2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■とある魔術の禁書目録 第23話「風斬氷華(トモダチ)」 | トップページ | ■まりあ†ほりっく 第11話「神への供物」 »

2009.03.16

船橋からの、小さな旅

03/14
 ここって、普段から通勤で使っている区間なので、別に旅でも何でもないのですけど…。
 土曜日の朝は、強風の影響でJRが広範囲に止まってしまい、ちょっと変わったルートを使って移動したので、記録を残しておきますねえ。
Nishi
 まずは、船橋から一駅、西船橋へと移動します。
 土休日ダイヤだと、07:00に西船橋出庫の三鷹行きが有るので、乗り換え。
 隅の座席をキープして、ぐっすり寝て行こうっていう魂胆なの。

 西船橋に着くと、東西線と京葉線が運転を見合わせているそうで、なかなか騒然とした雰囲気です。
 私は予定通りの電車に座ったものの、総武緩行線も江戸川橋梁の風速が規制値を越えて、抑止になってしまいました。
 これじゃあ、運転再開までには結構時間がかかりそう。

 先を急ぐなら、京成西船まで歩いて、京成線に逃げるべきなのでしょうけど…。
 この風雨の中、京成西船まで歩くのは嫌だなあ。
 それに、普通列車しか停まらないあの小さな駅は、かなりの混雑になってる筈。
 そう思うと動く気にはなれず、そのまま車内に居残っているのでした。

 そのまま30分経過。
 さすがに飽きたし、会社の同僚からは早く来いとの催促がメールで来るので、武蔵野線ホームに上がります。
 武蔵野線は動いている筈なのですが、ホームの電車は動き出す気配が有りません。
 程無く、正式に抑止になっちゃいました。
 これって、武蔵野線だけ動かしたらかえって混乱するから、それで止めてしまったのかしら。

 こうなると、もう京成線に逃げるしか無いのですけど、それじゃあネタとして面白くないよお。
 どうせ遅刻は確定なんですもん。
 なら、30分遅れても60分遅れても一緒だよね。
 こら。

 振替乗車票を貰ったものの、コンコースの混雑にかこつけて、そのまま駅構内に留まります。
 程無く、東葉高速が8番線からの折り返し運転を始めたので、それを採用。
 北習志野で新京成に乗り換えて、松戸から常磐線を経由しよー。
 結構な長旅になるね(^^)。
 ちなみに、東西線の異常時には、東葉高速は8番線から発着するのがお約束です。
 その為に、始発の東葉勝田台行きは、8番線始発になってます。

 座席に座って、念の為に携帯から運転状況を確認してみると…。
 常磐線も抑止になってるじゃん。
 もう駄目だー(^^;。
 そのまま家に帰りたくなったけれど、そういう訳にもいきません。
 仕方無いので、東海神で降りて、船橋まで歩くのでした。
 ここって、計画段階では営団船橋っていう仮称だった位で、距離的にはすぐ近くなのです。
 東海神で降りたのは初めてなので、嬉しいかも。

 雨はそんなでも無いけれど、風はまだ結構強いなあ。
 船橋で総武緩行線の状況を確認すると、速度規制は解除されないものの、間もなく運転を再開する見込みとのこと。
 でも、今更総武緩行線に戻るのもつまらないので、わざわざ京成船橋へと向かう私なのでした。

 京成は、殆ど定刻で運転していました。
 凄いなあ。
 08:03の快特上野行きに乗りますよお。
 京成船橋からは、大勢のお客さんが乗り込んで、車内はぎゅうぎゅう詰めです。
 暑いよお(^^;。
 さすがに中々発車出来ず、5分程遅れて発車。
 この先も、少しずつ少しずつ遅れて行くのでした。

 もしかしたら京成西船に臨時停車するかと思ったけれど、そのまま通過。
 まあ、これじゃあ、停めた所で誰も乗れず、かえって混乱しちゃいますよね。
 京成西船のホームは、人でいっぱいでした…。

 日暮里には10分遅れで到着、だよ。
 京浜東北線に乗り換えると、何故かこちらもぎゅうぎゅうの大混雑で。
 神田では降りられず、東京まで連れて行かれそうになりました(^^;。

 神田からは、中央線快速で。
 はあ、やっと通常ルートに復帰だねえ。
 でもまあ、二度と通ることの無いようなルートで通勤出来て、楽しかったなあ。
 中央線快速も、今日は休日快速の運転を取り止めて、中野から各駅に停車するとのことでした。

 そんな感じで、会社には40分の遅刻。
 結構早かったかもっ。
 おい。
 「電車の乗り換えが分からなくって…」なんて同僚に言ったら、怒られちゃいました。
 鉄に限って、それは有り得ませんものねー。
 やっぱり、趣味のことは、内緒にしておいた方が得なのかもしれません…(^^;。
 ちなみに私の同僚には、総武快速線錦糸町駅での列車分離事故に乗り合わせていたとか、都営大江戸線の火災で新江古田まで地下線路を歩いたとか、上手が居ますです。

 そうそう、この日は09:00から記念Suicaの発売が有って、06:00の時点で既にその行列が出来ていたので、結果的に、混雑に拍車をかけていた感じです(^^;。

« ■とある魔術の禁書目録 第23話「風斬氷華(トモダチ)」 | トップページ | ■まりあ†ほりっく 第11話「神への供物」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 やっぱり、標準軌の安定感が(^^)。
 運転見合わせって、殆ど聞かないですものね。
 運転規制の基準も、JRより緩やかなのでしょうか。
 今回はそのおかげで、助かっちゃいました。
 わざわざ、変なルートを採用したりして…。

お疲れさまです(^^;

>京成は、殆ど定刻で運転していました。
京成や新京成はほとんど止まりませんよね。標準軌の威力、なのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/44361229

この記事へのトラックバック一覧です: 船橋からの、小さな旅:

« ■とある魔術の禁書目録 第23話「風斬氷華(トモダチ)」 | トップページ | ■まりあ†ほりっく 第11話「神への供物」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ