« ■To LOVEる -とらぶる- 第7話「男とはかくあるべし!」 | トップページ | ■かのこん 第7話「あたためてあげちゃう?」 »

2008.05.19

■紅 第7話「女」

 今回は、ストレートで恐ろしげなサブタイなのですよー。
 だって、女は魔物なんですもん。
 何をされるか分かりません(^^;。
 でもまあ、それは相手となる男が居るからこそ、だったりもするわけで。

 環のキャラクターは、最初に出会った女友達に見せていたのが、もうまんまだと思ったけれど…。
 そうでも無かったみたい。
 必死になって、彼氏らしい男の子に縋り付いていたっけ。
 それでも、男の子の方は、もう本気で限界だった。
 環にずっと我慢して、環にずっと合わせて来たんだなあ…。
 しかも、暴力まで。
 あの怯えようは、普通じゃ有りませんでしたもん。
 そんなとき、他の女の子に優しくされたら、そっちへ行っちゃいますよね。
 そこでやっと、勇気を出してお別れの決心をしたっていうか。

 環にだって、好きな相手と一緒に居たいっていう気持ちはちゃんとあります。
 それでも、悪い所があったら直すから、言う通りにするから、みたいなことは、環には難しいみたい。
 あの性格ですもん。
 可愛い女の子には成り切れないよ。
 男の子が好きになる、手近で便利そうなキャラっていう言葉には、ちょっとだけ憧れが込められているのかもしれません。

 そこですかさず夕乃のことを思い出した紫は、流石です。
 夕乃はまさにそんな感じですものね。
 夕乃のキャラって、わざと演じているなら軽蔑ものですけど、あれは完全に天然だからなあ…。
 人殺しの家系っていう後ろめたさも、ああいう性格になったバックボーンとしてあるのかにゃ。
 天然過ぎて、肝心の真九朗もついていけてないし。

 そういった意味では、真九朗が自然に接していられる紫にだって、チャンスはあるかもしれないよ。
 いくら紫が好きでも、ロリコンって言われて喜ぶ男の子は居ませんけど(^^;。
 紫のこと、真九朗もちゃんと好きでいますか?。
 いよいよ、九鳳院に紫の居場所が知られてしまいました。
 今まではあくまで子守の対象だった紫が、命懸けでガードすべき存在になるわけで。
 真九朗も、これからが正念場なのです。

 にしても紫は、大人の深刻な話にも、しっかりついて来れちゃうから凄いです。
 何げに、愚痴を言い合うには悪く無い相手なのかもしれないね。

« ■To LOVEる -とらぶる- 第7話「男とはかくあるべし!」 | トップページ | ■かのこん 第7話「あたためてあげちゃう?」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/41255248

この記事へのトラックバック一覧です: ■紅 第7話「女」:

» 紅kure-nai 7話「女」 [E233's ROOM]
紅 7話「女」 このところ仲がよくなった紫と環、闇絵の3人。紫に悪影響を与えっぱなしだが、話を聞いていると面白い。真九郎が心配するのをよそに、環は紫をつれて大学へ。そこに出てきたキャバ嬢風の女の人、「沢城みゆき」だよね?しかし、子供がいても一切気にしない大....... [続きを読む]

» (アニメ感想) 紅 -kurenai- 第7話 「女」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
紅 1 紫に女としての喜びが何かを熱弁する環。彼女は、より深く知ってもらうために、紫を大学に連れて行く。そこで環は、五月雨荘にいるときとは少し違う姿を見せる。しばらく歩き回った後、座って休んでいると、ふたりの前に環のボーイフレンドである里志が現れた。和や....... [続きを読む]

« ■To LOVEる -とらぶる- 第7話「男とはかくあるべし!」 | トップページ | ■かのこん 第7話「あたためてあげちゃう?」 »

このブログについてっ

無料ブログはココログ

カテゴリー