2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■ヒャッコ 第4話「3コメ 牛飲馬食虎食/6コメ 虎は虎連れ」 | トップページ | ■CHAOS;HEAD 第3話「接触 contact」 »

2008.10.23

津別の宿は山の中

 こちらからの続きだよ。

10/03
 北海道、二日目だよ☆。
 朝も「とままえ温泉ふわっと」の温泉に入って、ご飯を食べて、出発しまーす。
 あ、と。
 その前に、コンビ名を考えなくっちゃ。
 「…何で?」。
 折角の北海道なんだし、私達、お茶目な船旅コンビじゃないですかあ。
 「要らないよ、コンビ名なんて。使い途も無いし」。
 もお!、ノリ悪いなあ。
 そんなんじゃ、この先タイヘンだよお。
 …何が大変なのか、良く分かりませんけど(^^;。

 苫前に居る以上、まずは三毛別の羆事件の現場へ行くです。
 ここから車で30分って、かなり遠いのですねー。
 当時は大変だったんだろうな。
 これはすっごく壮絶な事件なのですが、ホテルのパンフレットでは随分と呑気な雰囲気が漂っていたっけ…。
 にしても、事件現場の羆の作り物、やけくそにでっかいです。
 あれで実物大なんですかあ。
 怖いよう。

 この後は士別に抜けて、お茶を飲みながら今夜の宿を考えます。
 それじゃあ、友人が前から泊まりたいって言ってた、津別にしようっか。
 てことで、さくっと予約を済ませたのでした。
 携帯からはうまく繋がらなかったので、パソコンで。

 士別には士別軌道っていうバス会社が有って、その名の通り、かつては軌道を運営していたみたい。
 今まで知りませんでした。
 帰宅してから調べてみると、宮内省管轄だったりもした、面白い歴史が出て来たです。

 そして、あのおっかない岩尾内ダムを、下流側から通り抜けて。
 今の時期、ダム湖に水は殆ど有りません。
 樹木の紅葉は、少しずつ少しずつ進んでいます。
 私達は、ずんずんと先へ進んで、層雲峡も素通りです。
 三国峠休憩所で車から降りると、半袖なのは私一人だけでした…。
 浮いてるなあ(^^;。
 ここはさすがに寒いですう。

 十勝三股の三股山荘で「畑のランチ」900円を食べて、友人と運転を交代するよ。
 一応、午前は私が、午後からは友人が運転するっていうお約束なのです。
 それって、私の方がかなり楽ですよねー。
 昨日は、結局全く運転しませんでしたし(^^;。
 今日も、お昼ご飯を食べた私はぐっすり眠ってしまい、しほろ温泉の道の駅で起こされて温泉に入った後、またまたぐっすりお昼寝。
 眼が覚めたらもう暗くって、既に北見市内なのでした…。
 まあ、なんてお気楽なのでしょう。
 あ、それじゃ、物真似しまーす。
 「こぉらぁ!、C.Maya、いい加減にしなさいよね!」。
 …誰の物真似なんですかあ(^^;。

 ともあれ、三股山荘のおばちゃんに、「鹿と警察には注意して下さいね」って言葉で送られて出発です。
 それってつまり、スピードを出し過ぎちゃ駄目ってことですよね。
 うんうん。
 おばちゃんには、津別に行くなら林道経由がお勧めだよ、って言われたのですが…。
 車がまだ新車ってことも有って、ダートの林道を行くのは友人が難色を示したので、無難なルートに決めました。
 雨が降って来たので、士幌線の廃線跡もスルーで…(^^;。
 しほろ温泉の道の駅で、あずきの量り売りを大量に買い付けそうになったりしつつ。

 北見では、以前、断水で入れなかったレストランで晩ご飯。
 やっと来れたよ☆。
 雨はすっかり本降りなのです。
 もう真っ暗な中、津別へと向かいましょうかあ。

 今夜の宿は、「つべつ温泉ホテルフォレスターくりんの里」です。
 山の中の一件宿で、テレビも携帯も使用不能だとか…。
 行ってみたら、Docomoの携帯はちゃんと圏内でした。
 テレビも、一部のBSが受信出来たよ。
 一部っていうのが、微妙に謎では有ります(^^;。

 でさでさ、くりんって一体、何ですか?。
 「植物の一種なんだって」。
 それは分かるけれど、だから一体どーいう植物なのさ。
 「……」。
 まあ、いっか。

 露天風呂でのんびりして、窓から外を覗いてみたら、鹿の親子が佇んでいるのが見えました。
 明日は晴れるといいね。

 こちらに続きまあす☆。

« ■ヒャッコ 第4話「3コメ 牛飲馬食虎食/6コメ 虎は虎連れ」 | トップページ | ■CHAOS;HEAD 第3話「接触 contact」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

世界の果てさん☆

 車で旅をしていると、普段の鉄道の旅では行けないような所へ、さくっと行けてしまうのが魅力ですね。
 本当は、鉄道で途中下車をしながらの方が、ずっとずっと印象に残るのですけど…。
 津別にも、かつては相生線の駅が有ったそうですが、今となっては信じられない気がします。

 北海道、特に道東では、シカさん、本当に多いみたいです。
 レンタカーを借りるときにも、接触に注意するよう、何回も注意を受けました。
 花咲線に乗っていると、一度は必ずシカの飛び出しでの急ブレーキが有りますし…。
 北海道は、野生動物との距離も近いですね。

 携帯電話は、折角の非日常の旅なので、持って行かないのがベストなのかもしれませんが、なかなかそういう訳にもいきません。
 なにしろ、行き当たりばったりなので、宿の予約も出来なくなっちゃいます(^^;。

C.Mayaさん
こんにちは(o・ω・)ノ))

『つべつ温泉ホテルフォレスターくりんの里』
山の中なので静かな所みたいで、
素敵なところですね(*゚ー゚*)


鹿といえば僕は、
釧路湿原で見たエゾシカが初めてです。
歩いていたら、ガサガサと音がしたので振り向いたらこっちを見てましたよう。
しばらくしたら、林の中に消えていきましたが…
動物園以外で見るのは初めてだったのでとても
感動しましたよ。

携帯電話は釧路湿原の奥のほうでも使えたのでびっくりしましたね。(auでしたけど。今はソフトバンクですが…)

つづき
楽しみにしてまあす

それではーヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/42879871

この記事へのトラックバック一覧です: 津別の宿は山の中:

« ■ヒャッコ 第4話「3コメ 牛飲馬食虎食/6コメ 虎は虎連れ」 | トップページ | ■CHAOS;HEAD 第3話「接触 contact」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ