2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ■もっけ 第4話「ワライヤミ」 | トップページ | ■プリズム・アーク 第4話「騎士たちの誇り」 »

2007.10.29

■バンブーブレード 第4話「ピンクとブルー」

 前回の分、だよ。
 先週のこの辺りから、私のスケジュールがめためたになって、アニメ見ている余裕が全く無くなったりとかしたのでした。
 録画がずんずん溜まっていくと、頭が痛くなって来て、日常生活にも影響が…(うそ)。

 剣道部の活動がかったるくてたまらないらしい都、剣道をやる気にさせるのは、珠姫以上に難しそうなのでした。
 段十朗への愛だけじゃ、持ちそうにないし。
 学校があるとき、朝から防具を付けるのは、確かに嫌ですよねえ。
 面には独特の匂いがありますもん。

 さすがにもう限界かと思ったら、虎侍が顧問らしさを見せてくれて、都を説得してしまうのでした。
 都のこと、ちゃんと分かっていたのですねん。
 都が悪人だってこと、見抜いてたんだあ。
 いえ悪人とゆーか…。
 段十朗も、分かってるっぽいような。
 ピンクが実はブラックだって。
 都自身も、剣道に面白さを見出し始めてるみたい。
 …外川にならないよう、周囲は気を付けて下さいね…。

 鞘子も、何だか良く分からないまま戻って来たよ。
 都との関係も改善して、これで部内に心配事は無くなりましたねん。
 えーと、女子部員、まだ一人足り無いんでしたっけ…?。

« ■もっけ 第4話「ワライヤミ」 | トップページ | ■プリズム・アーク 第4話「騎士たちの誇り」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バンブーブレード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■バンブーブレード 第4話「ピンクとブルー」:

« ■もっけ 第4話「ワライヤミ」 | トップページ | ■プリズム・アーク 第4話「騎士たちの誇り」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー