« 住吉→東京 | トップページ | ■きらりん☆レボリューション 第68話「ホラ~ッ!妖怪バスター出動チュー!」 »

2007.07.30

■ぽてまよ 第7話「2月と言えば節分と」第8話「くさめの朝」

 バレンタインで苦労するのはみかんなのかと思ったら、意外にもぽてまよの方なのでした。
 無道も苦労してましたけど、それはいつものことですものね。
 お気の毒な話です。
 無道とぽてまよ、同じクラスで、あんなに近くに居るのに、接点が全くありません…。 いつの間にか、ねねの奴隷になってるし。
 一体、どこをどーすれば、あれがそうなるんだろ。

 ちなみに、無道はチョコレートを渡すのに苦労して、ぽてまよはチョコレートの入手に苦労していたのでした。
 言葉がうまく喋れなくって、気持ちをうまく伝えられないっていうのは、もどかしいですよねー。
 素直のおとーさんには、振り回されちゃうし(^^;。
 ちなみに、おケツに噛み付いてるぽてまよの図、っていうのが、私は何か好きでした。
 今夜はカレーだよ(^^)。

 みかんは、男子が体育で居ない間に、机の中にチョコレートを…。
 あ、それって、中学のとき、うちのクラスでもやってたっけ。
 懐かしいなあ。

 次は、どきどき☆風邪っ引きの巻。
 プリンの踊りって、ミルモに出て来そうな踊りだなあ。
 おケツとほっぺは、凄く大事なんだもん。
 体調最悪で寝ていても、テレビでそれが流れると、とりあえず起きて踊るぽてまよは根性あるです(^^)。

 素直は真面目なので、とりあえず学校には行かなくっちゃいけません。
 あれは心配ですよねー。
 ぽてまよも何だか弱気になって、素直に縋り付いていたし。
 午前中だけで帰して貰えて、良かったね。
 謎なのは、「昼飯食ったら、今日はもう帰っていいぞ」の部分。
 あそこの学校って、別に給食が出る訳じゃ無いですよね。
 なら、お昼ご飯は家で食べてもいいのに。

 みんなが賑やかにお見舞いに来てくれて、素直もぽてまよも、本当に愛されているのでした☆。

« 住吉→東京 | トップページ | ■きらりん☆レボリューション 第68話「ホラ~ッ!妖怪バスター出動チュー!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ぽてまよ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ぽてまよ 第7話「2月と言えば節分と」第8話「くさめの朝」:

» ぽてまよ 第04話「2月と言えば 節分と / くさめの朝」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
ぽてまよ 第03話 「2月と言えば 節分と/くさめの朝」 評価: ──罪ならとうに犯している 君を愛してしまった瞬間から 脚本 池見友太 絵コンテ 池端隆史 ... [続きを読む]

« 住吉→東京 | トップページ | ■きらりん☆レボリューション 第68話「ホラ~ッ!妖怪バスター出動チュー!」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー