« 五井→船橋 | トップページ | ■ティアーズ・トゥ・ティアラ 第16話「戦う理由」 »

2009.07.21

■咲-Saki- 第16話「結託」

 衣って、きょーれつにプレッシャーかけてるときと、ぽわぽわとお子ちゃましているときの落差が凄いのです。
 本人は、別に意識してやっているわけじゃないのかもしれませんけど…。
 あと、話す言葉が妙に難しくって、見ている方としては、何だか不気味。
 実際に勝負している残り3人にしてみれば、それは凄まじく感じているのでしょうね。
 すっかり怯えちゃってましたもの。
 咲なんて、トイレどころか、何だか吐きそうになってたっけ。

 咲の場合は、身近に自分のお姉ちゃんっていう見本が有ったから、ある程度は慣れている筈なのにな。
 それを知っていたからこそ、逆効果だったのかしらん。
 更に、小さい頃のお姉ちゃんより酷いとか…。
 衣こそが、咲にとってのラスボスみたいな感じ。

 ゆみも華菜も、必死にもがいて、ますます水の中に沈んで行って。
 やることなすこと、みんな裏目。
 見ていて気の毒になっちゃう位なのです。
 そんなときには、呉越同舟とか、地の利より人の和とか、そういう言葉が本当に嬉しく聞こえたりもするのでした(^^;。
 本当に、何も出来ないままですもん。

 こうなると、休憩時間にチームメイトと接触して、どれだけ復活出来るかにかかってます。
 咲には和が居ますから、何かいいアドバイスを受けられるかな…?。
 気持ちの切り替えが出来れば、立ち向かって行けたりするのかも。
 いっそ、エトペンを借りてみるとか…(うそ)。
 そのきっかけに期待しつつ。

 にしても、ルールを知らない私としては、今回何が起きていたのか、殆ど理解出来なかったのが、ちょっと悔しい所なのです。

« 五井→船橋 | トップページ | ■ティアーズ・トゥ・ティアラ 第16話「戦う理由」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

咲-Saki-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■咲-Saki- 第16話「結託」:

» (アニメ感想) 咲 -Saki- 第16話 「結託」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]クチコミを見る 何回牌をツモっても手を進める事ができない咲と池田と加治木。その姿はまるで海の底に引きずり込まれて身動きが出来ない状態だった。そんな中、天江衣だけが和了りつづける。これが、悪夢の始まりだった。 *一週間のアニメを....... [続きを読む]

» 咲-Saki- 第16話「結託」 [明善的な見方]
衣が大活躍で、本日の透華の妖怪アンテナが いつも以上に回っておりますwww それから、なんだかこの和が可愛かった♪ [続きを読む]

» 咲-Saki- 第16局「結託」 [気ままに日日の糧]
 衣すげえぇぇぇ!!  一番最後のツモで上がる能力も凄いけど、それ以上に場を支配 [続きを読む]

» 咲-Saki- 第16局 「結託」 [ゆめみん的れびゅー]
その役の意味は 海に浮かぶ月をすくい取る! 海底撈月!! (ハイテイラオユエ) [続きを読む]

» 咲 -Saki- 第16局 「結託」 [つれづれ]
 オカルト麻雀過ぎる展開にビックリしましたね。衣の変な言葉使いが全開で面白いです。 [続きを読む]

» 咲 -saki- 第16話「結託」 [のらりんクロッキー]
池田ズタボロ劇場の始まり(゚Ω゚;) とにかくメッタ打ち(゜д゜;) 1万2千点連発で振り込むは、親番で衣にツモられるは、1人やられ状態。 衣の殺気にも池田だけ気づかなかった(というよりすでにそこまで精神的に余裕ナシ?)し、 やはり彼女を大将に据えたのは失敗だっ... [続きを読む]

» 咲-Saki- 第16局「結託」 [無限回廊幻想記譚]
大将戦、東2局1本場。3度目となる嶺上開花 (リンシャンカイホウ)を行おうとした清澄高校 宮永咲だが、鶴賀学園 加治木ゆみによる槍槓(チャンカン)で咲の上がりを阻止する。・大将戦清澄高校  宮永咲   1年生鶴賀学園  加治木ゆみ 3年生風越女子  池田華菜 ... [続きを読む]

» ◎咲-Saki-第16話「結託」 [ぺろぺろキャンディー]
サキ、チャンカンで阻止される。チャンカンだけあって、槍が降ってくる。サキはアンカンをする。これならチャンカンされないはずだが、国士無双を警戒してノーカンになる。それをみた、衣さんはがっかりする。ネコミミさんは、衣に今年は負けないという。それをみて、竜門...... [続きを読む]

« 五井→船橋 | トップページ | ■ティアーズ・トゥ・ティアラ 第16話「戦う理由」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー