« ■レンタルマギカ 第20話「鬼の祭り」 | トップページ | ■true tears 第8話「雪が降っていない街」 »

2008.02.25

■キミキス pure rouge 第20話「uncontrollable」

 「俺、馬鹿だから」。
 何げにこれが、一輝の決めゼリフになってるみたい。
 微妙に情け無いけれど…。
 瑛理子相手には、結構効果的だったみたいなのです。
 あの短い時間で、瑛理子を笑わせたり泣かせたりしたのは、結構凄いよ。
 泣いてないってば、みたいなシチュエーションに持って行っちゃいましたもん。
 瑛理子は、明日夏の真っ直ぐな気持ちと問いかけに、ずっと遠慮していたような所があったし。
 さてさて、二人の関係、これからどうなるかしら。
 もう既に、明日夏の関知出来ない状態まで進んじゃってるような…。

 そして、瑛理子と同じく、ずっと自分の気持ちから逃げ出そうとしていた摩央。
 本当に、光一の前から居なくなろうとしているみたい。
 とりあえずは、同居の解消から…。
 まあ、それも一つの方法だとは思います。
 後は、光一がしっかり気持ちの整理を付けられるか、ですよね。
 摩央を泣かせないっていうのは、幼い頃の約束だったみたいだし。

 栄二は、ショックの中でも、ちゃんと色々なことを考えていたみたい。
 自分のことも、摩央のことも。
 大人だよ。
 バイト先に、ちゃんと遅れるって電話を入れていたのも、律義な性格が出ていました。
 この人は報われて欲しいなあ。
 摩央とはお似合いだって思うもの。
 だって、光一と摩央とじゃ、良くも悪くも幼馴染みだから…。

 そうそう、マンションのベランダから一輝の姿を見付けた瑛理子の、どうしていいか分からなくなってうろうろ取り乱していた姿、何だかやけくそに可愛かったです。
 あの状態のまま一輝が訪ねて来たら、二人、一体どうなっていたのでしょうね(笑)。
 一輝は確かに、菜々が言うみたいに格好いいし。
 でもでも、光一だって負けてませんよお。

« ■レンタルマギカ 第20話「鬼の祭り」 | トップページ | ■true tears 第8話「雪が降っていない街」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

キミキス pure rouge」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■キミキス pure rouge 第20話「uncontrollable」:

» キミキス pure rouge #20 「uncontrollable」 [ゼロから]
冒頭に出てきた公園は、昭和記念公園でしょうか。缶ジュースをそっと差し出す甲斐の優しさに水澤摩央は、ほろりときてしまったのでしょうね。 [続きを読む]

» キミキス pure rouge #20 [沖磨純雲 -おきまもとん-]
#20『uncontrollable』「何も聞かないんだね。聞きたくもないよね、私のことなんか」喋ってくれなかった奴が何を言うかw聞いて欲しいときだけそんな、自分はかわいそうな人間です。みたいな態度を取らないでください。... [続きを読む]

» キミキス pure rouge 第20話「uncontrollable」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
キャラの絵柄が変わりすぎて吹いた「キミキス pure rouge」第20話。うるし原やりんしんが原画に入ったかと勘違いした。 作監の富岡寛、矢向宏志コンビは第6話と13話にも入っているが、こんなキャラにはしていなかった。二人作監って理由だけでは説明つかず、敢えてキャラ表無視OKで開き直ったのかもしれない。 どんなにテコ入れしたくてもシリーズ構成とシナリオ・絵コンテは動かせないから、制作で頑張るしかないのだろうけれども変な力の入れ方だなあ。 サブタイの「uncontrollable」も含蓄深くて... [続きを読む]

« ■レンタルマギカ 第20話「鬼の祭り」 | トップページ | ■true tears 第8話「雪が降っていない街」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー