« ■味楽る!ミミカ 第132話(アニメ第87回)「ここ夏☆ココナツ」 | トップページ | オーシャン東九フェリーの旅、かも »

2007.07.18

■ドージンワーク 第3話「第3刷『私…うれごろ?』」

 なじみの同人誌、出来ました☆。
 って、はやっ。
 既に印刷まで終わってるし。
 原稿が上がった時点で、露理に見て貰えば良かったのにね。
 既にもう、露理の関知出来ない所まで、なじみは突っ走っちゃってます。
 それじゃ確かに、紙を褒める位しか出来ないのです。
 ジャスティスも、同じく。
 ジャスティスには、売れる本のポイントの相談をしてましたけど…。
 とりあえず、愛、っていうのは伝わっていたみたいだよ。
 にしても、あれは西武の車内で話すようなことなのでしょうか(^^;。

 本のタイトルは「Love typhoon」で、作者は「ビューティーラヴ」。
 オリジナルみたい。
 にしても、やっぱり恥ずかしいよね。
 自分でエロ本って言ってるし(^^;。
 部数は30部で、1冊500円。
 1,000万円を目指している割には、現実的な数字かも。
 印刷代とか、色々とお金もかかってるんだろうなあ。

 ともあれ、1冊は買って貰えて、あそこまでピュアな反応だと、お客さんだって嬉しいかもね。
 抱き締めて貰えるサービスは、本当に本を気に入って買ってくれた人にだけ実施しております(笑)。
 これでなじみは、ますます深みにハマって行ってしまいそう。
 露理も少しは止めてあげなよー。
 なじみを引っ張り込んだ張本人なのに、すっかり放置状態なんだもん(^^;。
 ずっと勘違いをしたままのジャスティスのことも…。
 まあ、あれはあれで楽しそうだから、いっか。

« ■味楽る!ミミカ 第132話(アニメ第87回)「ここ夏☆ココナツ」 | トップページ | オーシャン東九フェリーの旅、かも »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ドージンワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ドージンワーク 第3話「第3刷『私…うれごろ?』」:

» ドージンワーク 第3話 第3刷「私…うれごろ?」 [CrossChannel.jp]
第1話と同じ石神井公園駅横の踏み切りから。 電車内にはジャスティスとなじみ。 なじみに対する羞恥プレイは無かったものの、今回はジャスティスの勘違いオチ。 まあ、同人誌で儲けようと意気込むなじみ自身が羞恥の存在なのだが。 なじみ苦心の同人誌制作を露理が弄るものだから、産みの苦しみ・産んだの?・相手は?・客?・援交?でジャスティスの勘違い。 同人誌のネタを訊いたジャスティスの答え「愛」を信じた結果が「ラブタイフーン」でペンネームは「ビューティラヴ」 30部だけ刷って即売会へ。そこに存在す... [続きを読む]

» ドージンワーク 第3話「私…うれごろ?」 [SERA@らくblog]
なじみ出来ちゃいました!(初の同人誌が) 出来たのは子供だと勘違いしまくるジャスティス。 ロリだけど純情なんですね(笑) でも、なじみと同じ大学生には見えないけど… そんなジャスティスから売れる本に大事なも... [続きを読む]

» ドージンワーク 第3話 『第3刷「私・・・・うれごろ?」』 [独り言の日記]
 アニメパートのみです。  今回はなじみがついに同人誌を完成させ、そして・・・即売会で売りにいくお話。  前回では書くジャンルを決め、結果的に悲惨な目に遭ったなじみ。  2話では何かを失ってまで書き上げ、初出版。その成果は出るのか?  今回もやっぱりエッチぽいですwww    冒頭ではなじみの今回の意気込みが感じられる。  それを冷やかす露理。  なじみはやはり同人誌=「金儲け」←そのような空想愚幻化の絵柄しか見えていないのであろうか。一方の露理はまあマイペース。なじみを色ん... [続きを読む]

» ドージンワーク/3話 私…うれごろ? [てけと〜な日記]
ドージンワークの3話 [続きを読む]

» (アニメ感想) ドージンワーク 第3話 「私…うれごろ?」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ドージンワーク 第1巻【初回限定版】 同人誌を描くことを決意したなじみ。同人界の先輩であるジャスティスにアドバイスを求め、ついに完成させるのだが・・・。 [続きを読む]

» レビュー・評価:ドージンワーク/第3刷 「わたし……うれごろ?」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 25 / 萌え評価 17 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 5 / お色気評価 20 / 総合評価 13レビュー数 120 件 絵が下手ななじみも、なんとか奮闘し、初の同人誌を完成させる。 初めて自分で参加する即売会に意気込むが、本のクオリティ、ペンネームのセンスのなさに、仲間たちは動揺する。 そして、他のブースが着々と売り上げを伸ばす中、なじみの本は全く売れない。 そんな時、なじみが同人誌ショップで出会った男・星純一郎が現れ、なじ... [続きを読む]

« ■味楽る!ミミカ 第132話(アニメ第87回)「ここ夏☆ココナツ」 | トップページ | オーシャン東九フェリーの旅、かも »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー