2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■紅 第5話「望み」 | トップページ | ■我が家のお稲荷さま。 第5話「お稲荷さま。禁忌を侵す」 »

2008.05.03

特急ロマンスカー「ベイリゾート90」号、本厚木→地下鉄新木場

 今日が初日のMSE「ベイリゾート90」号に乗って来ました♪。
 特急券は、2ヶ月近く前から窓口で予約してあったのですが、受け取り期限を勘違いしていて、それが無効になっちゃって…。
 もう1ヶ月を切っていたけれど、ロマンスカー@クラブを確認したらまだ空席有りになっていたので、急いで予約。
 ちゃんと窓側が取れました(^^)。
Bayresort01
 まずは始発駅の本厚木へ行かなくっちゃ、ね。
 朝の06:44発っていうのは、結構辛いのです。
 後で車内放送を聞いていたら、ディズニーランドへの連絡を強く意識しているみたい。
 そっかあ。
 新宿05:31発の3000型急行は、発車と停車のときのがっくんがっくんが酷くって、私は居眠りも出来ませんでした…。
 他の方達は、殆ど熟睡。
 凄いなあ。
 熟睡し過ぎて、皆さん寝相がとんでもないことになってましたけど…(^^;。

 本厚木のホームで、まずは回送でやって来るMSEをお迎えします。
 何げに「回送」表示のLEDも格好いいね。
 上りホームへと移って、「新木場」を表示している発車案内板を見上げて感慨にふけったり。
Bayresort04
 とうとうここまで来たのですねー。
 昭和53年の03月から始まった小田急線と千代田線の直通運転は、平日でも朝夕のみ14往復で、それが平成の時代まで続いていたんですもん。
 まさか、特急ロマンスカーが北千住まで直通して、更に有楽町線にまで乗り入れるなんて、昔を思うと本当にびっくりなのです。

 私は3号車に乗り込みます。
 何故か4分程遅れて、「ベイリゾート90」号は発車。
 全て満席との案内でしたが、終点まで、車内は結構空席が目立っていたよ。
 車掌さんから、直通運転開始の挨拶があって、帰りの列車の時刻まで案内がありました。
 京葉線沿線へのアクセスを想定した列車であることも、はっきりと紹介されて。
 売店は、グッズのみの営業なのかな?。
 特に軽食の案内はありませんでした。

 町田、新百合ヶ丘、成城学園前と停まって、その度にホームの放送が有楽町線直通っていうことをアピールしていました。
 認知度が上がって、利用者さんが増えるといいな。
 年間の運転本数が少ないのがネックだけれど…。
 ちなみに車内のLEDでは、日英中韓でのスクロール案内があって、中国語では特急ロマンスカーを「”浪漫”特快」と表記します。
 雰囲気出てるね。
 「ベイリゾート90」号も、しっかりと漢字だよ。
Bayresort03
 代々木上原では、運転停車して乗務員さんの交替です。
 ここから売店におねーさんが乗り込んで、色々と荷物も積み込まれていました。
 ただ、車内販売等は有りません。
 東京メトロの車掌さんも女性で、ここでも直通運転の経緯や意義を丁寧に放送していました。
 更に、東京メトロの方が車内を回って、口頭で扉が開かない車輌があることを案内してくれたりもします。

 そんなこんなで、霞ヶ関に運転停車。
 ここで進行方向が変わり、お待ちかねの連絡線へと進みます。
 運転士さんと車掌さんは早くも交替。
 エンド交換に時間が無いっていうのもあるのでしょうけど、東京メトロは線区毎に担当乗務員が決まっているのかしら。
 座席の転回に関しての案内もありましたが、もう終着も近いし、私はそのままでいいや。
 連絡線内でも何分かの停車があって、その間にこの連絡線の紹介もありました。
 680メートルあるんですって。

 程なく桜田門にとうちゃーく。
 運転停車すると、反対側に東武の50070系がやって来ました。
 東武の形式もかなりのインフレですが、こちらのMSEは60000型なので…。
 勝った!、かも(^^;。
 特急ロマンスカーの車内から東上線の車輌を見ることになるなんて、夢のようなのですよー。

 「ベイリゾート90」号は、ミュージックホーンを鳴らしつつ各駅を通過して、注目度は抜群だよ。
 乗っている私としては、何だか凄い優越感があったりします(^^)。
 祝日の朝で、ギャラリーが少なかったのは残念な所。

 やがて地上に出て、終点の新木場へと到着です。
 見慣れた景色も、特急ロマンスカーから見たらまた格別だよ。
 本当にわくわくしっ放しだったもん。
 特にセレモニーや記念品の配布はありませんでしたが、特別な列車っていう雰囲気がたっぷり味わえた「ベイリゾート90」号なのでした。

 それはいいのですが、終点の新木場でも全てのドアは開かないので、お客さんが降りるのにかなりの時間がかかってしまって。
 後続の接近はとっくに入っているけれど…。
 西武の6000系はなかなかホームに入れず、何分か遅れちゃったみたい。
 引き上げたMSEは慌ただしく折り返し、回送で北千住へと向かって行きました。
 よっぽど慌てていたのか、最後尾に尾灯を点けず、ヘッドライトを点灯したままだったり(^^;。
 車内では、座席へのパンフレットのセットが行なわれていました。
 そういえば、座席のポケットには何も入って無かったっけ。

« ■紅 第5話「望み」 | トップページ | ■我が家のお稲荷さま。 第5話「お稲荷さま。禁忌を侵す」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ミルフィーユさん☆

 こちらこそ、リンクして頂いて、ありがとうございます。
 マメに更新されておられるので、楽しく拝見していますよー♪。
 私は、MSE乗りに行くので早起きしたら、すっかり時差ボケになってしまって、文章を書く気力が無くなってしまいました…。
 少しずつ、マイペースで追いかけて行くです(^^;。

こんばんは。
リンク貼っていただき、ありがとうございました。

ベイリゾート号乗ったのですか?私は、この前、初めてMSEを見ました。おお、あれがうわさの地下鉄を走る青いロマンスカーかって、見れてうれしかったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/41081428

この記事へのトラックバック一覧です: 特急ロマンスカー「ベイリゾート90」号、本厚木→地下鉄新木場:

« ■紅 第5話「望み」 | トップページ | ■我が家のお稲荷さま。 第5話「お稲荷さま。禁忌を侵す」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ