« ■ナイトウィザード The ANIMATION 第13話「ハッピー・バースデイ」 | トップページ | ■Myself;Yourself 第13話「きずな」 »

2007.12.27

■BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第13話「Rosmarinus」

 30年後。
 戦争はまだ続いていて、地球人もしっかり生存しているみたいです。
 科学力にあれだけの差があったけれど、ツバエルとアザナエルが何らかの手を貸してくれたのかしら。
 あれだけ丁々発止の口喧嘩が出来ちゃう二人、そうそう居ませんもん、一緒に居ないと勿体無いですよねー。
 二人、全然歳を取ってないみたいだし、地球人とは寿命が全然違うんだ…。
 みち子は二つの星の架け橋になるべく、頑張っています。

 いよいよ最終回。
 ぎりぎりまで目が離せない展開が続いて、残り時間がもう気になって気になって仕方が無かった私なのです。
 とんでもない所で終わってしまったら、どうしようかなって。
 そんなことは、全然ありませんでしたあ。

 本当に、ずっと、ずーっと、目の離せない展開が続いたよ。
 みんなそれぞれの、ストレートな気持ちが正面からぶつかって来て。
 萩乃はシバリエルに特攻をかけて、そのまま…。
 ジェノサイドモードなんて趣味の悪い装備を相手に、満身創痍のブルーで立ち向かうには、ああするしか無いですもんねえ。
 ツバエルをオノミルと同じ目に合わせる訳には行かないから、萩乃が緊急脱出装置を作動させて射出。
 あれは、ツバエルも凄く辛そうで。
 でも、丁寧にお別れの挨拶をする萩乃に、見とれてしまった私なのです。

 お芝居は早々に中断しちゃったけれど、他ならぬみち子が萩乃のことをちゃんと分かってくれていたから、結構救われました。
 マリじゃ無くって、みち子がそう言ってくれたのは、嬉しかったよ。
 ツバエルも、物凄く申し訳無さそうだったし。

 上空の円盤から、少女達が降りて来る様子は、何だか見ていて妙でしたけど、その少女がいきなり攻撃して来るんじゃ、そんな呑気なことも言ってられません。
 話し合いの余地は全く無く、いきなり攻撃なんですもん。

 そうそう、同じ船繋がりで、リアルに描かれたフェリー「さんふらわあ」の印象は、やっぱり凄く強いです。
 ブルーはボトムにスラスターがあったりして、普通のお船じゃありませんけど。

« ■ナイトウィザード The ANIMATION 第13話「ハッピー・バースデイ」 | トップページ | ■Myself;Yourself 第13話「きずな」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

BLUE DROP ~天使達の戯曲~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第13話「Rosmarinus」:

» BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 第13話 「Rosmarinus」 [SeRa@らくblog]
開始された異星人の総攻撃。 海鳳祭で戯曲『オルレアンの少女』が開幕…。 舞台が終わるまでは、ツバエルは一人BLUEで応戦に出るが――。 終わりを告げる世界… 未来に種を撒いた、一輪の薔薇。聖女ジャンヌのごとく…... [続きを読む]

» BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 第13話 「Rosmarinus」 (終)観賞〜^^ [まごプログレッシブ:Part2〜Scenes From A Memory〜]
百合SF/(^O^)\オワタ 最終話を観賞しました〜^^ [続きを読む]

» BLUEDROP〜天使達の戯曲〜第13話「Rosmarinus」感想 [物書きチャリダー日記]
ブルードロップもとうとう最終話。このアニメも先がわからないな・・・。【送料無料選択可!】BLUEDROP〜天使達の戯曲〜Vol.1/アニメ早速感想。とうとう地球侵略。目的は証拠隠滅か。演劇はやっぱり実現せず・・・。萩乃は最後に出撃。若竹に一方的な別れを告げて・・・。...... [続きを読む]

» BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第十三話 [ぶろーくん・こんぱす]
 萩乃が宇宙人であることを知ってしまい、不安を覚えていたミッチー。しかし、マリと [続きを読む]

» 『BLUE DROP』 第13話 催涙END [リリィ伯爵のチェキラ☆]
            最終回    『BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 』 「ああああああああああああ あああああああああああああ あああああああああああああ !!!!!!!!!!!!」 ... [続きを読む]

« ■ナイトウィザード The ANIMATION 第13話「ハッピー・バースデイ」 | トップページ | ■Myself;Yourself 第13話「きずな」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー