2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ■大正野球娘。 第10話「私は何をする人ぞ」 | トップページ | ■よくわかる現代魔法 第10話「quick-and-dirty」 »

2009.09.12

■Phantom~Requiem for the Phantom~ 第24話「対峙」

 全ては、サイスの思惑通りに…。
 それって、何だか腹が立つのですよねえ。
 自信満々に、全てを見通したようなことを言うんだもん。
 一度は、ツヴァイに追い詰められたのにね。
 やっぱり、あそこでトドメを刺せなかったのは、痛いのです。
 サイスって、アインやツヴァイに、専横な愛情とかまで感じてそうですし…。

 ちなみに、ファントムの完成形って、どうして5人も居るのでしょう。
 単なる量産型なんじゃ…(^^;。
 女の子ばっかりなのは、潜在的な才能を優先して選抜したから?。
 単にサイスの趣味ですかあ。
 とりあえず、只一人の男で有るツヴァイが、サンオイルとか(違うって)塗られたりしなくって、良かった良かった。

 サイスと比べたら、リズィや志賀や梧桐の方が、ずっとずっと安心感が有りますよね。
 ちゃあんと筋が通ってますし、人間味だって有りますもん。
 サイスは嫌だよー(^^;。

 キャルに捕まった美緒、一時はどんな酷い目に遭わされちゃうか心配だったけれど…。
 とりあえず、危険状態からは抜け出せたみたい。
 後は、本人の感情が何処へ向かって、どんな意識へと辿り着くか、なのです。
 ツヴァイへの気持ち、本気だったのですね。
 その言葉って、キャルの気に障ったみたいだけれど、有る意味では本心に気付かせてくれたっていうか。
 キャルとしての意識は、まだちゃあんと残っていました。

 ツヴァイに関わったコ達って、アインもキャルも美緒も、とにかくツヴァイと一緒に居て、ツヴァイを護ろうとしてくれます。
 その気持ちに応えられるだけの行動を、ツヴァイには期待しちゃうのですが…。
 わざわざ美緒の家までプリントを届けたのは、一体何だったのかしら(^^;。

 美緒とアインの関係は、今までとは根本から変わってしまったけれど、アインの言葉は、美緒にとって支えに成るのか、枷になるのか、まだ良く分かりません。
 まだ、美緒にも出来ることって有るのかしら。
 あ、前回の予告にも有った台詞は、アインだったのですねー。

« ■大正野球娘。 第10話「私は何をする人ぞ」 | トップページ | ■よくわかる現代魔法 第10話「quick-and-dirty」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Phantom~Requiem for the Phantom~」カテゴリの記事

コメント

キクチヤさん☆

 こんにちは(^^)。
 お返事が遅くなってしまって、ごめんなさい。

 この作品も、いよいよ今日で最終回ですね。
 アインもツヴァイもサイスも、一度は死にかけたものの、最後までしっかり健在でした。
 ファントムは全てサイスの作品ですが、今までの全員、しっかり自我を取り戻して、自分らしくなっていますから、量産型もやっぱりそうなるのでしょうか。
 人の心って、そう簡単には誰かの思い通りにはならないって思います。
 屈折しまくりなサイスにも、それなりの過去はあるのでしょうし、その辺りの描かれ方は、本当に楽しみです。
 単に撃たれておしまい、なんてことにはならないと思いますし。
 それぞれに、生きていることの意味を感じさせてくれたら、嬉しいな。

ファントムも、もう少しで終わりですね。
こんにちわ。キクチヤです。
いつもレビューを楽しく読ませてもらっています。

私はプリンセスラバーだけじゃなく、ファントムも見ているのですが、あと残り一話(?)で量産型をどうやって倒すのかドキドキです。
全員、サイスの盾になったら興醒めですし……まとめてアインとかに撃たれたらつまらないし……
逆にサイスが優しさに覚醒して「私の最高傑作を殺らせはせぬ」と自ら戦う展開になったら俺的にはオッケーです(^_^;)
玲二によって簡単に撃たれるラストは嫌だな。
サイスのような屈折キャラが好きなので、量産型共々最後の活躍をして欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■Phantom~Requiem for the Phantom~ 第24話「対峙」:

» 「Phantom〜RequiemforthePhantom〜」第24話 [日々“是”精進!]
  第24話「対峙」美緒という切り札を握ったキャルは、玲二との対決の場を指定するまで日本に留まれとプレッシャーをかける。キャルの要求に従い、表面上は今まで通りの生活を送る玲二。切迫した事態に比して、考える時間は余りにも少なかった。そんな折、江漣は留守電...... [続きを読む]

» (アニメ感想) Phantom〜Requiem for the Phantom〜 第24話 「対峙」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-5【初回生産限定版~ツヴァイ篇】 [DVD]クチコミを見る 美緒という切り札を握ったキャルは、 玲二との対決の場を指定するまで日本に留まれとプレッシャーをかける。 美緒を犠牲に逃げる事など選べるはずも無い…。 どうあっても対決...... [続きを読む]

» Phantom~Requiem for the Phantom~ 第24話「対峙」 [のらりんクロッキー]
キャルもうメチャクチャ… と思ったらレイジへの想いが残っていた! 切なすぎる展開でアインとの一騎打ちへ… キャルは何も美緒の服をひっぱがんでも(^_^;) キャルの行動より黄金のテレ東ガードの方が印象に残ってたり(ぇ サイスもいよいよ勝負に。 アインVSキャルの... [続きを読む]

» Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第24話『対峙』 [風庫~カゼクラ~]
優しさと強さ、優しさと弱さ。 どっちもホントウで どっちも紙一重ですね。 『前にも聞いたけど、あなたに彼女が撃てるの?』 Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-4 [DVD]メディアファクトリー 2009-10-23by G-Tools ... [続きを読む]

» Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第24話 対峙 [つれづれ]
/だか今回はあまりお話が進まなかったような…。玲二がほとんど動いていませんしね。 [続きを読む]

» Phantom〜RequiemforthePhantom〜第24話「対峙」感想 [物書きチャリダー日記]
対峙。誰と誰が・・・Phantom〜RequiemforthePhantom〜Mission-1前回の次回予告で美緒が大変なことになっていたわけだけど・・・やっぱり大変なことに。ふざけているとしか思えないあのBGM。相変わらずいろんな意味でワールド炸裂。変態サイスの独白。なんのこっちゃ・...... [続きを読む]

» ファントム 24話 「対峙」 [穹翔ける星]
ツァーレン・シュベスタン 〜悲しみに魅入られた者達の競演〜 [続きを読む]

» Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第24話 『対峙』 [オタクな車椅子生活者の日々]
ツァーレン・シュベスタン(意味は悲しみに魅入られた者達の競演??) 漫画での読み方はツァーレンシュタイン、 今回軽くエレンの監視し... [続きを読む]

» ◎PhantomRequiemforthePhantom第24話「対峙」 [ぺろぺろキャンディー]
美緒という切り札を握ったキャルは、玲二との対決の場を指定するまで日本に留まれとプレッシャーをかける。美緒を犠牲に逃げる事など選べるはずも無い…。どうあっても対決はもう避けられないのか…。キャルの要求に従い、表面上は今まで通りの生活を送る玲二。自分にキャ...... [続きを読む]

« ■大正野球娘。 第10話「私は何をする人ぞ」 | トップページ | ■よくわかる現代魔法 第10話「quick-and-dirty」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー