2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ■夏のあらし! 第12話「時の流れに身をまかせ」 | トップページ | ■しゅごキャラ!!どきっ 第88話「激突!ナゾたま大暴走!」 »

2009.06.23

■宇宙をかける少女 第25話「黄昏れる神々」

 ネルヴァルを倒して人類を守るのが、秋葉の使命。
 …の筈なのですが。
 実にあっさりと「そんなの知らないよ」とか。
 ナミ当惑(^^;。
 ヘタレとか言われちゃっても、それは仕方無い気がしますよお。

 あ、ナミ、更にひねくれちった…。
 姉妹全員を殺すとか、そこまで言いますかあ。
 本気にしか聞こえないから困ります。
 さすがにやり過ぎでしょー。
 それでも、家族とか妹とか、そういう繋がりを意識した台詞が有ったりもするので、やっぱり救い出してあげなきゃいけないのでしょうね。
 成り行きとは言え、アレイダを神楽に戻してくれたわけですし。

 ナミが秋葉に撃たれちゃったのは、なかなか衝撃的な光景だったです。
 黄金銃って、単体でも武器になるですかあ。
 撃たれたナミは、おでこから血を流して…。
 その血は、ずっと拭き取らないままだったっけ。

 実際の所、秋葉もナミも、凄く似ているのですよね。
 自立してない所とか。
 自分勝手で、人の言うことを全く聞かなかったりとか。
 風音から見たら、二人共一緒みたい(^^;。
 厳しいなあ。
 高嶺はですね、可愛い妹って思ってくれてるみたいですけど。

 それなのに、二人のポジションは大きく変わってしまいました。
 イグジステンズまで秋葉に取られてしまって、本来は秋葉のものだったとか言われちゃうし。
 ナミ、ボロボロなのです。
 そして、目指すものはやっぱり破壊。
 愚民共とか、そういうお安い台詞は、言わなくってもいいと思いますけど(^^;。
 あのおっかない顔を見ても、やっぱりナミは助けてあげたくなりました。

 死んでしまったつつじには、ベンケイがお花を手向けていたよ。
 つつじも報われませんでしたね。
 能力は高かったのに。
 やっぱり、組んでたパートナーのせいとしか!。
 この作品は、真面目な人ほど苦労する仕様になってます(^^;。
 って、つつじ、生きてるし。
 お腹が減ってるみたいです。
 やっぱりつつじが居ないと、ベンケイだけじゃ駄目ですよね。

 イモちゃんは、何故かずっとネルヴァルと行動を共にしています。
 本当、レオパルドとネルヴァル、どっちが悪い人なのでしょう。
 分かりません。
 ネルヴァルにも、まだ出来ることは有るのかしら。
 えにぐまは燃やされちゃったけれど、神楽本人が戻って来たから、特に問題は無いのかなあ。

 神楽にうまくのせられて(仕事を押し付けられて)、秋葉もようやくやる気になったみたい。
 レオパルドに捨てられてしまった少女は、本当にレオパルドを殺せるの…?。
 本当に、そこまでしなきゃいけないのかしら。
 落とし所を楽しみにしつつ。
 最後には、ちゃあんと宇宙をかけて下さいねえ(^^;。

« ■夏のあらし! 第12話「時の流れに身をまかせ」 | トップページ | ■しゅごキャラ!!どきっ 第88話「激突!ナゾたま大暴走!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

宇宙をかける少女」カテゴリの記事

コメント

印旛虫さん☆

 こんにちはてす(^^)。
 そらかけ、パチンコになっていたのですねー。
 ちょっとやってみたいのですが、パチンコ自体、やったことが無いので…。
 新作的な、オリジナル要素は有ったのでしょうか。
 気になりますねー。

Cマヤさん、超々お久しぶりです。最近そらかけのパチンコ出たようだけど、いまいち人気がねぇ今の私は嫌なことがあると、必ず心の中でネルヴァルに怒りをぶつける度に爽快感を感じます。だって思い出す度にムカつくんだよね。
という訳で仕事や法事でゴタゴタしてたため、返事が遅くなってすみません。返事待ってます。これからもよろしくお願いします。

印旛虫さん☆

 お久しぶりです。
 色々と大変だったみたいですが、どうかご無理はなさらずに…。

 新たな動きが全く無いのは寂しいですねー。
 折角の宇宙物、勿体無いです。
 後発の作品に、どんどん抜かれてしまいそうで…(^^;。

おはようございます。Cマヤさん超お久しぶりです。今まで仕事の多忙や、更に身内の不幸等々色々あってなかなかこのコーナーにコメできなくて本当にすみません。しかも、相変わらずそらかけの最新情報も全く入って来なく、なんとなくつまらない次第でございます。だけど現在も私はネルヴァルのに対しては悪意しか感じないだけでなく、とても根にもってる限りでございます。という訳でまた時間がありましたら、今後ともよろしくお願いします。長文大変失礼しました。

印旛虫さん☆

 お久しぶりです(^^)。
 最終回から、もう2年位は経ってしまいましたね。
 それでも、時を越えて嫌われ続けているネルヴァル、ある意味凄いのです。
 確かに、洗脳とかって、私も凄く嫌です。
 人の心って、そう簡単に他人の思い通りにはなって欲しく有りませんもの。
 出来れば、自力で呪縛から逃れて欲しいって、私は凄くそう思います。
 そして、かけたものにはそれなりの報いを、って。

んちゃ、久しぶりです。そらかけの新情報がないまま数年たってしまいましたが、私は高嶺や秋葉ファンとして、今現在もネルヴァルの事がアニメキャラクターの中で、一番気に入らなく、悔しくて、ムカついてたまりません!だから洗脳する悪役を見たら、たとえ、どんなルックスであろうと永久に許しません!だから洗脳という言葉が一番悔しくてたまりません!という訳で、時間があったら返事お願いします。ネルヴァルの糞バカヤロー!

印旛虫さん☆

 こんにちは(^^)。
 お忙しかったみたいで…。
 でも、充実しているみたいで、なによりでした。
 私も、ネルヴァルがこてんぱんにやられる所、是非見たいです!。
 それを楽しみにしつつ…。
 まだ機会は有りますよねっ。
 また何か有りましたら、どうぞお気軽にお越し下さい(^^)。

Cマヤさん、こんばんは、お久しぶりです。仕事やモバゲーの都合でなかなかコメできなくてすみません。やっと暇になったので、高嶺君を愛するそらかけのファンとして、再びあの卑劣なネルヴァルの糞野郎をぶちまけに参りました。って言っても高嶺君がネルヴァルを仕留める所を見ない限り納得いかないし、以後、高嶺君が秋葉ちゃんほど活躍する所を見ない限り根に持ってどうしようもございません。ネルヴァルよ、早くどっかへいっちまえ!という訳でCマヤさん、心配かけてすみませんでした。またコメに来てよろしいでしょうか?お休みなさい。

印旛虫さん☆

 あらら、グッズの売り上げ、良く無かったのですかあ…。
 DVDの特典のピクチャードラマは楽しそうなのですが、私も買ってないですし…。
 私の手元に有るグッズは、「宇宙は少女のともだちさっ」だけなんですよね(^^;。
 自分でもしっかり売り上げに貢献しないと、2期は難しいってことかなあ。
 …当たり前なのかもしれませんけど。

Cマヤさん、こんにちは。別に無理に見直さなくても大丈夫ですよ。 本編の中で映像に出すべきなのに出さなかった部分はOVAか劇場版にていつか公開して欲しいですね。そうすれば謎が明らかになり私たちやファンが納得するかと思います。だけど噂ですが、そらかけの第二期は本編の商品やグッズ等の売上が良くなかったせいで、第二期の企画のメドは難しいという話しがあったので、本当だったら誠に残念です。また返事ありがとうございます。

印旛虫さん☆

 確かに、呪縛から逃れるまで、時間がかかり過ぎでしたね。
 獅子堂家のお嬢さん達が全員集合するっていうのが、一つのポイントかと思っていたのですけど。
 残念なのです。
 関東地方では、最終回の放送が去年の06/29なので、本当にもう、1年が経っちゃいます。
 もっと気持ちのいいラストだったら、私もちゃんと、最終回の感想を残していたと思うのですけど。
 あ、でも、もう一度、ちゃんと見直して見なくっちゃ、ですね。

Cマヤさん、こんばんは。すぴゃろぐについて別に謝る事ありませんよ、私はご存知なのか聞いただけなので…、
まあ、確かにストーリーを面白くするために、敵側が正義側を呪縛して利用するという理不尽で悔しいエピソード作りはしても構いませんがやるんだったら高嶺君や神楽さんに対してそれを長引かせるんではなく、短くして済ませろってんだよ!! 当時の制作側よ、あんたら聞いてるか? 調子に乗ってる感じだったら抑えるけど、あんなストーリーさえしなければ、こんなか弱い僕がこうして怒り爆発せずにすんだのに…、でも、こんな事でむきになってる僕も変わり者過ぎるし、そらかけが終了して一年たとうとしてるんですよね。
っていうか、早くこのトラウマを克服したいです。今回も長々とすみませんが、また返事ありがとうございます。おやすみなさい。

印旛虫さん☆

 放送が終わってからの時間が経つにつれて、当時の勢いが少しずつ少しずつ薄れて行ってしまうのは、やっぱり仕方の無いことなのかもしれませんね…。
 だからこそ、そろそろ何か、新たな発表とかが有ればいいのにな。
 そんなことを思いつつ。
 すぴゃろぐさんのことは、知りませんでした。
 私は、とっても狭い範囲のことしか分からなくって。
 ごめんなさい。
 そらかけって、最初の予定では、展開にも余裕が有ったのでしょうか。
 野球とかやってましたものねー。
 どこで間違ったのかなあ。
 そのしわ寄せは、みんな高嶺に来ちゃったみたいで…。

Cマヤさん、こんばんは。返事ありがとうございます。あなただけですよ、僕の気持ちがわかってくれてうれしいです。 本編の他のサイトでは、ほとんど返事が返って来なくなったのがとても遺憾です。あと、すぴゃろぐをご存知ですか?ネルヴァルが高嶺君を呪縛したことについてなので、僕は奴の事を思い切りぶちまけました!!だけど、他の本編のサイトへぶちまけた報告をしたのに、無視されたように返事が返って来なくなったので、シカトしてんじゃねえと思いました。 あと、そらかけの当時の制作側は高嶺君をあんなに冷遇な目に遭わせておいて何やってんだ、てめぇ!!
と思います。サンライズへ行ってマジその事について僕はこれからぶちまけに行く気持ちでそれほど高嶺君を応援してるんです!!ネルヴァルてめぇ聞いてるか!! ナミ君も未だに調子に乗ってんじゃねえよ!!
ネルヴァル、貴様が少なくとも許してもらいたければ、影組や箱人間の犠牲者を生き返らせてみろよ、できんのかよ!! 糞バーカ!! 制作もよぉ、きちんとストーリー終わるまで延長してもいいからよ、無理して26話で終わらすんじゃねえよ!!わかったか? 言いたい事はそれだけか?なんて言わせねえぞ!!本当に気が済むまでとことんネルヴァルの事をぶちまけてやるからな!! 覚悟しておけ糞バカヤロー!! という訳でCマヤさん、本当にありがとうございます。おやすみなさい。

印旛虫さん☆

 高嶺だけは、功労者としての扱いが違っているのですねー。
 みんなと合流するのが遅かったのが、痛い所で…。
 それもみんな、ネルヴァルが悪いのだ。
 段ボール屋さん、一体何処まで本気でやっているのでしょう(^^;。
 ナミは一番心配です。
 別に、素直ないいコに成れとは言いませんが…。
 秋葉が見ていたナミって、ナミが自分で思っているのとは、かなり違っていた感じなのですよね。
 その辺り、2期で是非見たいです(^^)。

Cマヤさん、こんばんは。暇になったので久しぶりにそらかけ写真集を読んだら、キャラのプロフィールを見て秋葉ちゃん達ヒロインズや風音さん、そしてイモちゃん、ブーミンコンビ、ニーナさん等第二次ネルヴァル事変の解決者、又は解決による功労者等と書かれているが、高嶺君だけカークウッドの治安維持の功労者としか書かれてないため、対ネルヴァル戦にとって獅子堂姉妹の中で重要な戦士のはずなのに…、これも敵の糞ネルヴァルが彼女に対して卑怯で卑劣な手を使って踏みにじったからいけないんだ!! (まあ、ナミ君はしょうがないけど…、)先日も書いたけど、彼女は戦うべき時に戦えなく、秋葉に任せっきりだった、そして今は、ネルヴァルが段ボール屋(しかも冗談かわからないが、世界最小のマイホーム=箱人間の箱改?や被ると安心する段ボール箱の販売、箱の事ならなんでもお任せあれの最近認可された箱メーカー)としてぬくぬく普通に生活してるためか、彼女はそのストレス発散のために、アレイダ姿の神楽さんと一緒に治安活動してる、と書かれていたので、ファンとして誠に遺憾だと思います。 彼女のその志しは最高に良いですが、だったら高嶺君には、以後絶対にネルヴァル事変のような大戦いが起きたら、できるだけ秋葉ちゃんに負けないよう、もしくはヒロインズに並ぶくらい格好よく頑張って貰いたいです。確かにだれもかも戦争は嫌ですし、僕のその意見が有難迷惑でしたら誠に申し訳ありませんが、ネルヴァルに冷遇された高嶺君の事を思い出す度に、彼女のファンとしてネルヴァルの事を凄く憤りを感じてどうしようもありません!! 以後彼女がアニメに登場して多少壁に突き当たっても仕方ありませんが極力ぶれないように大活躍する彼女を観る事さえできれば、本望だと思います。早く本編の第二期が見たいです。それから芸能界に復帰したナミ君だけど、写真集の中ではまたわがままツンデレし放題なので、まだわかってないな、その調子だとまた黒ナミにカムバックしかねないから、本当に立ち直るまで教育してやらないと…、とにかくまたネルヴァルの糞バカヤロー、ふざけてんじゃねぇー、それじゃあ事変の時を思い出すじゃねぇーか!!いい加減にしろー!! という訳でまたメールします。おやすみなさい。

印旛虫さん☆

 まだ情報は無いですかあ。
 何か分かりましたら、是非是非、お知らせ下さいね(^^)。
 CSオンリーとかだったりすると、ちょっと困ってしまうのですが…。
 やっぱり続きが見たいですもんっ。

Cマヤさん、こんばんは。本編の第二期の情報ですが、全然私の目や耳に入りませんけど、どうしたんでしょうか? 本編の新シリーズあってもおかしくないと思うのですが…、けいおんや一騎当千でさえ最近新シリーズ始まってるのに、もうまちきれません!何か情報わかり次第お願いします。すみません、おやすみなさい。

印旛虫さん☆

 箱に入ろうとしたのに定員オーバーで不可だなんて、それはお気の毒とゆーか…。
 そんなことも有るのですね。
 お話を聞いていると、ますます二期が見たくなってしまいますね!。

こんにちは、アンチネルヴァル派なブーイング野郎でどーもすみません!悪役の中でネルヴァルとアレイダこと神楽さんは、今現在について先日お伝えした通りですが、亀岡達クソ三幹部達は映像には無いですが、最後は箱人間の箱に入ろうとしたけれど、定員オーバーの影響で排除されるという自業自得的な運命になった噂があるようにファンブックに書いてありました。まあ、あいつらもあいつらで普通にいいきみだと思います。という訳でCマヤさん返事ありがとうございます。第二期まだぁ?って言いたいですね、失礼します。

印旛虫さん☆

 最終回の後、悪役な人達も、とりあえずは大人しくなったのでしょうか(^^;。
 メインキャラそれぞれが、普通の生活に戻って行く様子は、是非じっくり見たかったです。

おはようございます。ネルヴァリストや悪役達に告ぐ、今度高嶺君に対して冷遇的な扱いをしたら、俺は絶対にその物語に乱入しててめぇらギタギタにして葬ってやる!!いいか、高嶺君を応援しながら華を持たせるためだったら、中傷的な暴言だろうが、スパムだろうが、そんなの関係ねえだぜ!!ではまた。

印旛虫さん☆

 プリキュアは、シリーズとしてずっと続いているのが凄いです!。
 羨ましいな。
 そらかけは、まだまだお話が作れそうですし、折角の設定、勿体ないですよね。

こんばんは、Cマヤさん、フレッシュプリキュアに余り詳しくなかったらすみません。あとは、そらかけのアニメ第二期やるの待つだけですね?。間違えても主役を全然違うキャラにしたくないですね。ではまた。

印旛虫さん☆

 私は、その東せつなパターンがいいかなあ、なんて。
 フレッシュプリキュアは、良く知らないのですが…。
 凛々しいのも、幼女も、どちらも魅力的かと思いますよー。

Cマヤさん、こんにちは。返事ありがとうございます。前回のコメントの神楽さんについてですが、違う番組の話になるけどフレッシュプリキュアの東せつなが悪役からプリキュアに寝返った時みたいに、償いをしながら水に流すのと同じ感じに思えました。だけど、アニメ第二期になったらちゃんと頼もしく活躍するのか、それとも漫画版のように幼女になってしまうのか?ちょっと気になる所ですね。という訳でまた…。

印旛虫さん☆

 神楽は、罰としてQTアームズのお掃除ですかあ。
 それは厳しいですね(^^;。
 でも、ちゃんとそういうことをして、今までのことは水に流す、みたいなのは必要だし、大切なことなのかもしれません。
 そうすることで、みんなわだかまり無く、先に進むことが出来ますものね。
 そういうのは、敵味方を問わず、しっかり描いて有ると嬉しいかもです。

こんばんは、Cマヤさん返事ありがとうございます。僕もネルヴァルが秋葉達の家に下働きさせるのは嫌だけど、そらかけの写真集にて神楽さんがそれをやってる?みたいだからそれでいいと思います。彼女だって奴に呪縛されたからしかたないけど、その頃アレイダとしての記憶が残ってるのにも関わらずズルズルと暗躍してた罰としてQTアームズの掃除をしてるシーンは気の毒かも知れないけど、半分いいきみだと思いました。(神楽さんファンの皆さんゴメン!)その後新しいえにぐまの店主に進展したので、それはそれで、でめたし×2ですね。
という訳で今回もありがとうございました。ブーイングばかりでごめんなさい。

印旛虫さん☆

 ネルヴァルは、高嶺を用心棒にしていたのですよねー。
 それは確かに、屈辱的と言うか…。
 いっそ、ネルヴァルは段ボール屋さんより、獅子堂家の下働きして働かせるっていうはどうでしょう。
 そんなのは、姉妹達が嫌がるかなあ…。
 高嶺話は、私も是非見てみたいです!(^^)。

おはようございます。第二次ネルヴァル事変後、高嶺君はネルヴァルの事をどう思ってるのだろうか?影組を奴によって失い、敵討ちに行った高嶺組も逆に奴によって呪縛され用心棒にされた悔しさは僕が高嶺君だったら奴の事を一生許せません!あそこまで踏みにじったのだから、そしてイモちゃんに対してはイチャイチャ厚遇しやがって!そしていつの間にか刑罰を受けたのか償いしたのか知らないが、段ボール屋としてぬくぬく生きているなんて、やっぱり奴の事を気に入らないです!今度高嶺君が主役のOVAが出来たら良いですね、そうすれば主役であるだけにかっこよく活躍できますからね。それも期待しています。では。
だって、これから人気出るキャラだから…。

印旛虫さん☆

 そんな展開だったのですねー。
 面白いです。
 全てのチェックは難しいかもしれませんが、そういうのが有るなんて、なかなか侮れませんです(^^)。

こんにちは、REXに連載してた、そらかけに出てたネルヴァルは、獅子堂姉妹といつき君に倒されていたなんて、知らなかったというか、その号見ときゃよかった、残念デスッ。 また連絡します。

印旛虫さん☆

 神楽さん、ちっちゃくなってしまったのですかあ。
 もしかしたら、秋葉よりも歳下…?。
 それはそれで、何だか色々と面白い展開が想像出来て、楽しそうだったりしますね♪。

こんばんは、今日コミックREXを立ち読みしたら、そらかけ最終回だったので、ハッピーエンドになったのはいいけど神楽さんが幼少のまんまスール学園に編入という形で終わるのは、これでいいのか、なんか少し感動? これから先は?…ますますアニメの第二期やって欲しくなりましたね。おやすみなさい。

印旛虫さん☆

 そらかけも、シリーズとして続く可能性が有るなら、楽しそうですね!。
 舞-HiMEのシリーズは、最初の1作だけしか見ていませんでした…(^^;。

Cマヤさん、こんばんは、確かにそれも有り得るかもしれませんね。シリーズの原点的作品の舞HIMEや舞乙HIMEはヒロインズや舞台設定が違うではありませんか。やっぱりそらかけは続編的にやるべきだと思います。という訳でまた何かあったらメールします。おやすみなさい。

印旛虫さん☆

 次が有るなら、メインキャラ全員に、それぞれちゃんと見せ場が有ると嬉しいです♪。
 主役が代替わりしていたりすると、ちょっと寂しい気持ちになっちゃいそう。
 そのまんまがいいな(^^)。

おはようございます、返信ありがとうございます。ネルヴァルはCマヤさんの言う通り、一度やっつけられて葬られてちゃんと反省してもらってから、段ボール屋をやって欲しいと思います。ファンもたくさんいると思うので、多分パート2やるかなと思います。

印旛虫さん☆

 こんにちは(^^)。
 2期は、見てみたいですねー。
 段ボール屋さんなネルヴァルとか、見てみたいですもん(^^;。
 この際、ネルヴァルにはとことん悪役になって貰って、こてんぱんにやられてしまうっていうのが、一番いいのかも、なんて思ってしまいます。
 レオパルド自身が決着を付けるっていうのも有りかな、と。

こんばんは、お久しぶりです。以前も書いたのですが、そらかけガールズ写真集にて、ネルヴァルは既に段ボール屋として普通に暮らしてるらしいですが、TVアニメ版の最終回から
今まで何か刑罰を受けたのでしょうか?それとも、何か罪滅ぼしでもしたのでしょうか? 最終回では、桜君が頭脳体をボコボコにしてましたが、それでも彼は、僕曰く地獄すら生ぬるいと思います。早く彼が登場人物達に謝罪するシーンをみたいな
無理に26話で終わらすからそういう事になるんだよ!ちょっと延長すればいいものを…、今度本編が再びアニメ化する時は、秋葉ちゃんや、高嶺君に絶対に前作みたいにならないように、かっこよく目立って頑張って欲しいです。負けるなよ! だから、ネルヴァルはまだ許せません、いや、一生許せねぇかな? とにかく第二期?期待してます。失礼しました。

印旛虫さん☆

 あけましておめでとうございます。
 …遅くなってしまってごめんなさい(^^;。
 今更ですが、今年のカレンダー、何も買っていないことに気付いたです。
 そらかけのカレンダーも、ちゃんと出ていたのですねー。
 肝心の絵柄が使い回しなのは残念っ。
 高嶺はそんな状態で、一体何月のお当番なのでしょう(^^;。
 季節感が…。

あけましておめでとうございます。
あと、そらかけのカレンダーですが、ヒロインズの他に、高嶺君も載ってるのはいいのですが、一枚のみで、箱人間をバックに黒ナミと素顔だけどアレイダ姿の神楽さんと一緒に載ってたので、その高嶺君は、ネルヴァルの野郎に呪縛されてた頃の彼女じゃないのか?と、やや不満に思った他、以前見た事もあるありふれたヒロインズ達のセル画ばかりで、計7枚であの値段はないだろうと思い、購入するのを諦めました。やっぱヒロインズばかりでなく、それ以外の本編の人気キャラもたくさん載せ、一ヶ月につき一枚にすべきだったと思います。僕が制作側の大物だったら、きっぱりそうするなぁ…と感じました。
という訳で今年もよろしくお願いします。失礼しました。

印旛虫さん☆

 わ、やっぱりイモちゃんも、今とは違っていたのですねー。
 可憐でイタイケな感じだったのでしょうか(^^)。
 煮っ転がしな今の姿は、いっつもレオパルドにいじられてましたけど、イモちゃんの迫力と押しの強さは、あの外見からこそ生まれたんだと思いますし、そう考えると面白いですよねー。

Cマヤさん、こんばんは。イモちゃんのラフ画をメガミマガジンで見かけたのですが、そっちの方が未来ファンタジック的でかわいいのに、あまりに複雑なせいか、逆に簡単っぽく煮っころがし風になっちゃったみたいですね。という訳でまたメールします。どうもありがとうございます。

印旛虫さん☆

 こんにちは(^^)。
 ファンブックは楽しそうですねー。
 キャラデが初期設定と全然違うということは、イモちゃんなんかも違うのでしょうか(笑)。
 最初は、ドロイド形態の方が可愛いのに、なんて思ったのですが、イモちゃん本人が面白過ぎて、そんなのは何処かへ吹き飛んでしまいました。
 全体的に、そらかけのキャラデは好きですねー。
 REXでの連載も、単行本が出たら読んでみますね。
 どんな感じか、楽しみです(^^)。

こんにちは、お久しぶりです。先日そらかけのファンブックを購入しましたが、以外と小さく、それなりにそらかけのキャラに会えてよかったけど、設定資料集のラフ画と決定画とは随分違う事に驚きました。今度は本編の第二期?を期待しています。アニメ雑誌では急に載らなくなってしまったけどREXではまだ連載中なので、それで我慢するしかないですね、とにかくまたメールします。失礼しました。

印旛虫さん☆

 漫画版の方でそういった展開が有って、違った一面が見れるのは、嬉しいですね。
 アニメでは、結構厳しい本筋へと一直線で、背景とか、違った一面とか、そういったものはあまり見れなかったので…。
 宇宙をかける少女、っていうタイトルから期待したような内容とは、ちょっと違ってしまいましたし。
 これもみんな、ネルヴァルが悪いとしか、言いようが有りませんです(^^;。

おはようございます。今回もコメントの返事ありがとうございます。結局、激辛な文章で誠に申し訳ありません。
やっぱり、ネルヴァルの容姿や奴のやらかした行動を思い出すと、どうしても理解ができず、僕としては納得がいかなかったんですよ。
まあ高嶺君が秋葉ちゃんらに、奴の事件解決を任せっきりにした原因は奴が高嶺君に対して、何も考えないで卑怯な手を使った上酷い目に遭わせ苦しめたとしか
僕としてはそう考えざるを得ないんですよ。 高嶺君は現在原作漫画でも、秋葉ちゃん達の立派なサポート戦士として、頑張ってますよね。 今度アニメに登場する時は、そういう風にマジやって欲しいです。だけど、今度はツツジと弁慶の人間体と幼少になった神楽さんが悪役になってしまったのが
玉に傷ですね。
以上、またメールします。ありがとうございました。

印旛虫さん☆

 写真集での高嶺、頑張っているみたいですね(^^)。
 第二次ネルヴァル事変(!)では、立場上、自分自身が動くのは難しかったと思うので、あれは仕方無いと思います。
 本人だって、歯痒く辛い思いをしていたんだろうなあって、私も分かりますよー。
 それは、ちょっといい話ですね(^^)。

こんばんは、コメントの返事ありがとうございます。僕の気持ちわかってくれて本当にうれしいです。話はそらかけの写真集に変わりますが、高嶺君が(アレイダ風に装った神楽さんと一緒に?)正体を隠したつもりなスーパーヒロインのようにカークウッドの治安活動してるのかと、インタビューが尋ねた所彼女は「第二次ネルヴァル事変の時に、戦うべき時に戦えず、秋葉等に任せっきりだったから、その分このような活動をしてるんです。」…と嘆きながら語っていたので、高嶺君、その気持ちわかるよー!!
高嶺君は自分はまだ未熟だと自分を責めてるように語ってるようだけど、本当は強いんだよ、だけど美人でセクシーな強力戦士なだけに、付け狙う?ように理不尽な目に遭わせるような貧乏クジを引かせる(高嶺君、失礼だったらゴメン。)ネルヴァルのような卑怯で何も考えてない悪役のやり方が怒り爆発するほど許せないんですよ!!
あとネルヴァルてめェ高嶺君に対してミスなんて付けんじゃねぇよ憎たらしい!!それから、イモちゃん、あんな奴にさん付けで呼びながら尊敬視しちゃダメだよ!!確かに助けてもらった義理があるかもしれないけど、そいつはどれだけ悪い奴なのか俺が本編の正義側だったら、秋葉ちゃんや高嶺君の立場だったらそいつを死ぬまで重いっきり殴ってやりたい気持ちです!!
ネルヴァルよ、二度と高嶺君にあんな事すんじゃねーぞ!!
秋葉ちゃん達を困らせんじゃねぇぞ!!
聞いてんのかよテメェー
馬鹿にしてんじゃねぇぞ
甘ったれんじゃねーぞ
あー見てるだけでムカつく!!
やっぱりそいつをぶっ殺したい
何ィ?この俺には関係ねぇだと?
しゃらくせぇー
この事件で一番心が傷ついた俺様の気持ちによる裁きがまだ終わっちゃいねぇんだよ!!
現在、普通に段ボール屋として生活してるって事は、それだけ刑罰をうけて登場人物や被害者の皆さんに謝罪し償ったんだよなぁ!!
聞いてんのかよ
バカヤロウ
俺にこれ以上文句言われるのが嫌だったら犠牲者をも生き返らせろ!!
わかったかー!!
糞豚野郎ー
まだ奴に文句言いたい事たくさんあるけどマジきりがないのでこれくらいにしておくぜ!!
Cマヤさん、長々とぶちまけて本当に申し訳ありません。ああいう悪役のやり方は僕にはどうしても我慢ができない程納得しない所かアニメの悪役の中で一番嫌いで許せないんですよ。アニメの中で二度とあんな悪役出して欲しくないですね。Cマヤさんやっぱりわがまま過ぎな私で本当にすみません。以上です。それから、秋葉ちゃん、高嶺君、本編の正義側の皆さん、僕もそうだけど、みんなで強くなって幸せゲットしようじゃああーりませんか。

印旛虫さん☆

 お気持ちは良く分かりますよー。
 身勝手に色々なものを押し付けて、一番大切な気持ちを奪ってしまってわけですもん。
 それで、本人はいいことをしているつもりなんですから…。
 さすがにそれは駄目だよね、って思います。

こんばんは、お久しぶりです。別に無理に探さなくても大丈夫ですよ。気持ちだけでも十分ありがたいです。だけど、僕はやっぱネルヴァルのやった事はきっぱり断じて許せませんし、気に入りません。そのシンボルマークを見るだけでも、すごく憤りを感じます。強いていえば、早く逝って欲しいです。見てるだけでムカつく!!バカヤロー!!

印旛虫さん☆

 こんにちは、です。
 そらかけ、もしかしたらDVDに焼いて残してあるかも、なんて思いつつ、ディスクをひっくり返して探してみています。
 有るかなあ(^^;。
 見付けたら見直してみますので、少々お待ち下さいね(^^)。

こんばんは、またコメントの返事ありがとうございます。
お忙しかったらすみませんが、最近このコーナーの第20、23、24話の感想も書いたので、差し支えなければ、返事をお願いします。お疲れ様です。

印旛虫さん☆

 私も、結構同じ気持ちだってこと、気付かされちゃいました。
 最終話の感想を残しておかなかったのが、今になって悔やまれたりもします。
 録画自体、もう残っていないのですよね。
 レンタルが始まったら、借りて来ようと思いますです。

おはようございます
僕の気持ちを少しでもわかってくれて、本望だと思います。僕は、本編の悪役のようなやり方するやつは、一番嫌いな方なので、つい辛口的なコメントばかり書いてしまうから、もし、僕のこのコメントが気にいらなかったら、もう少し抑えて書くつもりでコメントします。今日もコメントの返事ありがとうございます。
でもはっきり言ってマジすかっとしました。という訳で。

印旛虫さん☆

 こんにちは(^^)。
 箱人間の存在や影組の全滅は、確かにショッキングでしたねー。
 ネルヴァル本人は、良かれと思ってやっていたみたいなのが、また怖いところでもあります。
 ナミと関わりを持ったのも、結果的にいいことは何も無かったですし。
 やっぱり悪人なのです。
 ナミには、獅子堂の中での居場所を、ちゃんと見付けて欲しいなあ。
 姉妹がみんな冷たかった気がするのも、何とかしてあげて下さあい(^^;。

おはようございます
確かにネルヴァルはイモちゃんや、彼に呪縛されてた高嶺君や神楽さんの言う通り、イイヤツか悪い奴なのか、僕もわからなくなった感じに
描かれてました。特にイモちゃんには優しかったですからね。だけど、箱人間計画や、影組の全滅、カークウッドや人々に対する迷惑、そして、神楽さんと奴によって影組仲間を失った高嶺君を苦しめてまで呪縛した行動
は、強いて言えばやっぱ悪者としか思えないし、自分がもし高嶺君や神楽さんの立場だったら奴を絶対に許せません!
高嶺君は、影組を奴に殺され、奴に立ち向かった高嶺君自身も奴によって苦しみながら呪縛された上奴の仲間にされてしまう…、そんな悔しい事ってありますかっ!!
悪いけど、少なくとも、ネルヴァルの犯した行動は人々に対してよかれと思って
やらかしたいわゆる自己チュー的なフテキサレキャラに過ぎないと思います。
あと、ナミ君に対しても僕は一発重いっきりひっぱたいてやりたかったです。
だけど、憎らしいからでなく、彼女に対して本当に立ち直って欲しいから、本当はいい子だから、僕も正義側だけでなく
彼女の事も救いたい、そして信じてやりたい、…という気持ちで書いた訳です。
ナミ君、不満だったらゴメンナサイ。という事でCマヤさん今日もコメントの返事どうもありがとうございました。

印旛虫さん☆

 こんにちは(^^)。
 ネルヴァルは、イモちゃんを助けてくれたりもして、それなりにいい所も有ったし、妙な人間臭さが感じられて、そんなに印象は悪く無かったりもしています(^^;。
 ナミは、とことん、尖ってましたよねー。
 いくら巻き込まれてしまったとは言え、その後のフォローがあれでは、どうにも気持ちの持って行きようが有りません。
 本当に、それこそそれなりの施設に送るしか無いような…。
 つつじと一緒に居て、何かプラスになるのかなあ。
 それは気になって仕方有りませんね(^^;。

おはようございます
Cマヤさん、今日もコメントの返事ありがとうございます。
本編の最終回のコメントについて、補足があったので、書きます。ネルヴァルなんですが、最後はレオパルドによって、人間体とコロニーとダークネス共々に破壊されてすかっとしましたが、頭脳体だけ生きてて、投降するという感じで済ませるなんて、すごく甘すぎると思います。僕は、奴の事を(特に人間体)一発でいいからぶん殴りたかったです。そして破壊された上記の奴らをレオパルドだけでなく戦う正義側のキャラ皆さんもとどめを刺すべきだと思いました。その後、ネルヴァルやナミ君らは、多分失礼ですけど、ムショあるいは、少年院で更正して復帰したのかと思います。でないと余計虫が良すぎるし、僕も納得がいきません。原因を作った奴らも許せません!という訳でまたメールします。今回も返事ありがとうございました。

印旛虫さん☆

 この作品、途中から方向性が良く分からなくなってしまいましたものね。
 その辺りは、もっとちゃんとして欲しいかも。
 次回作を作るのは、大賛成です。
 フリオとかネネコとか、もっと出番が欲しいですもん。

 ネルヴァルが段ボール屋さんなのは、実にらしいってゆーか(^^;。
 ナミには、モデルさんを続けて欲しいです。
 モデルさんに復帰してこそ、ナミの真価が描けるって思いますし。
 今のままだと、何だか色々と中途半端なのですよね。
 勿体無いよお(^^;。

 そして秋葉は、今度こそ宇宙をかけて欲しいって思うな。

おはようございます
最終回の感想のコーナーがないようなので、代わりにここに書かせてもらいます。確かにいい最終回ですが、箱ちゃんやいつき君の両親、そして、えにぐまのメモの事、まだ謎が沢山残ってるのにも関わらず終了してしまったために、登場人物の皆さんは人気があってよかったけど
他のファンの皆さんからの評価は余り良くなかったらしいので、僕らの希望通り第二期をやるべきだと思います。その後秋葉ちゃんは大学生でナミ君はタレント復帰して、あのネルヴァルは段ボール屋
だなんて、いい身分ですよね。ナミ君は立ち直るのはいいけどもう少し秋葉ちゃんと仲良くして欲しいと思います。またこれからも期待しています。頑張って下さい。失礼しました。

印旛虫さん☆

 えにぐまでナポリタンを食べるときのお作法は、チーズやタバスコを思いっ切り大量に投入、でしたっけ?(^^;。
 そんなナポリタンの伝統は、ちゃんと残っているのでしょうか。
 気になりますねー。

こんにちは、Cマヤさん、コメントの返事ありがとうございます。仮にもし、神楽さんの経営している「えにぐま」が本当にあったら一度だけでいいから彼女が作るナポリタンを食べてみたいな〜と思います。神楽さんの今後の活躍も期待しようかな〜?…と思います。とにかく、
バイナラ?!です。

印旛虫さん☆

 神楽って、ほんの少しだけでも、ネルヴァルに共感する所が有ったのかな、とも思ったりしたのですが、そういう人では有りませんでしたよね。
 戦闘用の装備とは言え、わざわざ顔を隠していたのも、印象を悪くしています(^^;。

 その後は、えにぐまを経営しているのですかあ。
 経営ってことは、ウェイトレスさんでは無さそうですね(^^;。
 そういう後日談は、是非本編で見たかったです。
 これからでも、やって欲しいなあ。

こんばんは、Cマヤさん、コメントの返事ありがとうございます。先日のようにそらかけの最終回がとっくに終了してからコメントをするのも何ですが、神楽さんの事を別に批判する訳でもないし、否定してる訳でもないんですよ。ただ、ネルヴァルに呪縛されてた時、その記憶があったのにも関わらず、何故少しでも奴に反発しようとしないで、そのコントロールのいいなりになったように、悪さばかりしたのか、ネルヴァルがモノであるにも関わらず、怨霊的にそれだけパワーアップしたからなのか、それとも神楽さんが、彼の事を深く探る為なのか、わかり切った事は僕には言えませんが、もし僕が本編の正義側の一人だったら、やっぱり久しぶりに味方として帰ってきた彼女に対して、疑問視
せざるを得ないと思います。その後、そらかけの写真集にて同じ目に遭った高嶺君と共に(?)秋葉ちゃん達とあまり活躍できなかった分、カークウッドの治安活動に専念しながら普段は、再建した「えにぐま」の経営に励んでいるらしいとの事ですが、もし、以後そらかけがアニメ化したら、神楽さんには今度こそ敵キャラにああいう風に負けないように頑張ってもらいたいです。そらかけの獅子堂家の最大の切り札として、とにかく今後も期待しています。という訳で、これからもよろしくお願いします。ご苦労様です。

印旛虫さん☆

 神楽の性格は、ああいう人だって、割り切るしか無いのでしょうね(^^;。
 深刻な部分を、そう感じさせないのは、ある種の才能でも有るわけですし。
 風音も、根っ子では神楽と同じ性格みたいですけど、この人はちょっとだけ真面目なので、神楽程には違和感を感じさせないのかもしれません…。

こんにちは、
神楽さんが、呪縛から解放されて数十年ぶりに復活したのは心強いのですが、アレイダだった頃の呪縛中の記憶が残っていそうで、長老達に対して、冗談なのかもう少し困らせてやりたかった、という言葉を聞いて、僕は彼女に対して、アレイダだった時に、あれだけの事をしておいて、今頃になって頼もしい味方になってみんなに受け入れられるなんて、はっきり言ってマジ、
「虫が良すぎる!」…と思いました。そりゃ、ナミ君だって更に理不尽過ぎる気持ちになるのも無理ないし、しかも、同じく呪縛されてた高嶺君の気持ちはどうするんだよ!
アレイダによって影組は全滅し、仇を討ちに来た高嶺君を捕えてネルヴァルマークを押印し、操られて奴らの味方にされた高嶺君の気持ちはヨォ!!
…神楽さん、あんたもネルヴァルと一緒に「ごめんなさい」の一言だけでもいいから本編の正義側の皆さんにマジ謝罪した方がいいっすよ。
でないと、あんたもネルヴァリスト同様一生許さねェからな!!あとナミ君もっ、気持ちはわかるけど、凄くやり過ぎだと思います。しかもそんな時にレオパルドが悪人格になっちゃって、更に厄介MAXに感じました。僕の今回のコメントは以上でござる!!バカヤロー!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■宇宙をかける少女 第25話「黄昏れる神々」:

» 宇宙をかける少女 第25話 感想 [荒野の出来事]
 宇宙をかける少女  第25話 黄昏れる神々 感想  !!??w  −キャスト−  獅子堂秋葉:MAKO  レオパルド:福山潤  神凪い... [続きを読む]

» 「宇宙をかける少女」第25話 [日々“是”精進!]
   Mission25「黄昏れる神々」50年前のミラーを取り付けたレオパルドはその妖刀の力で「プリンス・オブ・ダークネス」と変貌し、ネルヴァルに向けて反物質砲を撃つ。その頃、秋葉はQTアームズでネルヴァルへ、そこに待っていたのはプリマヴェーラを構えたナミだっ...... [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話 『黄昏れる神々』(感想) [アニメ-スキ日記]
「ラスボスがレオパルドだとは!」 大どんでん返しですね!それもナミまで一緒になっ [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 Mission 25「黄昏れる神々」 [つれづれ]
 目まぐるしく立ち位置が変わるのが驚きですね。結局ネルヴァルは微妙なポジションになってしまいました。 [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話「黄昏れる神々」 [のらりんクロッキー]
物語は二転三転、よく言えば何が飛び出すかわからない、悪く言えばしっちゃかめっちゃか(^_^;) 最終的に 「黒化のまんま組VSそうでない組」になっちゃいましたね。 ナミちゃんもうまっくろけっけ(^_^;) まさか黒パルドとくっつくとは思わなかったなあ。 プリンスオブダー... [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話「黄昏れる神々」 [空色きゃんでぃ]
レオパルドの中の黒いナニカが目覚めた! 神になった気分のレオパルドは手当たり次第に破壊を始めました。 レオパルドを止めるため、ネル... [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話『黄昏れる神々』 [風庫~カゼクラ~]
ほのかじゃないケド「なして?」と言いたくなった宇宙をかける少女。 面白いと感じてた時期も確かにあったのになぁ~ 今更だが…残念な結末を予感させるようになってきたぞ? 次回が最終回なんだよねぇ?? 宇宙をかける少女 Volume 5 [Blu-ray]MAKO, 遠藤 綾, 牧野由依, 福..... [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話「黄昏れる神々」 [よう来なさった!]
どいつもこいつも薄っぺらいキャラばかり。それだけにつつじちゃんが登場すると安心するよねぇ。何故かこのキャラだけは確り描かれている。最初から最後までブレがない! つつじちゃんも自己中だけど、これはいい自己中であるw... [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話「黄昏れる神々」 [りおの何気ない日常]
プリンス・オブ・ダークネスとして変貌を遂げたレオパルドとネルヴァルとの戦いが始ま [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話 「黄昏れる神々」 [ゆる本 blog]
妖刀に捕らわれて暴走するレオパルド。そしてその脇に現れたカテドラル・ベンディスカ。 レオパルドは息子だという衝撃の展開、アニメ「宇宙... [続きを読む]

» (アニメ感想) 宇宙をかける少女 第25話 「黄昏れる神々」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
宇宙をかける少女 Volume 4 [DVD]クチコミを見る 50年前のミラーを取り付けたレオパルドはその妖刀の力で「プリンス・オブ・ダークネス」と変貌し、ネルヴァルに向けて反物質砲を撃つ。 ↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと....... [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話 『黄昏れる神々』 [ナ ナ イ ロ ☆]
起きたら朝\(^o^)/ 何か最近起きれない [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話 [丸正の日々の思い。 version2]
「黄昏れる神々」 宇宙をかける少女 Volume 4 [DVD](2009/07/24)MAKO遠藤 綾商品詳細を見る [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話 [地図曹長道中記]
とことん堕ちるナミ [続きを読む]

» 宇宙をかける少女 第25話「黄昏れる神々」 [無限回廊幻想記譚]
妖刀であるミラーを工程を端折って設置してしまったため、50年前の状態であるプリンス・オブ・ダークネスとなってしまったレオパルド。獅子堂風音たちの言葉にも耳を貸そうとせず、カークウッドのミラーを破壊してしまう。ミラーを壊したレオパルドと、彼を止めようとするネルヴァ... [続きを読む]

« ■夏のあらし! 第12話「時の流れに身をまかせ」 | トップページ | ■しゅごキャラ!!どきっ 第88話「激突!ナゾたま大暴走!」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー