« ■ななついろ★ドロップス 第6話「やさしさいろの夕焼け」 | トップページ | ■もえたん 第5話「小さな思い出」 »

2007.08.07

■瀬戸の花嫁 第18話「肉体の門」

 水を被っても、なかなか人魚の姿には戻らない明乃、凄いです。
 根性です。
 蓮なんかは殆ど平気みたいだけれど…。
 あれは、若いコには辛いんだろうな。
 明乃の説明と例え話は、何だか良く分からなかった(^^;。
 わざわざ修学旅行で特訓とかしなくてもいいと思うけれど、普段は燦と明乃の接点が無いですもんねえ。

 というわけで、修学旅行です。
 出発前日に、郷三郎から明かされました。
 えーと、私なんかも突発的に旅に出て、友人に呆れられたりとかするけど…。
 これは酷い。
 自由行動の相談とか、何にも出来ないですよお(^^;。

 燦がお風呂の問題を永澄に切り出したのも、新幹線のデッキだったりとかして。
 行先はやっぱり京都なのですねん。
 JR東海の駅名板はしっかり描写していても、さすがに京都駅のアナウンスまでは再現出来ていませんでした。
 残念です(笑)。

 明乃はいつも、人を寄せ付けない雰囲気を漂わせているけれど、決してそうではありませんでした。
 そういう所は、転校を繰り返して来た普通の女の子、なんだもん。
 職業柄、疑り深いのは仕方無いですー。
 永澄は、明らかに明乃を庇っていたから、陥れようとしたっていう誤解、早めに解けて良かったね。
 永澄ってば、何げに好感度をアップさせてます。

 巡には、はっきりとフラグを立ててしまった…。
 告白とか、している場合じゃ無いですよ?。
 大丈夫なのかあ(^^;。
 巡さん、眠れなくなっちゃってます。
 巻の出番も久しぶりだったけれど、巡のそういう描写もご無沙汰で、すっかり忘れていましたよお。

 お風呂の正しい入り方を実演していた三河海。
 あれを見ていて、そういえばフェリーの大浴場には、正しいお風呂の入り方の説明が、四か国語位で掲示されていたっけ、なんてことを思い出したのでした。
 日本人だって、マナーの分かっていない人が居るんですもん、文化の違う外人さんには、なかなか分かって貰え無いでしょうね。

 次回は留奈が合流するみたいで、これは楽しみなのですよん。

« ■ななついろ★ドロップス 第6話「やさしさいろの夕焼け」 | トップページ | ■もえたん 第5話「小さな思い出」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

瀬戸の花嫁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■瀬戸の花嫁 第18話「肉体の門」:

» 瀬戸の花嫁 第18話「肉体の門」 [SERA@らくblog]
突然、明日修学旅行と言われやってきました京都。 しかし明乃さんの人魚試験は継続中。 フィギュアから復活した巻も来てるし平穏には終わりません… サブタイから悩ましいですが(笑) 巡ちゃん暴走と、明乃さんの個人指導が... [続きを読む]

» 瀬戸の花嫁 第18話 「肉体の門」 [神奈川辺境交通(かなへん)]
日本に京都があって良かった。 [続きを読む]

» 瀬戸の花嫁 第18話「肉体の門」 [紅蓮の煌き ]
瀬戸の花嫁 第18話キャプ感想です♪ 今回は完全に明乃のターン♪ でも実は閣下のターン♪ それは唐突にやってきたイベント也。 [続きを読む]

» 瀬戸の花嫁 第18話 [おちゃつのちょっとマイルドなblog]
瀬戸の花嫁第18話、「肉体の門」。 突然の修学旅行で京都へ。しかし燦は人魚なため風呂のことが気がかり。もちろん明乃も同行、人魚試験は続いており...といった内容。 [続きを読む]

» アニメ感想 〜瀬戸の花嫁 第18話〜 [紅日記〜ベニッキ〜]
肉体の門 突然の修学旅行、行き先は京都 賑やかな永澄達のボックスとは対照的に空気が重苦しい海達のボックス、悩ましい(笑) 到着 仁王門→清水寺 ヘルメッツのない猿は・・・Ω\ζ°)チーン 永澄の浮気 段々と空気と化していらない子になりつつある気がするのですが巻GJ!! 濡れ濡れ明乃、悩ましい(笑) 旅館 燦の誠意で明乃の永澄に対する誤解は無事解決 しかし、もしかして悩まし番長も永澄さんを・・・? 一枚向こうのパラダイス 「いい声いただきましたー!..... [続きを読む]

» (アニメ感想) 瀬戸の花嫁 第18話 「肉体の門」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
瀬戸の花嫁 第2巻 初回限定生産盤 修学旅行へ出発することになった永澄達。しかし、人魚である燦は皆でお風呂に入らなければならないからと、不安な表情を覗かせる。しかも、修学旅行中も明乃の人魚試験は絶賛続行中・・・。さらに、ちゃっかり巻も燦に同行していており・...... [続きを読む]

» 瀬戸の花嫁 第18話 [パズライズ日記]
今回はいきなり京都に修学旅行に出発するお話でした。 前日告知とは無茶にも程があります(笑)。 その張本人の豪三郎は、引率教師のくせにはしゃぎすぎですよね。 いきなり前日告知で京都に修学旅行、準備大変だったでしょうねぇ。 職員会議は大概寝てるという豪三郎....... [続きを読む]

» 波乱曲折 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
瀬戸の花嫁 第18話 まったく勢いの落ちる事のない作品だなぁ。レビュー止めた作品の時間をこちらにまわそう。 [続きを読む]

« ■ななついろ★ドロップス 第6話「やさしさいろの夕焼け」 | トップページ | ■もえたん 第5話「小さな思い出」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー