« ■アリソンとリリア 第9話「元戦場に架かる橋」 | トップページ | ■紅 第9話「貴方と私と」 »

2008.05.30

■図書館戦争 第8話「策動セシハ手塚慧」

 感情や情緒で結論を出したって、別にいいじゃないですかあ。
 郁はずっとそうだもの。
 山猿だって、ちゃんと筋は通しているよ。
 …人間です。
 図書隊の人達、特に原則派っていうのは、みんなそんな感じなのでした。
 堂上も手塚も、根っ子は一緒だったみたい。
 そういうのって、いいですね。
 私だって、人として共感出来るのは、そっちの人達ですもの。

 微妙に危うい関係だった、柴崎と朝比奈の問題も解消しました。
 郁のこととなると、さすが手塚は目の色が変わっちゃう。
 逆鱗って言ってたっけ。
 柴崎自身が、本人の言った通りの性格をしているのか、それは定かではありませんけど…。
 とりあえず、柴崎と手塚、それなりのルートが出来ました。
 時計はちょっと勿体無いけれど、あの後二人で飲みに行くのは、いいことなのかもしんない。

 郁への査問はさすがに厳しかったです。
 一人対多人数で、細々と観察されちゃう訳ですしねー。
 変な噂は流れちゃうし。
 その辺りは、かつて同じ道を歩んだ堂上が、しっかりフォローしていたよ。
 本当、何だかんだで郁にはとても甘いのでした。
 更には、手塚まで憧れているっていう事実が判明した堂上なのでした。
 レストランまで駆け付けて来たし、あれなら後悔しなくて済んだかなって。

 そしてそして、いよいよ王子様の正体、発覚です!。
 今まで気付かなかったのが不思議な位だけれど。
 手紙にあそこまではっきり書かれていても、なかなか気付かなかった位だもんなあ。
 郁ってば…。
 にしても、手塚慧からだなんて、妙なルートから発覚しちゃいましたねん。
 郁、明日からどうするの?(笑)。

« ■アリソンとリリア 第9話「元戦場に架かる橋」 | トップページ | ■紅 第9話「貴方と私と」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

図書館戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■図書館戦争 第8話「策動セシハ手塚慧」:

» 図書館戦争 第08話 感想 [荒野の出来事]
 図書館戦争  状況〇八 策動セシハ手塚慧  −キャスト−  笠原 郁:井上麻里奈  堂上 篤:前野智昭  小牧 幹久:石田彰  手塚 ... [続きを読む]

» 図書館戦争 状況〇八『策動セシハ手塚慧』 [風庫~カゼクラ~]
原作は『図書館革命』まで購入してるけど、まだ読んでませんでした。 おかげさまで今回意表を突かれましたよ・・・ そう来たか。 [続きを読む]

» アニメ『図書館戦争』の感想/状況〇八『策動セシハ手塚慧』 [空夢ノート]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第三巻角川エンタテインメント井上麻里奈・前野智昭・石田彰・鈴木達央沢城みゆき・鈴森勘司・佐藤晴男・田中理恵浜名孝行(監督)第三巻には、テレビ未放映の『恋ノ障害』が収録されるそうな! ちなみに予約は26%引きw『何十年か後の自...... [続きを読む]

» ■図書館戦争【情況〇八】策動セシハ手塚慧 [此方彼方其方-コナタカナタソナタ-]
図書館戦争 #08の視聴感想です。 査問委員会。 不器用。 悪知恵。 感覚的。 お迎え。 アタシの逆鱗に触れたのよ! ↑さぁポチッとな [続きを読む]

» 図書館戦争 第8話 「策動セシハ手塚慧」 [空色☆きゃんでぃ]
図書隊には派閥争いがあるんですねー [続きを読む]

» 図書館戦争 第8話「策動セシハ手塚慧」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
山猿が一匹!!(あはは)今回のナレは玄田。らしいたとえに、思わず郁が「うっき〜!!」とか言ってくれるかと期待したんだけどなぁ・・・(^^;)図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。手塚は、慧が主宰する『未来企画』の企みに気付き、悩む。慧...... [続きを読む]

» 図書館戦争 第08話「策動セシハ手塚慧」 [エンドレス・ナイトロード]
図書館戦争 第08話「策動セシハ手塚慧」 [続きを読む]

» 図書館戦争#8少女マンガヲ堪能セヨ [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
それっぽく戦争などと言っていますが中身は思い切り少女マンガですね(ノ∀`)あんな短絡的な事をしたら返って敵の思う壺じゃないですか、普通なら。いいな、罪がなくて。架空の世界の戦争は・・・いくら撃っても、絶対に主人公には当たらないのがセオリーそんなわけで郁は...... [続きを読む]

» 図書館戦争 #8 [沖磨純雲 -おきまもとん-]
#8『策動セシハ手塚慧』山猿でもこれは確かにキツイですね。いや山猿だからこそキツイのか。対策ノートを使って万全の状態で臨むが、 [続きを読む]

» (アニメ感想) 図書館戦争 第8話 「策動セシハ手塚慧」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。手塚は、慧が主宰する『未来企画』の企みに気付き、悩む。慧から郁を呼び出す電話が鳴ったとき、すべての事情を察した堂上が動いた──! ... [続きを読む]

» Navigation123 策動セシハ手塚慧 図書館戦争 [心のプリズムNavi]
状況〇八 策動セシハ手塚慧 その握った手の先に・・・ [続きを読む]

» 図書館戦争 第8話 [ニコパクブログ1号館]
第8話『策動セシハ手塚慧』 いよいよ郁の査問が始まりました。 それにしても、ズルイ聞き方してきますねぇ~。 こんなことして、なかったことをあったことにしようだなんて。 こいつらの方が悪もんじゃないですか。 図書隊には、内部に2つの派閥があるのですか。 まぁ、よ..... [続きを読む]

» 図書館戦争 [Marble Chocolate]
#8「扇動セシハ手塚」 今回は前回のお話の続き、郁の査問会から始まりましたが、全体的にはラブコメっぽいノリでしたね。 査問会対策マニュアルを作ったので、郁に「100回書け!」とかには笑っちゃいました!(・艸`・) まぁたしかに彼女は、その通りなんだけどね。(手塚兄に「フィーリングの人」と言われたし) 今回手塚兄から郁のことを連れ戻す、堂上も良かったんだけど、個人的にはやっぱり柴崎がカッコよかったです~♪ 朝比奈さんとの関わりを完全に断ち切る柴崎は、かなりのオトコ前です... [続きを読む]

» 図書館戦争第8話「策動セシハ手塚慧」 [アニメのストーリーと感想]
 資料集めという名目で、麻子に近づいて来た朝比奈。食事に誘い出し、武蔵野第一図書館に おいて、本が不正に処分されている情報を流した。「もし事前にもみ消す事が出来たら、どうしますか?」麻子にマスコミが報道する前に、揉み消しが可能だと告げた。結局郁の不正に対す... [続きを読む]

» 図書館戦争 状況〇八 策動セシハ手塚慧 [鳥飛兎走]
         その戦いに飛び込んだ             ____山猿が一匹                                                     今週は、玄田隊長先週に引き続き、手塚の兄キの『未来企画』絡み。査...... [続きを読む]

» 図書館戦争 状況〇八『策動セシハ手塚慧』 [アニメ-スキ日記]
アバンが玄田隊長だったから活躍があると思ったが殆ど出番なし。残念・・・w。 いき [続きを読む]

» 図書館戦争〜第8話・策動セシハ手塚慧 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
図書館戦争ですが、笠原は査問にかけられます。図書館内では原則派と行政派に別れていますが、笠原は一応対策マニュアルに沿って答えます。ただ、元来正直なので矛盾する部分が出て来て、その辺を問い詰められます。(以下に続きます)... [続きを読む]

» 図書館戦争 第8話「策動セシハ手塚慧」感想 [スターライト☆ステージ]
 図書隊には、原則派と行政派があり、本を守ることを考えるのが原則派。行政派は図書 [続きを読む]

» 「図書館戦争」第八話 〜憧れし王子の所存は上官にあり〜 [混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜]
2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊し... [続きを読む]

« ■アリソンとリリア 第9話「元戦場に架かる橋」 | トップページ | ■紅 第9話「貴方と私と」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー