« ■生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第3話「取材される生徒会」 | トップページ | ■アスラクライン2 第16話「自由で不自由な選択肢」 »

2009.10.18

■ひだまりスケッチ×365 特別編 前編「2月10日 どこでも自転車/2月11日 うさぎとかめ」

 自転車の乗り方って、感覚で覚えちゃうものだから、一度乗れるようになったら、別に意識しなくっても乗れちゃうって思うけれど…。
 ゆのらしいですね。
 ヒロが乗ったら、途端にタイヤの空気が抜けてしまったのも…。
 さもありなん。
 いやいやいや(^^;。
 必死に否定していたヒロが、もう可笑しくって。
 宮子は、専務なんて名前を付けたし。
 その後、専務は社長に昇格っ。
 自転車で福岡まで帰省するのはさすがに無理って思うけれど、関門人道トンネルは、自転車もOKですよん。
 ただ、乗ったままでは不可なので、押して歩かなくちゃいけません。
 まあ、安全の為ですから…。
 乗ったまま走っていると、マイクで注意されちゃいます(^^;。
 沙英は二人乗りですかあ。
 智花は勿論、夏目とも二人乗り。
 しっかり者は、色々とお世話を焼いちゃうものなのですねん。

 てことで、自転車との関わりだけでも、みんなそれぞれにらしかったりするのでした。
 大家さんも、社長のこと、有効活用しそうですよねー。

 初めて出て来た河川敷きは、一級河川の桃花川☆。
 アザラシの名前は、せめてモモちゃんにしてあげて下さい(^^;。
 宮子は野外に出ると、本当に伸び伸びと動き回っていました。
 土手でごろごろだけじゃ、物足りないみたいなのです。
 でも、あれ、凄く気持ち良さそうだった♪。
 大変な手順を踏んで、ゆのも自転車、乗れるようになりましたっ。

 その後の、カレーうどんも美味しそう。
 私はうどんよりもそば派なので、カレーそばを食べます(^^)。
 夏だって美味しいよ。
 にしても、ヒロがお菓子の買い置きをしてないだなんて!。
 今度のダイエットは、本気の本気なのかも。
 私も、買い置きしておくと、ついつい全部食べてしまう方なので、それは負けてられないです(^^;。

 そろそろ、ひだまり荘にも新しい住人が加わりそうな雰囲気ですけど、次に入ってくるのは、どんなコなのでしょうね。
 みんなでコタツに入っての会話とかは、不可になっちゃうのかな…?。
 東堂の取材、狙いはいいと思うのですが、あんなインタビューで、新入生に学校生活の楽しさを伝えられるのかしら。
 ちょっと心配かも(^^;。
 変わり者が多いのは確かですけど、ひだまり荘の生活は、楽しいものなのですよー。
 タイクツしないし、ぽっかぽかなのです(^^)。

« ■生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第3話「取材される生徒会」 | トップページ | ■アスラクライン2 第16話「自由で不自由な選択肢」 »

ひだまりスケッチ×365」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/46521052

この記事へのトラックバック一覧です: ■ひだまりスケッチ×365 特別編 前編「2月10日 どこでも自転車/2月11日 うさぎとかめ」:

» ひだまりスケッチ×365 特別編 前編 「2月10日、どこでも自転車」 [ゆる本 blog]
2010年1月から開始予定の第三期「ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ)」を前に 第二期「ひだまりスケッチ×365」の特別編が放送。その前編。... [続きを読む]

» ひだまりスケッチ×365 特別編 『2月10日 どこでも自転車 』(感想) [アニメ-スキ日記]
やっぱり癒されるw この雰囲気がいい! 最近、癒し系アニメ少ないから早く本編始ま [続きを読む]

» ひだまりスケッチ×365 特別編 前編「どこでも自転車」 [破滅の闇日記]
ひだまりスケッチ×365 特別編 (完全生産限定版) [DVD](2009/10/28)阿澄佳奈水橋かおり商品詳細を見る 久々の「ひだまりスケッチ」であります。絵柄が... [続きを読む]

» ひだまりスケッチ×365 特別編<前編> [のらりんクロッキー]
待望の2期特別編!! まずはOPの宮ちゃんのごはんをチェックw 掛け軸の文字は「鯰(なまず)」ですが食べ物はピザ。 宮ちゃんブーメランよろしく飛ばしてジャンプ! お口でキャッチ! 1秒あるかないかの映像なんですが凝ってたなとw 特別編全編に選ばれた題材は... [続きを読む]

» ひだまりスケッチ×365 特別編 前編 「2月10日 どこでも自転車」 [空の下屋根の中別館]
自分の高校受験の時の話といえば、母校がどこにあるのか場所が、いまいちわからなかった 試験当日まで 点数も何点取ったのかわかりません、おそらく内申書、面接のよしあしも加味されてるんだと 自転車の乗り方をわすれたゆの、河川敷でちょっと練習しただけで乗れるよう... [続きを読む]

« ■生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第3話「取材される生徒会」 | トップページ | ■アスラクライン2 第16話「自由で不自由な選択肢」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー