« ■生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第7話「踏み出す生徒会」 | トップページ | ■キディ・ガーランド 第5話「GOTTの亡霊」 »

2009.11.14

■とある科学の超電磁砲 第7話「能力とちから」

 当麻、格好良すぎでしょー(^^)。
 護るべきときに、しっかり全員を護ったんですもん、あれは誇っていいと思う。
 それでも、そんなことは全然気にしていない当麻なのです。
 ってゆーか、後日の当麻、鼻歌歌いながら歩いてたりして、どうしてあんなに機嫌が良かったのでしょう。
 何かいいこと有った?。

 美琴には、格好付け過ぎって言われちゃったけれど、当麻はあれが素ですものね。
 これからも、美琴がピンチになったら、絶対助けに来てくれると思うのです。
 偶然通りかかった当麻が。
 別に頼んでもいないのに。
 それで、さっさと何処かへ行ってしまうのだ(笑)。
 だから、美琴の怒りは、次回予告になっても続いてたっけ。

 さすがのジャッジメントにも限界は有って、今回は自力では真犯人に辿り着けず、仲間の被害者を9人も出してしまったとか。
 駆け付けるのが遅いとも言われてたっけ。
 確かにそれはそうなのです。
 だって、知り合いでも無い幼女を連れ回していた当麻のこと、身柄の確保もしないんじゃ…。
 手まで繋いでましたよお?。
 って、そっちかい(^^;。

 あ、黒子も飾利も、一生懸命、頑張ってはいましたよね。
 黒子なんて、今までに無い真剣さだったもの。
 事件が解決したら美琴からご褒美が貰えるとか、そういう不純な動機では無く、真剣にジャッジメントの任務を全うしていたよ。
 そして、同居の美琴からは、しっかりパワーを貰っていたみたいだったり(^^)。
 お部屋での会話は、良かったなあ。

 涙子は、本当に何も出来ないから、寂しいね。
 避難の誘導も、お手伝いはさせて貰えませんでした。
 かえって足手まといになること、本人にも分かっていたみたい。
 勿論、涙子には涙子なりの役割が有る筈なので…。
 能力とか、そういうのとは関係無くっても、きっとまた何かやってくれますよね(^^)。

 で、結局美琴は、子供っぽくて可愛いパジャマ、買えたのかしら。
 あのきらきら笑顔を見てしまうと、もう何も言えませんよお(笑)。
 二人にあれだけ馬鹿にされても、購入意欲は決して無くさなかった美琴なのです。
 それは偉いって思うよ。
 無用なトラブルを避ける為に、買うのはこそこそと…(笑)。
 当麻には、やたらと弱みを見られてしまう美琴、今回も無防備だったり。
 ちなみに当麻の方は、自分の存在を飾利や涙子には気付かれないっていう。
 黒子には、どのタイミングでバレるのでしょうねー。

 何だかんだで、一発殴っただけで犯人に真意を伝えた美琴、努力するのって、本当に大変なんだろうなあ。
 それが、必ずしもいい結果だけを生むとは限りませんしね。

« ■生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第7話「踏み出す生徒会」 | トップページ | ■キディ・ガーランド 第5話「GOTTの亡霊」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

とある科学の超電磁砲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■とある科学の超電磁砲 第7話「能力とちから」:

» アニメ とある科学の超電磁砲 第7話 「能力とちから」 感想 [99UPキノコ]
力を持つ者への様々な劣等感。 そしてその感情が爆発する時・・・・・! ネタバレありです。 [続きを読む]

» (アニメ感想) とある科学の超電磁砲 第7話 「能力とちから」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
とある科学の超電磁砲 第1巻 lt;初回限定版gt; [Blu-ray]クチコミを見る 連続爆弾テロ「虚空爆破(グラビトン)事件」の被害が拡大する第七学区。場所にも時間にも一貫性がなく、手掛かりすら残されていない犯行に、風紀委員(ジャッジメント)も警備員(アンチス...... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第07話 [まぐ風呂]
[関連リンク]http://www.project-railgun.net/#7 能力とちから犠牲者が出てしまったグラビトン事件さて物語はどのような展開を迎えるのでしょうかねジャッジメントは解決しない事件にどうやら... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲第7話能力とちから [翔太FACTORY+Face.Chat.Union]
「連続虚空爆破事件・グラビトンの被害規模が拡大し爆破の魔の手は女性生徒を庇ったジャッチメントに」「そして、その事件を起こしていたのは虐めにられいつも助けに来るのが遅いジャッチメントに恨みを持つ学生だった」「とある科学の超電磁砲第7話能力とちから」「連続...... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 7話「能力とちから」 [新しい世界へ・・・]
その後も起こり続けるグラビトン事件。手がかりがつかめず進展のないまま・・・ only my railgun TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマ(2009/11/0... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 #7 [アニメやマンガの鑑賞日記]
Amazon.co.jp ウィジェット 今週のみどころーー! (ネタばれですよー) 輝く第1位は! みさかレールガンをぶっぱなす!! 爆弾魔に向かってレールガンをぶっ放す姿というか、 毎回レールガンをぶっ放すところは かこいい!(´∀`) 続いて第2位は! み..... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話「能力とちから」 [のらりんクロッキー]
今回もわかりやすく、しかも飽きさせない構成。 登場人物の絡め方が実にうまいですね。 さらに次回の話への布石もしっかり打ってあり、 まさに抜かりなし。 グラビトン事件解決編。 黒子は夜も遅くまでがんばってますね。 …美琴のお誘いが「2人きり」でのお出かけだったら... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話「能力とちから」 [日記・・・かも]
「例えレベル1だったとしても、お姉様は貴方の前に立ち塞がったでしょう」 当麻と美琴の活躍により、虚空爆破事件が解決する話。 原作で... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 #7 『能力とちから』(感想) [アニメ-スキ日記]
美琴のツンデレぶりに蕩れー♪ 美琴の小学生並みのかわいいもの好きは・・・・・いい [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 #07 能力とちから [二次元美少女って素敵ですよね。]
これは…深琴も惚れるわ。 と言う訳で三週間ぶりの上條さん登場もなんだかものすごくかっこいい。とある科学の超電磁砲第7話。 [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話「能力とちから」 [アニ虎部屋S.S.]
=== 今回は上条さんの登場・活躍回でしたね♪ === ということで前回のレビュでほのめかしていた通り、レビューを書いていこうと思います。 とはいえ、昨日「穿いてない」について語ったばかりでスタミナ切れてるのでちょっと短めで^^; 特にCパートに焦点を当てて自分が勝手に思ったことを書いていく形式でいこうと思っています。 や、にゃんこい!、黒の契約者2期など意外とCパートは見所なのではと思う自分なのですw そしてレールガンも今話はCパートの当麻と美琴のやりとりがなかなか印..... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話 「能力とちから」 感想 [マナヅルさん家]
上条さん、フラグの乱立っぷりさすがっす。 [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲第7話『能力者とちから』 [アニメ好きのケロポ]
今回は、黒子の暴走成分が少なめですの♪ [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話 「能力とちから」 [*桜日和のお茶会*]
今週のレールガンは久しぶりに上条さんが登場しました。 やっぱり上条さんが出ると 自然にテンションが上がりますね! まさに上条さま... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 07話『能力とちから』 [本隆侍照久の館]
連続虚空爆破事件には場所や時間の関連性が見られず、手掛かりが掴めていない状況。 風紀委員の黒子も仕事でお疲れ。だが、美琴からの優しい言葉を受けれれば疲れなど忘れてしまうだろうw... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 7話 「能力とちから」 感想。 [追憶の本屋]
美琴の熱い拳と上条さんの清く広い心を感じさせてくれる描写が見所★,。・:*:♪ てか今話、所々の作画や演出に違和感を否めなかった^^;(... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話「能力とちから」 [「ミギーの右手」のアニメと映画]
被害が拡大していくクラビトン事件 その対策で寝不足な黒子たちジャッジメント それを何気に心配してくれる美琴 乗じて抱く着こうとする黒子でしたがココはスルー(笑) で犯人の男は・・・絵に書いたようないじめられっ子 しかも助けてくれないジャッジメントに逆恨みしてます 黒子と初春は犯人の絞り込みをしてますが如何しても 遺留品からバンクに該当する者は出てこない ジャッジメントの仕事で置いてきぼりも佐天さんと美琴 佐天、美琴にちょっと愚痴・・・ 自分にも力があれば・・・毎日が変わるか... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第07話 「能力とちから」 [ゆる本 blog]
学園都市内の爆弾騒動が続くアニメ「とある科学の超電磁砲<レールガン>」の第7話。 ネタ「見せないで下さい、めくらないで下さい!」を追... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲第7話「能力とちから」 [アニメのストーリーと感想と情報]
 第七学区にて1週間前から続発する連続爆弾テログラビトン事件。犯人は量子変速(シンクロトロン)という能力でぬいぐるみに仕込んだ物質を加速させ爆発させる方法で、次々と爆弾を作り出した。爆発は最初は試し程度だったが、徐々に威力を増しついには警戒するジャッジメン... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話 [ニコパクブログ7号館]
第7話『能力とちから』とある科学の超電磁砲 第1巻 初回限定版 [Blu-ray]今回は・・・グラビトン事件の話です。 [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 #7『能力とちから』 [風庫~カゼクラ~]
うっわ!鬱陶しい奴!! 爆弾魔の彼、あんなに老け顔だったのはストレスのせいでしょうか… 「早くボコられるがいい!」と熱くさせてくれたキャラでした(笑) とある科学の超電磁砲 第2巻 lt;初回限定版gt; [Blu-ray]出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル..... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話「能力とちから」 [せーにんの冒険記]
爆弾魔を退治しにきた女 美琴さんマジ漢 とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話 [モノクロのアニメ]
#7 能力とちから 体育館裏に連れ込まれると、介旅初矢は壁に押し付けられた。さらに顔を蹴られる。 「ちゃんと返すって言ってんだろう。出世払いでさあ」 目の前でデブ男がにやにやと笑っていた。 「だいたいさあ、無期限無利息無制限ってのがお前の売りだろ?」 もう1人がデブの後ろで介旅を見ていた。最後の1人が介旅に背を向け、すでに財布の中を探っていた。 「なんだ、これっぽちかよ」 札入れに入っていた1000円札だけ引っ張り出して、財布を放り出した。小銭入れは見ようともしなかった。 「さあ... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話の感想 [自堕落アニゲー生活]
アニメ とある科学の超電磁砲 第7話 『能力とちから』 の感想です。 上条さん、マジ惚れちまっていいっスか?。 [続きを読む]

» 【とある科学の超電磁砲 第6話−能力とちから】 [AQUA COMPANY]
能力の差があり過ぎる時、あなたはそれを言い訳にして納得する人? それとも努力で補おうとする人? [続きを読む]

» 『とある科学の電磁砲』 第7話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
今回は、グラビトン事件の解決編。 視聴者的には、犯人の逆恨み犯行であるのは見え見えなんですけど、それをいかにキャラたちが解決するのかが見所ですね。 と、言うわけで非常に盛り上がった回でした。 ジャッジメントの黒子さんも初春さんも徹夜に近い捜索作業でヘロヘロですね。 ま、無差別爆弾テロと似たような事件が発生中で手掛かりがないのでは無理もないです。 ジャッジメントの限界は羞恥のごとくなので、陰湿ないじめやタカリは日常茶判事みたい。これはジャッジメントの人手不足にも起因しているように思えます。また、逆... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第7話 [パズライズ日記]
今回は、飾利がグラビトン事件の標的にされるお話でした。 前回ほんの少し出てきていた男が犯人だったわけですが、そんなことより当麻の登場に驚いたもの。 美味しいところをしっかり持っていく格好よさは流石に本家のメインを張ってるだけありますね(笑)。 グラビト....... [続きを読む]

» とある科学の超電磁砲 第07話 能力とちから [あにめ漬け]
今回も固法先輩に出番があって嬉しい限り。 さらに上条さんが登場&大活躍でテンションあがりましたよww グラビトン事件は解決したものの、やはり気になるのがレベルアッパーです。 事件の犯人も使ってたみたいですし。 次回はそのレベルアッパーの話。 初春に避難を促されたときの佐天さんがちょっと可哀そうでした。 能力のある美琴は手伝ってるわけですし。 佐天さんがレベルアッパーに手を出したりしちゃうんでしょうか? 次回も楽しみです。 ↑クリック下さると励みになり... [続きを読む]

» ◎とある科学の超電磁砲第7話「能力とちから」 [ぺろぺろキャンディー]
先週で解決しなかったと思ったら、爆弾事件の続き。クロコは寝不足だった。この前の、メガネの人は不良に絡まれる。ジャッジメントはやってこない。ミサカはサテンを発見。サテンは自分にも能力があればいいなと思う。そして、レベルアッパーの話しをする。そのアイテムが...... [続きを読む]

« ■生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第7話「踏み出す生徒会」 | トップページ | ■キディ・ガーランド 第5話「GOTTの亡霊」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー