2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ■ハヤテのごとく! 第52話「RADICAL DREAMERS」 | トップページ | ■バンブーブレード 第26話「"それから"と"これから"」 »

2008.03.31

■true tears 第13話「君の涙を」

 いよいよ最終回。
 お話は深く静かに進みます。
 大袈裟な展開や言動は無くっても、みんなの気持ちや言葉が、じんわりと心に伝わって来る、そんな感じ。
 こういうのって、いいですね。
 白く冷たい雪だって、暖かそうに見えちゃったもの。
 雪はやっぱり、綺麗だよ。
 この作品は、そんな雪国の、季節は冬の中でのお話なのでした。

 眞一郎が比呂美と乃絵どちらの所へ行くのか、どちらを選ぶのか、その時になるまで全然分からなくって、そのバランスは絶妙でした。
 どちらを選んだっておかしく無かったと思うもん。
 比呂美はもう眞一郎が居なくても大丈夫そうだったけれど、乃絵は眞一郎が一緒に居ないともうバランスが保てない、そんな感じに見えたから、私は乃絵が選ばれるのかな、なんて思っていたけれど。
 実際には、比呂美の方が次の段階に進んじゃっていたみたい。
 そんな比呂美のこと、放ってはおけません。
 幼い頃からの想いは、やっぱり比呂美に向けられたみたいなのです。

 純が言っていたように、みんながみんな、自分が悪いと思っていたりもして。
 それはつまり、気持ちの整理は付いていたってことなのですよね。
 色々と遠回りはしたけれど、結論を出すべきときが来たっていう感じなの。
 乃絵は眞一郎を縛り付けるようなことは決して言わなかったし。
 でもでも、やっと完成した絵本を見せに来た眞一郎のことを拒絶した乃絵、取り付く島も有りませんでした。
 比呂美も、付き合おうって言った眞一郎に、いきなり「嫌!」って言っちゃうし。
 男の子も大変だ…。

 眞一郎のお父さんとお母さんも、昔は色々とあったのかしら。
 実は相当にドロドロとした男女関係とかが…!(^^;。
 二人、なかなか深い言葉をかけてくれましたあ。
 お母さんは、今までとは別人みたいに、比呂美に歩み寄ってくれたし。
 良かったね。
 眞一郎に対して、余計なことは言わなかったし。
 そういう所が、この作品のいい所だったりして。

 眞一郎は絵本、比呂美はバスケで気持ちの整理や切り替えをしつつ、みんなそれぞれ、落ち着くべき所に落ち着きました。
 純はやっぱり東京へ行ってしまったのですねー。
 スバルビルが見えるし、新宿駅西口ロータリーだあ。
 実際には、高岡方面からのバスって、あそこには到着しませんけど。
 なんてことはともかく、今日もまた地べたの所へ来て、眞一郎が石で書いた文字の名残を見る乃絵の後ろ姿は…。
 あれがtrue tearsなんだって、思わず納得してしまうような切なさが感じられたよ。
 シリーズの中盤、比呂美と乃絵の気持ちが分からなくなりかけたりもしましたが、お話の密度が濃くって、私の心に残る作品になりました。

 どーでもいいのですが、比呂美はどうして脚を180度開こうとしてたんだろ。
 次は、そのまま顔を地べたに付けるのに挑戦して欲しいかも(^^;。

« ■ハヤテのごとく! 第52話「RADICAL DREAMERS」 | トップページ | ■バンブーブレード 第26話「"それから"と"これから"」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

true tears」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■true tears 第13話「君の涙を」:

» truetears第13話「君の涙を」を見て… [A-MIX]
7話以降のレビューが止まっていますが、true tears最終回を見ていて矢も盾もたまらなくなり、ちょっと雑感を書かせていただきます。 [続きを読む]

« ■ハヤテのごとく! 第52話「RADICAL DREAMERS」 | トップページ | ■バンブーブレード 第26話「"それから"と"これから"」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー