« ■アリソンとリリア 第7話「託された者たち」 | トップページ | ■To LOVEる -とらぶる- 第7話「男とはかくあるべし!」 »

2008.05.19

■図書館戦争 第6話「図書隊ハ発砲セズ」

 操車場って、今はもう死語に近いです。
 僅かに残った車扱いの貨物列車だって、みんな直行だもん。
 作中に出て来たワムは、一体何を積んでいたのでしょうね。
 ていうか、操車場に何故か電車も停まっていたりして。
 日野の操車場、謎が多いのです。
 始発列車も、あんなに沢山の渡り線を横切っていたよ。
 始発なのに始発なのに(^^;。
 あと、警笛を長く鳴らすのは、近所迷惑なので止めましょうね(笑)。
 ワムとE233系の描写はしっかりしていたから、そっちは嬉しかったです。

 にしても、良化隊は本当に約束を守りません。
 発砲の件は勿論、列車の運行は支障させないって約束だった筈なのに。
 始発列車を止めようとしていたよ。
 そこで作戦中止になったのは、あくまで司法省からの指示であって、鉄道会社との約束があったからではありません。
 そんな良化隊が、良く存続出来るものです。
 そして、更にその上に位置する司法省って…?。
 手塚にも、色々と事情がありそうなのですよー。

 昔の堂上は、本当に郁とそっくりだったみたい。
 というか、同じDNAを持っているとしか…。
 郁が痛いってことは、堂上だって痛いということで。
 あの二人、事の是非はともかく、ちゃんと筋の通った行動をしているから、見ていて凄く気持ち良かったりします。
 ストレートに感情を表に出して、そのままに行動出来るのって、いいですよね。
 そりゃ、組織の中では、色々と問題があったりもしますけど。
 その辺り、玄田はうまくコントロールしているみたい。
 あの殴り合いの喧嘩は、見ていて私も混ざりたくなっちゃう位なのでした。
 それで、タコ殴りにされる、と(^^;。

 元々は、本を巡っての喧嘩なんですもん、ちゃんとルールが有るのなら、そのルールの中で喧嘩しなくっちゃ駄目ですよね。
 じゃないと、柴崎だって安心して眠れません。
 …もう既に寝てましたけど(^^;。
 小牧も、何だかんだで、二人のこと、面白がっているとしか。
 妙に人間臭い人達ばかりなのが、この作品の魅力かな。

« ■アリソンとリリア 第7話「託された者たち」 | トップページ | ■To LOVEる -とらぶる- 第7話「男とはかくあるべし!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

図書館戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/41254783

この記事へのトラックバック一覧です: ■図書館戦争 第6話「図書隊ハ発砲セズ」:

» 図書館戦争 第6話「図書隊ハ発砲セズ」感想 [スターライト☆ステージ]
 始まった途端、誰かに追われて逃げている[E:run]郁と小牧教官たち。実は、「 [続きを読む]

« ■アリソンとリリア 第7話「託された者たち」 | トップページ | ■To LOVEる -とらぶる- 第7話「男とはかくあるべし!」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー