2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ■きらりん☆レボリューション STAGE3 第139話「月島きらり、ふつうの女の子にもどります」 | トップページ | ■屍姫 赫 第11話「ある夜」 »

2008.12.15

■喰霊―零― 第11話「運命 乱 ―うんめいのみだれ―」

 黄泉と神楽の運命が変わってしまったのって、ほんの些細なことがきっかけなのですよね。
 二人のどちらが怨念にとらわれたって、不思議じゃ有りませんでしたもん。
 人間って、本来そういうものなのでしょうし。
 目の前で起きたことに対しての怒りは、とても強く、深いものだと思います。

 黄泉も神楽も、背負っていたものは同じだし、そのお役目を果たす為、真摯に頑張って来たのにな。
 特に、二人が一緒に暮らすようになってからは、凄くいい姉妹っぷりだったもん。
 それでも、神楽の方が、元々持っていた負い目は大きかったの…?。

 神楽は、お父さんの雅楽から本心を聞けて、お互いに安らかな気持ちのまま、その死を見届けることが出来たみたいなのです。
 自分が黄泉を攻撃出来なかったから、雅楽が致命傷を負ったという事実は重く残りますけど、雅楽はその点には全く触れませんでした。
 確かに、今の神楽には無理なことですから…。
 でも、それは過去の神楽で。
 次にはもう、躊躇うことは無いでしょうね。
 受け継いだ白叡と共に、黄泉との決戦に臨むことになります。

 雅楽が残した言葉は、神楽に二者択一を求めていましたが、神楽は果たしてどちらを選ぶでしょうか。
 私なんかは、忘れてしまうことを選んで、日常のストレスを溜めないようにしていますけど、私のことなんてどーでもいいや(^^;。
 長生きは出来ない運命を背負った神楽、せめて楽に生きて欲しいとも思うのですが。

 紀之も、何とか復活して欲しいなあ…。
 精神的なダメージが大きく、対策室に残っていたのが逆に幸いして、体はほぼ無傷な訳ですし。
 黄泉も、元の意識がまだ残っていて、体がダメージを受けると、それが表に出て来たりもするみたい。
 最後にもう一度、二人にちゃんとお話をさせてあげたいです。
 勿論、倒すことを躊躇ってはいけないという、厳しい条件が付きますけど…。
 菖蒲もそれを乗り越えて来たのですね。
 指輪をはめるシーンに、決意が凄く現れていました。

 にしても、みんな、容赦無く死んで行きます。
 最初から覚悟はしてましたけど、厳しいです。
 最後に出て来たマイケル小原が、何故か結構な安心感をくれました。

« ■きらりん☆レボリューション STAGE3 第139話「月島きらり、ふつうの女の子にもどります」 | トップページ | ■屍姫 赫 第11話「ある夜」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

喰霊―零―」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■喰霊―零― 第11話「運命 乱 ―うんめいのみだれ―」:

» 喰霊 -零- 第11話 「運命乱(うんめいのみだれ)」 [日常と紙一重のせかい]
容赦なし 殺せなかった。だから殺された… [続きを読む]

» 喰霊-零-第11話「運命乱-うんめいのみだれ-」感想 [物書きチャリダー日記]
終盤。運命の乱れ。ホント、なんでこんなに乱れてしまったんだろ・・・2008年12月26日発売喰霊-零- 1(限定版)早速感想。やってくれた。なんというか、大体予想できる展開なのにすっごい鳥肌ものというか、見入ってしまっていた。展開的にナブー二人組、または室長とキ...... [続きを読む]

» 喰霊-零- 第11話「運命乱(うんめいのみだれ)」 [心のおもむくままに]
第11話「運命乱(うんめいのみだれ)」 先回愛する者を、怨霊と化した呪縛から解放 [続きを読む]

» 喰霊-零-第11話「命乱-うんめいのみだれ-」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
黄泉と雅楽の戦い。最強の霊獣を従えたふたりの戦い。乱紅蓮と白叡の激突アクションシーンは流石によく動くなぁ。戦ってほしくないふたりの姿を見ているしかできない神楽。でも結局とどめを刺せない神楽の甘さが、更なる悲劇を生む。折角捕えた黄泉に引導を渡せない神楽。...... [続きを読む]

» 喰霊−零− 第11話 「運命乱−うんめいのみだれ−」 感想 [日々、徒然]
ちょいと忙しいのでキャプ無し簡易更新です。後で全体的に書き直すとは思いますが。 [続きを読む]

» 喰霊 -零- 第11話 「運命乱うんめいのみだれ」 感想 [Shooting Stars☆]
死ぬのもまた運命なの! さて、旅行から帰宅して1発目の感想です(`・ω・´) 今回は、殺生石の力によってカテゴリーAになってしまった黄泉が対... [続きを読む]

» 喰霊 -零- 第11話「運命 乱 -うんめいのみだれ-」 [よう来なさった!]
神楽と雅楽、最初で最後の親子らしい触れ合い。受け止めた愛情と受け継いだ意思。深く複雑な心の葛藤を経て表れた神楽ですが、何とも言えないそのストイックな表情からは、雑念を振り払い決意を新たにした、人としての強さが滲み出ている気がしますが、それでも僅かに感じ....... [続きを読む]

» 喰霊零 第11話「運命 乱」 [おれといっしょに・・・]
やっと過去と現在が完全に繋がり今後の展開は予測できないわけですが。始まってすぐ黄泉と神楽父とのバトル、神楽父の武器が霊獣に繋がれた鎖と言うのも驚いたけどそれ以上に神楽にトドメを任せようとするとはwもちろん失敗そして意外にあっさり神楽父の敗北にも驚いた。ど....... [続きを読む]

» 喰霊−零− 第11話 「運命 乱(うんめいのみだれ)」 [全て遠き理想郷?なブログ]
神楽父、二階堂女史、室長、そしてナブーさんが!!orz [続きを読む]

» 喰霊-零-第11話「命乱-うんめいのみだれ-」 [半ヲタの気ままな辛口ブログ]
先週はあんなにワクワクしたのに今週はどこかまったりしてたりしなかったり。。何でだろう??作画がちょこっと崩れたけどまだ大丈夫なレベルだし、動きは文句はないんだけどな〜やっぱ誰かが死ぬ瞬間がなかったからかなwwでもナブーAは(多分)死んだし、流石に今週で全...... [続きを読む]

» (アニメ感想) 喰霊 -零- 第11話 「運命乱(うんめいのみだれ)」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
喰霊-零- 1(限定版) [DVD]クチコミを見る 殺生石を埋め込まれ、狂気に駆られた黄泉と対峙する神楽。しかし、愛しい者を前にし、その剣は乱れる・・・。そして、黄泉の凶刃が神楽に容赦なく振り下ろされた!! ... [続きを読む]

» 喰霊−零− episode 11「運命 乱−うんめいのみだれ−」 [Spare Time 別館]
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1647.html ※TBが反映されないため、別館から送らせてもらっています。 この記事へのTBは、本館へのTBが弾かれる場合のみご利用下さい。 [続きを読む]

» 【室長と】喰霊-零- 第11話 「運命乱 -うんめいのみだれ-」 感想【桐ちゃんは生きてるかも!?】 [新・天の光はすべて星]
喰霊-零- 1(限定版) [DVD]クチコミを見る今回は今更ながら軽くOP検証もしております。もうOPの秘密は知っている方々も多いことでしょうがね。記事名にある室長と桐ちゃんの件についてはそこで。突然ながらここで5話の画像を。5話といえば喰霊でたったひとつのギャグ回、上が....... [続きを読む]

» 喰霊 -零- 第11話 「命 乱 -うんめいのみだれ-」 [待ってられないアニメがある。]
第11話 「運命乱 -うんめいのみだれ-」 [続きを読む]

» 喰霊−零− 第11話「運命乱(うんめいのみだれ)」 [こう観やがってます]
喰霊−零− 第11話「運命乱(うんめいのみだれ)」  室長に惚れた。 [続きを読む]

» 喰霊 -零- 第11話 運命 乱 ―うんめいのみだれ― [Ηаpу☆Μаtё]
私の魂は どう思ってるのかな… [続きを読む]

» 喰霊-零- episode 11「運命 乱-うんめいのみだれ-」 [無限回廊幻想記譚]
「私は充分に生きた……さらばだ、神楽」土宮神楽にトドメをさそうとした諫山黄泉に立ちはだかる土宮雅楽。黄泉は最強の霊獣『白叡』を継承する土宮の家柄を本当は目障りだと感じていたのに、自分は憧れと勘違いしていたのだと語る黄泉。「でも、そのどちらも……今日で最後」喰霊... [続きを読む]

» 喰霊-零- #11「運命乱」 消えていく命……そして受け継ぐ想い [サイネリア~わたしのひとりごと~]
黄泉vs超災対策室のノンストップアクション。 真の敵である三途河との戦いではなく、共に戦った仲間達との死闘。 主人公でありヒロインでもあった黄泉が人間の敵となってしまった経緯を丁寧にストーリー化してきている為、憎むべき相手として素直に受け止める事ができない。... [続きを読む]

» 喰霊-零- 第11話「運命 乱 -うんめいのみだれ-」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
喰霊-零- 第11話 「運命 乱 -うんめいのみだれ-」 評価: ── 人として人を守るなら思いを棄てるべきではない それが、どんなに辛い思... [続きを読む]

« ■きらりん☆レボリューション STAGE3 第139話「月島きらり、ふつうの女の子にもどります」 | トップページ | ■屍姫 赫 第11話「ある夜」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー