« ■バンブーブレード 第14話「さとりんの決意ともぎゅもぎゅ」 | トップページ | ■破天荒遊戯 第1話「永遠のともしび」 »

2008.01.08

■PERSONA - trinity soul - 第1話「特A潜在」

 人間の体がリバースしちゃってるのって、言葉だけじゃ良く分からないや。
 画面で見せてくれればいいのにな。
 …あ、やっぱり見せなくっていいです。
 リバースし始めた段階で、大体分かりましたから…。

 警察署長の諒が最前線で飛び回っているのは、ああいう能力を持っているからなのですねえ。
 洵が心配していた雑用とかも、ちゃんとやっているのかは定かではありません。
 そして、部下に状況の説明すらしない、困った所長さんなのです。
 まあ、あれは説明出来ません。
 にしても、マンションにかくまっていた女性が襲われちゃって、普通の人間じゃガードし切れないのは明らかなのに、ちょっと酷いような気が。
 えーと、場所さえ特定されなければ、隠し通せてるっていう判断だったのかしら。

 でも、諒ってなかなか憎めない人なのです。
 女性はしっかりガードしたし。
 弟達への接し方も、ぶっきらぼうではあるけれど、結構な愛情を感じちゃったりするよ。
 ご飯やお風呂の心配だって、ちゃんとしてくれたし。
 家族としての共通認識は、10年経っても、しっかり守ってくれてて。
 ああいう人って、私は好きだな。

 慎と洵は仲良しさんで、勿論それも有りなのですよー(笑)。
 双子の妹さんは、今もちゃんと存在していたみたいですけど、そこはまだいっか。
 情緒不安定(笑)な慎を支える、シッカリ者の弟君ってことで。
 諒と慎がぎこちないとするなら、それはむしろ慎の問題みたいなのです。

 いかにも何かの能力を発動しそうな雰囲気だった慎、自分からそのきっかけを作っちゃったみたい。
 これによって、兄弟の関係はどうなるのでしょう。
 続きが楽しみですね。

 あ、空港のシーンで、LRTらしき電車が窓の外に見えてましたねー。
 …ちょっと窓に接近し過ぎじゃない?。
 微妙に怖かったりしましたよお。
 慎と洵が、あれに乗って家に帰ったのかは不明なのです。

« ■バンブーブレード 第14話「さとりんの決意ともぎゅもぎゅ」 | トップページ | ■破天荒遊戯 第1話「永遠のともしび」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■PERSONA - trinity soul - 第1話「特A潜在」:

» (アニメ感想) PERSONA -trinity soul- 第1話 「特A潜在」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ペルソナ3フェス(アペンドディスク版) 北陸の新興都市・綾凪市へとやってきた神郷慎と弟の洵。それは、両親を亡くして以来10年ぶりの帰郷だった。若き警察署長である兄・諒との再会を喜ぶ暇もなく、連続発生している猟奇事件に巻き込まれてしまった慎は、生命の危機に、秘...... [続きを読む]

» PERSONA#1「特A潜在」 [Sweetパラダイス]
実家のアニマックスで見ました綾凪市の警察所長である神郷諒は潜水艇の中からこつ然と姿を消した乗組員の消息と高校生が無惨な姿となって殺されていくリバース事件を追っていた。兄の諒が住む綾凪市に10年ぶりに戻ってきた神郷慎とその弟の洵。この兄弟仲が悪いのかしら...... [続きを読む]

« ■バンブーブレード 第14話「さとりんの決意ともぎゅもぎゅ」 | トップページ | ■破天荒遊戯 第1話「永遠のともしび」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー