« さよならは言えますか | トップページ | ■しゅごキャラ! 第33話「好きにならずにいられない!」 »

2008.05.27

■我が家のお稲荷さま。 第8話「お稲荷さま。探し物する」

 神様って、みんな癖のある性格をしているのですねー。
 しかも、神様としてのお仕事には大義があって、その為なら何をしてもいい、みたいな所があるから…。
 普段は人当りが良さそうにしているだけに、そういうのって嫌だなあ。
 クーで無くとも、嫌いになるです。
 そんな神様よりも、アサリやタヌキの方がマシですよー。
 本当にそう思うもん。

 素直で優しい透は、そんなこと、全然無かったみたいですけどね。
 今回のクーは「美夜子が…」みたいなことは言わなかったけれど、きっとそれが血なのでしょう。
 渋々ながら、クーも協力してくれたよ。

 にしても、六瓢はコロコロと態度を代えますよねえ。
 本気で透の頭の中からサカサエンを取り出そうとしていたし。
 しかも、それはアサリに騙されていたわけだし。
 駄目じゃん(^^;。

 昇はそれなりに対応出来てるみたい。
 タヌキのことはあっさり無視。
 自転車で逃げ切っちゃいました。
 それでも、一応は当主って認識されていて、ちゃんとクーの主でもあるわけですね。
 命令を強制されちゃうのはお気の毒だけれど、今回は透のピンチなわけですし。

 拝は無事にお家とお仕事を見付けたみたいで、何よりです。
 あ、これは六瓢のおかげなのかあ。
 それでも、透達の味方になってくれます。
 大五郎もぱたぱたと大活躍でした。
 可愛い可愛い。

 出番はちょっとだけだったコウ、とりあえず、お茶位は普通に出せるようにしましょうよお。
 誰も、お茶が出て来るのを期待して無かったみたいですけど…。
 何かスルーされてました(^^;。

« さよならは言えますか | トップページ | ■しゅごキャラ! 第33話「好きにならずにいられない!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

我が家のお稲荷さま。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/41345813

この記事へのトラックバック一覧です: ■我が家のお稲荷さま。 第8話「お稲荷さま。探し物する」:

« さよならは言えますか | トップページ | ■しゅごキャラ! 第33話「好きにならずにいられない!」 »

このブログについてっ

無料ブログはココログ

カテゴリー