« ■咲-Saki- 第20話「姉妹」 | トップページ | ■GA 芸術科アートデザインクラス 第7話「騙し絵(トロンプ・ルイユ)」 »

2009.08.20

■宙のまにまに 第7話「月とキンモクセイ」

 キンモクセイって、ヒマラヤでも咲いているのですね。
 その花の香りを、私はどうしても思い出すことが出来なくって。
 ちょっと情け無いのです。
 あと、べがは私にとっては、船の名前だったりとかします。
 それはもう、強烈に(^^;。

 朔が文芸部のお手伝いをすること、美星はとても寛容だったけれど、内心では、朔の気持ちが今までとは違うってこと、敏感に感じ取っていたみたいなのです。
 そういうことは、ちゃあんと分かるのですね。
 その間は、教室にも来なかったのかしら。
 なので、朔は殊更に文芸部のお手伝いに力を入れてしまったり。

 それって、姫にとってはチャンスだったのでしょうけど、その間、朔と姫との関わりは、殆ど有りませんでした。
 さすがの姫も、天文部の活動を放り出したりはしませんでしたし。
 みんな、自分のお仕事はきちんとやります。
 江戸川だって、大活躍してましたものね。

 てゆーか、朔と美星、有ること無いこと噂が…。
 すまん。
 えと、すまんじゃ無くって(^^;。
 あの二人って、知らずに周囲を盛り上げちゃう才能有るかも。
 姫にはいい迷惑でしょうけど。
 いきなり抱き付かれた意味とか、朔もしっかり考えてあげて下さいねー。

 ところで、朔にとって大きかったのは、草間と美星の関係っていうより、街を通したみんなの繋がりだったのかしら…。
 引っ越しばかりの朔には、そういう思い出って、あまり作れなかったみたいですし。
 その辺り、文江が話し相手になってくれて、良かったみたい。
 結果的には、全てがいい方向へと向かった感じがしますです。
 当事者同士、以外の部分からね。

 そのトドメは、美星のプラネタリウム制作日誌☆だったりして(^^)。
 あれ、文章もイラストも、凄く可愛いかったです。
 単に部の活動報告っていうだけで無く、姫から朔への強い強いメッセージが込められていましたもん。
 可愛いよ。
 それを朔が正しく受け取ったのか、私はとっても気になったりするわけですけど…。
 姫は報われて欲しいにゃあ。

« ■咲-Saki- 第20話「姉妹」 | トップページ | ■GA 芸術科アートデザインクラス 第7話「騙し絵(トロンプ・ルイユ)」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

宙のまにまに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/45981001

この記事へのトラックバック一覧です: ■宙のまにまに 第7話「月とキンモクセイ」:

« ■咲-Saki- 第20話「姉妹」 | トップページ | ■GA 芸術科アートデザインクラス 第7話「騙し絵(トロンプ・ルイユ)」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。電車で寝るのって、実は結構幸せなのだっ。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ