« 夏のイントロ | トップページ | 下落合駅→万代シティバスセンター »

2009.07.22

■宙のまにまに 第2話「ファーストスター」

 千葉では、既に3話まで放送されてますけど、今日の私は苫小牧に居るので、まだ見ることが出来ません…。

 美星は本当に元気なの。
 いっつもちょこちょこ動いてるし。
 みーちゃんっていう呼び名が、本当に似合うコなのです。
 だから、朔もずっとみーちゃんで呼んであげて下さいね。
 そして、美星の隣りにはいつも小夜が一緒に居るし、あれじゃあ朔が目立っちゃうのは仕方無いかも。
 休み時間の度にクラスに押しかけて来ちゃうとか、そんなことをされたら、逃げ出したくもなりますよね。

 姫は、美人さんなのです。
 朔とは、かなりお似合いかなって思うよっ。
 性格は何げに美星に似てますけど…。
 何だろ、雰囲気とかは違うのに、私の認識の中では、美星と同じ匂いがするって言うか。
 でも、美星のこと、年増先輩とか言っちゃうのは、どうかと思うのです(笑)。

 ちなみに、朔のこと、入試のときから好きだったんですって。
 美星といい、時間の経過に負けない女の子達なのです。
 てゆーか、朔が変な所でフラグ立てをするんだもん。
 文江に対しても、そんな感じだったっけ。
 まあ、朔と美星が付き合っていないことは、本人達がちゃあんと言ってました。
 美星はさらっと、朔は思いっ切り力を込めて(笑)。

 土砂降りの雨の後、みんな揃って家に来られちゃったりとか、朔はなかなかままならない人みたい。
 自分のお部屋に女の子達を入れるのは、全力で阻止してたっけ(^^;。
 カットとしては有ったけれど、ちゃあんと綺麗にしてるじゃ無いですかあ。
 それでも、プライベートに触れられるのは、嫌なのかしら。
 まあ、みんなを家に呼んだおかげで、色々と分かったことも有りますし。
 些細な行き違いって、そのままにしておくと悪化しちゃうし、それは悲しいことですものね。

 夜空と星を眺めれば、それぞれに素直な気持ちになれて、いいことだっていっぱい有ると思うのですよ。
 そんな雰囲気満載で、嬉しくなりました。
 ちなみに私は、星空を見るのって、全然興味が有りません…。
 こら。
 そりゃあ、見えないよりは、見えた方がいいに決まってますけど。
 星座のカーブがチェアに見えたりする、イマジネーションがかなり不足していますから(^^;。

« 夏のイントロ | トップページ | 下落合駅→万代シティバスセンター »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

宙のまにまに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■宙のまにまに 第2話「ファーストスター」:

« 夏のイントロ | トップページ | 下落合駅→万代シティバスセンター »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー