2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■Mission-E 第12話「最後の最後の大作戦!」 | トップページ | 積丹半島を一回り »

2008.09.25

船橋→舞鶴

09/24
 それでは、北海道にしゅっぱーつ。
 なのですが、今回もまずは関西へと向かうのでした。
 JALで伊丹空港まで飛んで、空港リムジンで新大阪駅へ出て、フェリー連絡バスで舞鶴港っていうルート。
 舞鶴から小樽へのフェリーに乗るのだ☆。

 なんて話をしたら、「神奈川から小樽までのフェリーが有るの…?」って聞き返されたりして。
 はえ…?、舞鶴は京都だよ…?。
 「神奈川にも舞鶴って有るでしょ」。
 無い。
 聞いたことない。
 「だって、東海道線に駅が…」。
 それは真鶴だろーが!(^^;。
 全然違うよお。
 ぷんぷん。
 実際の所、地名って難しいです。
 私は、今の今まで、「後志」が読めてませんでした(^^;。
 でもでも、神奈川から北海道へのフェリーが有ったら、凄く楽しそう。

 そんなこんなで、昼下がりの東京モノレール、空港快速に乗って、羽田空港を目指します。
 京急とモノレール、どちらを使うかっていうと、私は断然、京急なの。
 浅草橋を経由して、最寄りの船橋まで直通してますから…。
 品川で総武快速に乗り換えることも出来ますものね。
 今日は八重洲のオフィスに寄り道したので、始発で間違いなく座れるモノレールに決めっ。
 外向きのシートに座って、のんびり景色を眺めていたのでした。

 私はJALしか使わない人なので、第1ターミナル駅で降り、出発ロビーへと向かいます。
 モノレールは北ウイングか南ウイングかで、京急は第1ターミナルか第2ターミナルかで、それぞれ階段が両端に分かれてますけど、私は常に正反対の車輌に乗ってしまうので、毎回せっせとホームを1編成分歩く羽目になります…。
 もお、しっかりしなさいよね!(^^;。

 今回のフライトは、JALのダイナミックパッケージを利用してみました。
 行程表は「関西南紀3日間」になってますけど、同時手配のホテルは小樽だし、復路は千歳空港からのフライトだし、全く全然、関西南紀じゃ有りません。
 こういう無茶なコースも、ネットからさくっと割安に手配出来るようになって、いつも変てこりんな行程で旅をする私には、嬉しいです。

 B777-200の窓越しに外を見ていたら、一度積み込んだコンテナを地上に降ろして、再び積み込んだりして、なかなか動き出しません。
 急遽搭乗しなくなったお客さんの手荷物を確認してるんですって。
 こういうのって、大変ですよね。
 結局、10分以上の遅れになりました。

 そう言えば、機内のミュージックサービス、こどものうたのプレゼンターは田中理恵さんから西村ちなみさんに変わったのですねー。
 「ガチンコでいこう!」は、こどものうたでは無く、JPOPの方に入っていたよ。

 うつらうつらしていたら、もうセントレアの上空で、後5分でシートベルト着用のサインが点灯するそう。
 セントレアのほぼ真上を飛べるなんて、セントレアの離着陸、そんなに少ないのかしら…。
 やがて、放出派出の上空を通り、新大阪駅の真上を通り、伊丹空港へと。

 すぐの発車で、新大阪駅行きの空港リムジンが有りました。
 事前に券売機で乗車券を買わなくっちゃいけないみたいですが、私はICOCAを持っていたので、問題有りません(^^)。
 若干の渋滞の中、17:30には新大阪駅前に到着っ。
 集合場所の団体待合室は、すぐ目の前なのでした。
 以前、「ニューれいんぼうべる」の試験航海では、やっぱりここが待ち合わせ場所だったっけ。
 それじゃあ、ご飯を食べて、買い出しをして、時間を潰そうっと。

 新日本海フェリー「あかしあ」舞鶴-小樽、乗船記に続きます。
 舞鶴は、京都府だよ☆。

« ■Mission-E 第12話「最後の最後の大作戦!」 | トップページ | 積丹半島を一回り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Y.Hiraiさん☆

 鶴舞って何処だったかしらん…。
 なんて、延々と考え続けて、「あかしあ」が小樽に入港する頃、やっと思い出しました(^^;。

 「はまなす」と「あかしあ」は、明るい昼間に見てみたいって思うのですが、未だに実現していません。
 でも、夜の入港シーンも、幻想的なのでしょうね。
 大型客船も、何しろ窓が多いですし。

 子供さんが見ているとは言え、声優さんをちゃんと覚えておられるのは凄いです!。
 私なんか、ちっとも覚えられませんもん。
 こら。
 どうにも音感が駄目みたいで…(^^;。

タイトル、舞鶴→鶴舞の方が面白いかも!

先日、はまなす入港を小樽天狗山で夜景を見ていたら目撃しました。それは予定に入れてたのですが、翌日小樽港停泊の「にっぽん丸」には少しビックリでした。

『ミュージックサービス、こどものうたのプレゼンターは田中理恵さんから西村ちなみさんに』

子供が見ているアニメの声優的には、シャイニールミナスからポケモンのジュンサーかあ、と勝手に変換してしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/42581573

この記事へのトラックバック一覧です: 船橋→舞鶴:

« ■Mission-E 第12話「最後の最後の大作戦!」 | トップページ | 積丹半島を一回り »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ