2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ■きらりん☆レボリューション STAGE3 第153話「きらりん☆アイドルレボリューション」 | トップページ | ■屍姫 玄 第12話「屍の果て」 »

2009.03.30

■アキカン! 第12話「輝く未来にカン杯!」

 いずれは、カケルもなじみも、アキカンエレクトに参加せざるを得ないような状況に追い込まれて行くのかな…?。
 そう思いながら見ていたのですが、そんなことは全然有りませんでした。
 オーナーは、全員がアキカンとの幸せな生活を望んで、アキカンもそれに応えて。
 てゆーか、みんな何だかんだで忠誠心が高いから、戦っているより、オーナーと一緒に居る方が幸せみたいなのです。

 そういう幸せを知らない最強のアキカンは、ひねくれちゃいました。
 あれは仕方有りませんよねー。
 だって、猫だし!。
 出会いっていうのは、いつだってドキドキなのです。
 エールだって、なじみに捨てられちゃう可能性は高かった訳ですし…。
 危なかったね。

 カケルがしっかりメロンをサルベージ出来て、良かった良かった。
 メロンは、カケルの一生懸命の呼びかけに、しっかり応えてくれました。
 妬けちゃうわ(笑)。
 そのおかげで、エールとぶど子も戻って来れたよ。

 その勢いに押されて、最強のアキカンも、境遇を話してくれて。
 メロンもエールも、リアクションが淡白だったなあ。
 …冷たいっ(^^;。
 自分達がオーナーに愛されてるからって、あれは無いんじゃないかと…。
 まぜ子っていうネーミングは、ぶど子とあんまり変わらないから、採用しても良かったような。
 駄目っすか。
 最終的には、ミクってことで、とっても可愛い名前になりました☆。

 カケルってば、ミクに大接近だったけれど、さすがにそれはメロンとなじみが許してはくれません。
 メロンはともかく、なじみもですかあ。
 なじみがあんなにストレートにヤキモチ妬いて怒ってるの、初めて見ましたよお。
 何か新鮮。
 カケルは幸せ者なのです。
 本人、そういうのはスルーしちゃうみたいですけど。

 ちゅことで。
 何だかドタバタがドタバタし過ぎて、もうちょっと落ち着いてストーリーを見せて欲しかった気もしますけど、楽しい作品だったと思います。
 変態ちっくなのも、有りなのです。
 私はなじみが凄く好き。
 もっともって出番が有っても良かったのにな(笑)。

« ■きらりん☆レボリューション STAGE3 第153話「きらりん☆アイドルレボリューション」 | トップページ | ■屍姫 玄 第12話「屍の果て」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アキカン!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■アキカン! 第12話「輝く未来にカン杯!」:

« ■きらりん☆レボリューション STAGE3 第153話「きらりん☆アイドルレボリューション」 | トップページ | ■屍姫 玄 第12話「屍の果て」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー