2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ■ef - a tale of memories. 第12話「love/dream」 | トップページ | ■しゅごキャラ! 第12話「悲しみのクリスマス・イブ!」 »

2007.12.23

■ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話「歩き出そうよ」

 真由がわざわざネバーエバーランドへ来たのは、そこで死んじゃうつもりだったから、みたいですけど…。
 それって、ストーリーの中で、あんまり機能してないみたい。
 麗華がサキュバスとして覚醒したことも、別人格の出現の中で、結局は峻護と保坂の戦いになってしまったし。
 何だか勿体無いなあ。
 この作品、素材は悪く無いと思うのですけど、見せ方がイマイチ面白く無いとゆーか。
 中途半端なんですよねえ。

 ともあれ、みんなの生活、元通りになりました。
 お約束ですけど、それはそれで私は嬉しい。
 真由はもう、男の子に慣れる特訓、別に必要ないよね。
 それより、相手に致命傷を与えずに精気を吸う特訓をした方がいいと思うぞ。
 麗華は、もう一人の自分と共存が出来るように…。
 それはもう出来てるの?。
 サキュバスの能力とか、どうなっちゃったんだろ。
 全体的には、サキュバスだからどうこうっていうお話にはならなかったですね。
 まあ、そこは別にいっか。

 真由と麗華がキスすることになっちゃって、真由が私はノーマルなのに、みたいなことを必死に訴えていたのは可笑しかったです。
 ちなみに、このリレー方式なら、真由が精気切れになることも、峻護が生命の危機に陥ることも、無いんですよね。
 これで、今後も三人が一緒に居る理由は出来ましたあ。
 涼子と美樹彦の考えていることは、どうもさっぱり分かりませんが。
 最後に保坂が言った、ご愁傷さま二ノ宮くん、の台詞が、聞いてて何だか目茶苦茶恥ずかしかったりとかもして。
 こらあ!。

 あ、私はEDの「ふれふれっぽんぽん!」が凄く好きでした。
 曲も動きも表情も、みんな好き。
 本編も、もうちょっとだけ、記憶に残るようなお話だと良かったのにな。

« ■ef - a tale of memories. 第12話「love/dream」 | トップページ | ■しゅごキャラ! 第12話「悲しみのクリスマス・イブ!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ご愁傷さま二ノ宮くん」カテゴリの記事

コメント

犬塚志乃さん☆

 早速、犬塚志乃さんの記事、見て来ました。
 楽しかったです。
 愛が感じられて、読んでいた私も幸せな気持ちになって。
 本当、この作品の楽しさを再確認しちゃいました♪。

 サキュバス関係の設定は、突き詰めて描こうとすると、どんどんダークな方向へ進んでしまうっていうのも納得で、アニメがそこまで踏み込まなかったのも、それなりの判断があったのですねー。
 エロコメ風味は、微妙に増幅され過ぎ、だったかも。
 あわわ。
 毎回のラストは、もっと落ち着いた感じが良かったのにな、なんて思ったりしてます。

 シリアスパートにはかなり興味が有りますが、読むのはちょっと怖いような気も…。
 ぬくぬくな私でも耐えられるかしら。
 とりあえず、原作の1巻を読んでみますね!。
 そのきっかけを下さった犬塚志乃さんに、感謝です☆。

 アニメはコメディ色を強くしたために
原作のシリアスな部分が使えなくなりました。
 真由ちゃんの過去はシリアスパートなので
使えません、それで原作とはややちがう感じ
になりました。
(あの性格になったのも一応理由があります)
 
 管理人様が抱かれた半端な印象もここから
来ていると思います。
 
 私は原作3巻を読んで真由ちゃんのイメージ
が変わりました。
 でも、これもシリアスな内容なのでアニメで
は使われませんでした(汗
 というか3巻の内容はかなり「うげっ」なの
ですが麗華お嬢様と真由ちゃんを見る目が絶対
に変わります。良い方へ。

 原作はけっこう地味で固い文章です、なので
エロコメみたいな印象はあまりないです。

 実はサキュバスや精気を吸う~等の描写に
ついては、かな~り説明不足です^^;
 

 まぁ、自サイトで二ノ宮くん、について
書いていますので、よろしかったらどうぞ、
です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話「歩き出そうよ」:

» ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話 「歩きだそうよ」 [SeRa@らくblog]
ネバーエバーランド――10年前閉鎖されたテーマパーク。 峻護は真由をそこで見つけ出す。 子供時代あった事件、峻護と真由が記憶を無くし、麗華が別人格を作るにいたった理由。 峻護は再び選択を迫られる…。 サー... [続きを読む]

» ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話 「歩き出そうよ」(最終回) [れ〜な♪の日記]
ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話 「歩き出そうよ」(最終回) 見ました 最終回です。 終わっちゃいましたね。 [続きを読む]

» アニメ「ご愁傷さま二ノ宮くん」最終話。 [ぎんいろ。]
最終話「歩き出そうよ」 ネバーエバーランドに辿り着いた峻護達。10年位前、オープン当初は賑わっていたものの、その後ぱったりと客足が途絶えてしまい閉園してしまった。……何故あんなイメージキャラクターなわけ?子供には間違いなく受けないわな。私はそんな嫌いじゃないけどw 園内へは1人で足を踏み入れ、そして真由と遭遇した峻護。明かされる過去。 麗華と別れて、真由は寂しくて、それでも峻護は優しかった。しかし真由は、サキュバスとして覚醒してしまった。 多分その頃から峻護の事が好きで、精気を吸う事は出... [続きを読む]

» (アニメ感想) ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話 「歩きだそうよ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ご愁傷さま二ノ宮くん 限定版 第1巻 真由を見つけ出した峻護。そこで、彼女の口より驚くべき過去が明かされる。そして・・・。 [続きを読む]

« ■ef - a tale of memories. 第12話「love/dream」 | トップページ | ■しゅごキャラ! 第12話「悲しみのクリスマス・イブ!」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー