« ■アリソンとリリア 第4話「二人のいる世界」 | トップページ | ■紅 第4話「才物」 »

2008.04.25

■図書館戦争 第3話「小田原攻防戦」

 前回よりも、更に本格的な戦闘が始まりました。
 タスクフォースを全員投入しての戦闘は、見ていて息が詰まりそうになる位の緊迫感だったりして。
 凄いなあ。
 あれだけ派手な撃ち合いをしたら、そりゃ重傷者だって出ますよね。
 更には、死者だって。
 郁が所属しているのは、そういう部隊なんだ。
 今回は戦闘から外れてましたけど、郁を送り出した柴崎がいつもと変わらず普通だったのは、ある意味有り難かったです。
 もし、メインキャラの誰かが死んじゃったりしたとき、見ている私は耐えられるかしら。
 そういう覚悟も必要なんですよね…。

 それは、郁にとっても同じだよ。
 堂上のワガママとは言え、あれだけの戦闘の中で、郁が普通で居られたかっていうと、覚悟はまだまだ足り無いのかも。
 手塚にしたってそうですもん。
 経験不足は、命取りになりそうで。
 とりあえず、きちんとしたルールに基づいた戦闘ではあったみたいですけど…。
 ちゃんと落とし所もありましたし、ね。

 柴崎は、座学に続いて、介護の特訓にまで付き合ってくれます。
 優しいね。
 しかも、郁が暴走させた車椅子に巻き込まれて、何だか大変なことに…(^^;。
 でもまあ、事情を全てお見通しな柴崎のおかげで、郁がひねくれずに済んでいるのは確かなのです。
 いいお友達ですよねー。
 どっちが主役か分からない位だもの(笑)。

 私は最初、折口はメディア良化委員会のスパイなのかと思ったです(^^;。
 でも、用意していたヘリを貸してくれたりして、万全のバックアップ体制で。
 この人が居てくれたおかげで、お話が分かりやすくもなりました。

 次回、極限状態の中で、郁がどんな行動を取るのか、日野の亡霊はまだ彷徨っているのか、続きが凄く気になります。

« ■アリソンとリリア 第4話「二人のいる世界」 | トップページ | ■紅 第4話「才物」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

図書館戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■図書館戦争 第3話「小田原攻防戦」:

» (アニメ感想) 図書館戦争 第3話 「小田原攻防戦」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
図書館戦争LOVEamp;WAR 1 (1) (花とゆめCOMICS) 手塚からの告白に動揺する郁。検閲の歴史を収蔵した資料館が閉鎖──激戦が予想されるヘリ空輸作戦から、堂上は郁ひとりを外す。その真意はどこに…? 傷心の郁を残し、良化特務機関との大攻防戦が幕を開ける!... [続きを読む]

» 図書館戦争 状況〇三「小田原攻防戦」 [astroboy-nj's today NEXT]
ついに郁が実戦に飛び込む状況〇三「小田原攻防戦」。 [続きを読む]

» アニメ『図書館戦争』の感想/状況〇三『小田原攻防戦』 [空夢ノート]
I・Gらしい、カッコイイ戦闘シーンでした。 こーれーはー、見る価値ありっ!!私はあまり映画などの映像を見ないので、原作を読んでて一番イメージし難いのが、こういった戦闘シーンでした。 なので、今回楽しみだったんですよね。 アニメーションで見ると、想像以上に魅...... [続きを読む]

» 私の図書館□□! [許都賦 Volebam scire quid adepturus esses ex bello.]
状況3「小田原攻防戦」 手塚からの告白で動揺する郁が戦力外通告を受けて落ち込む。要人警護にまわされていた郁が襲 [続きを読む]

» 図書館戦争第3話「小田原攻防戦」 [アニメのストーリーと感想]
 ライブラリータスクフォースに配属された郁。男性と同じ特別訓練に挑んだ。そこで新人と して同じく配属された手塚光と出合った。頭脳・体力・射撃共にずば抜けた能力を持つ手塚 だが、郁の知識の無さに対して容赦の無い言葉を浴びせたが、教官の堂上は、郁の実力を 認め... [続きを読む]

» 図書館戦争 状況〇三『小田原攻防戦』 [アニメ-スキ日記]
手塚からの告白に動揺する郁 柴崎にいじられっぱなし 小田原攻防戦に出撃する図書特 [続きを読む]

» 図書館戦争 #3 [オイラの妄想感想日記]
手塚はいつから郁が好きだったんだろうか。 前からなのか、タスクフォース入ってからなのかね。 それが分かるだけでも手塚のキャラがより理解出来るよな〜。 [続きを読む]

» 図書館戦争 第3話「小田原攻防戦」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
突然の手塚の告白に郁はどう対応するのか・・・。「しばらく考えさせてくれ」麻子にもヘタレって言われちゃいましたが、好きな人に拘る郁の答えは・・・!?手塚からの告白に動揺する郁。検閲の歴史を収蔵した資料館が閉鎖──激戦が予想されるヘリ空輸作戦から、堂...... [続きを読む]

» 図書館戦争 第三話 [ぶろーくん・こんぱす]
 有害図書を検閲するためには人死にも厭わない、て辺りで既に狂ってるとしか思えない [続きを読む]

» 図書館戦争 状況〇三「小田原攻防戦」感想 [物書きチャリダー日記]
図書館戦争。今回の内容は・・・?別冊図書館戦争(1)早速感想。資料館が閉鎖。それに伴い図書隊が資料の押収を行う。しかし当然良化隊も押収したい資料があるわけで・・・。正面衝突と。めちゃくちゃ激しい銃撃戦始めちゃって、ヘリなんか持ってきて大丈夫なのか??な...... [続きを読む]

» Navigation80 小田原攻防戦 図書館戦争 [輝け心のプリズムNavi]
第三話 小田原攻防戦 顔ww [続きを読む]

» 図書館戦争 第3話 [ニコパクブログ1号館]
第3話『小田原攻防戦』 今回は、郁が突然手塚に告白されたところからですね。 それにしても、ホント突然だなぁ~。 今まで郁のことをあんなにも毛嫌いしてたのに、コロっと変わっちゃうんだから。 とりあえず郁の答えは、考える時間が欲しいか。 そら突然だし、少しくらい..... [続きを読む]

» 図書館戦争 状況〇三『小田原攻防戦』 [風庫~カゼクラ~]
やっと来ました、週末がっっ!!ということで再開1発目は 図書館戦争 第3話「小田原攻防戦」です。 やっぱ、面白いですねコレ。 [続きを読む]

» 交渉事としての戦闘 ~ 図書館戦争 第3話 [スナドリの巣]
デカい体育会系女にいたって興味のない自分にとってw、手塚はよくもまあ告白したなあという前回の幕切れだった、図書館戦争 状況〇三 「小田原攻防戦」です。 しっかし、郁は典型的なワカモノですね。 今回の突... [続きを読む]

» 図書館戦争 状況〇三「小田原攻防戦」 [ミルクレモンティー]
へタレ(・∀・)ニヤニヤ  柴崎(*´Д`)ハァハァ。成績も容姿も世間的に見りゃ100点に  近い(柴崎談)手塚からの付き合わないか発言に、即答できなか  った郁。乙女しまくる郁をからかう柴崎(*´Д`)ハァハァ 肌の手入れは欠かせんようだ。  そんな中...... [続きを読む]

» 図書館戦争〜第3話・小田原攻防戦 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
図書館戦争ですが、手塚に告白された笠原は動揺します。恋の相談にのった柴崎は「みなさ〜ん!ここに乙女がいます!!」と窓の外に叫びます。 個人の図書館の蔵書を引き取ることになりますが、敵に襲われる可能性があるのでタスクフォースが出動します。(以下に続きます)... [続きを読む]

» 「図書館戦争」第参話 〜正直に、汝は戦力にならないのだ〜 [混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜]
2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊し... [続きを読む]

» 図書館戦争 第03話「小田原攻防戦」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
図書館戦争 第023 「小田原攻防戦」 評価: ── 原則は状況によって左右されるべきではないと考えます 脚本 ... [続きを読む]

« ■アリソンとリリア 第4話「二人のいる世界」 | トップページ | ■紅 第4話「才物」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー