い猫、困った」  迷い猫同好会の活動内容として、日本だけじゃなく、世界各国の旅行を計画する千世 だけど、その前に... [続きを読む]

» 迷い猫オーバーラン! 第6話 「迷い猫、困った」 [黄昏温泉旅館]
本当に困っているのは、視聴者の方だったという話。 前回、千世と他のメンバーが新しい絆を結び、新たなスタートを踏み出した「迷い猫同... [続きを読む]

» 迷い猫オーバーラン! 第6話「迷い猫、困った」 [明善的な見方]
「迷い猫 オーバーラン!」OP&EDテーマ 視聴者はぶっちぎりで置き去りにするこのアニメ。 今回も最先端な製作を感じさせる展開でした。 [続きを読む]

» 迷い猫オーバーラン! 第6話「迷い猫、困った」 [ボヘミアンな京都住まい]
発足したばかりの迷い猫同好会で何やるかという話になって、まず同好会の宣伝にPV作って動画サイトにアップしよう・・・という流れが今回の話だったんですが・・・ 出来上がったPVに関してはこの男が監督になってるという時点で推して知ることができますが(苦笑・・・あんだけ露骨にチラチラ見せられてもゲンナリするだけ)、その製作途中のプロセスがすでにブッ飛びすぎてて正直ついていけませんでした。張り切ってB-2爆撃機出して海外にあちこち行かせた超展開のわりに作画もよくなかった印象ですね。やっぱり各話監督制がアダにな... [続きを読む]

» ◎迷い猫オーバーラン!第6話「迷い猫、困っ... [ぺろぺろキャンディー]
チセさまは、活動内容を話し始める。旅行や、観光などをするつもりだった。しかし、店を長い間開けられないので無理という。そして、活動内容を全校生徒から募集することに。一通し... [続きを読む]

« 苫小牧→函館、函館本線に大きくカンシャ! | トップページ | ■けいおん!! 第6話「梅雨!」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー