2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ■味楽る!ミミカ 第258話(アニメ第183回)「モリリン☆クッキング」 | トップページ | ■とらドラ! 第3話「君の歌」 »

2008.10.16

■伯爵と妖精 第2話「僕の妖精」

 船から鉄道へと。
 旅は続くね☆。
 エドガーの船室を調べに来た船員さん、肩章は3本線で固定だったけれど、袖章はカットによって3本線だったり4本線だったりしています。
 一等航海士と見せかけて、実は船長だったりするのかなあ。
 なんて思ったら、セーラー服のお兄さんから、少佐って呼ばれていたよ。
 軍人さんなんですねー。
 そんな少佐も、エドガーに失礼なことは出来ないみたいなのです。
 今のエドガーは、それだけの地位に居るってことで。
 真実を隠すには、一番安全な方法なのかもしれません。

 結局、犯罪者なのは本当だったみたい。
 リディアの前で上着を脱いだから、背中に刻印が有るのかと思ったけれど、有りませんでした…。
 こら。
 本当に、舌には十字架の刺青が刻まれているとか…?。
 それは凄く痛そうなのです。

 そんなエドガーに、リディアはすっかり興味を持っちゃったみたい。
 エドガーは口が上手いから…。
 流石だよ(^^;。
 妖精博士への依頼としては、至極真っ当ですものねー。
 500ポンドの報酬も、自分の能力への対価って思うと、リディアには誇らしいことの筈だもん。

 でもでも、エドガーにははっきりとした敵が居るわけで…。
 巻き込まれたら大変ですよー。
 ニコの忠告通り、早めに逃げ出しておくべきでした。
 リディアも、言われた通りに一服盛ったけれど、もう手遅れだったみたい。
 自分の知らない所で、お父さんが巻き込まれちゃったし。
 もう後戻りは出来ないね。

 レイヴンは、凄く頼りになりそうだったけれど…。
 リディアのことも、ちゃんと護ってくれるかな。
 ニコは番犬代わりになるのかしら。
 …って、猫だし。
 居るのか居ないのか、リディアにも分からなかったり(^^;。

 意外にも、リディアとレイヴンは、ちゃんとコミュニケーションが取れていました。
 だって、エドガーにしか心を開かないような印象だったから…。
 妖精さんにも色々なタイプが居るみたいで、それはなかなか面白そう。
 精霊の血を引く悪霊の化身と言われたって、何かを護る為に戦うのは、格好いいって思いますもん。

« ■味楽る!ミミカ 第258話(アニメ第183回)「モリリン☆クッキング」 | トップページ | ■とらドラ! 第3話「君の歌」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

伯爵と妖精」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■伯爵と妖精 第2話「僕の妖精」:

» 伯爵と妖精 #2 [シリウスを目指して翔べ!]
第2話:「僕の妖精」 [続きを読む]

« ■味楽る!ミミカ 第258話(アニメ第183回)「モリリン☆クッキング」 | トップページ | ■とらドラ! 第3話「君の歌」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー