2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ■アキカン! 第10話「変わらぬ今日にカン謝」 | トップページ | 船橋からの、小さな旅 »

2009.03.15

■とある魔術の禁書目録 第23話「風斬氷華(トモダチ)」

 顔面が欠けて、中でキューブみたいなのが回っていた氷華の姿は衝撃的でしたけど、ちゃんと自己修復されて、一安心なのです。
 それに、当麻はそんなことは全然気にしませんし。
 色々なタイプの人達との出会いが有りましたものねえ。
 しかもみんな、女の子ばっかり。

 最近、妙に当麻を意識している美琴も、まだまだ全体を把握出来てはいません。
 てゆーか、インデックスしか知らないんですもの。
 美琴は、当麻と出会ったのが一番最初だけれど、別に恋人って訳じゃあないから…。
 そのことを問い詰める資格は有りません(^^;。
 なんて、美琴とインデックスの会話は、見ていてなかなか楽しかったです。
 長い付き合いと深い付き合い、みたいな感じで。

 言葉遣いの乱暴なシェリーさん、チョークを使った術式、もうやたらと素早く描いちゃうので、魔術そのものより、そっちの方が凄いと思う。
 当麻も、さっさと右手でゴーレムに触れちゃえばいいのにな。
 何だか、見ていてまだるっこしいような…(^^;。
 折角追い詰めたんだし、逃がしちゃうような状況には見えなかったもん。

 そんな中、自力でゴーレムと戦っていたインデックスは、格好良かったです。
 魔道書のストックから、しっかり対象を分析して、適切に対応していたよ。
 知識がお役に立って、良かった良かった。
 ゴーレムを崩壊させるような割り込みをかければ、もっと良かったのでしょうけど…。
 あの安全ピン、一体どう使うつもりだったんだろ。

 いくら氷華が殴られても平気と言っても、それだけじゃインデックスは助けられませんよね。
 氷華の初めてのお友達がインデックスなんですもん、ゴーレムから助けてあげられたらいいんですけど。
 にしても、氷華が存在していた世界って、身近に人が沢山居ても独りぼっちで、ああいうのって、寂しいなあ…。
 自販機の使い方を知らないインデックスが、飢えたインデックスが、氷華を呼び出したってことなのですねん(笑)。

« ■アキカン! 第10話「変わらぬ今日にカン謝」 | トップページ | 船橋からの、小さな旅 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

とある魔術の禁書目録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■とある魔術の禁書目録 第23話「風斬氷華(トモダチ)」:

» とある魔術の禁書目録 第23話「風斬氷華」 [日記・・・かも]
絶体絶命の氷華の元に現れた当麻。 今回はこの作品のメインヒロインに出番が回ってくる回です。 [続きを読む]

» とある魔術の禁書目録 #23 風斬氷華(トモダチ) [だい亜りー]
右手で触れられない幻想(ユウジョウ)に想いを重ねて。 ゴーレムとの死闘を繰り広げていくうちにリアルタイムでどんどん薄着になるインデックスたん。 いいぞ、もっとやれ! 真剣な... [続きを読む]

» (アニメ感想) とある魔術の禁書目録 第23話 「風斬氷華(トモダチ)」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
とある魔術の禁書目録 第3巻(初回限定版) [Blu-ray]クチコミを見る ヒーロー登場!しかも、カッコウつけて、一人だけで戦おうとせずに、援軍を連れきたことは、大いに評価したいものです。ただし結局、切り札となるのは当麻であるわけですよ・・・。 ... [続きを読む]

» とある魔術の禁書目録 第23話「風斬氷華(トモダチ)」 [のらりんクロッキー]
メインキャラそれぞれ見せ場あり。 当麻はカッコイイヒーローフル回転w 「あいつは、オレ達の友達だ!!」 「俺は必ず帰ってくる。いいか、必ずだ!」 このキャラだからこそクサいセリフも映えますね。 …が、 ひとりで氷華を助けに来たのではなくて 警官隊隊長として参... [続きを読む]

» ◎とある魔術の禁書目録第23話「風斬氷華(トモダチ)」 [ぺろぺろキャンディー]
 地下街は騒乱の渦中にあった。上条と別行動をとっていた風斬の前に、学園都市に潜入した魔術師・シェリー=クロムウェルの放ったゴーレムが立ちはだかる。その巨腕がまさに振り下ろされんとした時、小萌先生から彼女の秘密を聞いた上条が駆け付ける。自分はインデックス...... [続きを読む]

« ■アキカン! 第10話「変わらぬ今日にカン謝」 | トップページ | 船橋からの、小さな旅 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー