2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ■らき☆すた 第13話「おいしい日」 | トップページ | ■ななついろ★ドロップス 第1話「運命はなにいろ?」 »

2007.07.03

■この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ 第13話「約束の日」

 凜奈って、やっぱり影が薄いような気がするのですよね。
 それでもやっぱり、この作品としては重要な女の子だったみたい。
 にしても、転校して来たときといい、今回の合わせ石といい、凜奈は茜の影の存在みたいで…。
 絶対、凜奈よりも茜の方が印象強いもの。
 茜の出番は、たったのあれだけなのに…(^^;。
 航や隆史との掛け合いは、すっごく楽しいし。
 航の三つの質問って、結局何だったんだろ?。

 凜奈がつぐみ寮に来た理由も、説明されましたねん。
 お父さんが別の女性と同居してたりしたこともあって、最初はあんなに挑戦的だったんだなあ。
 そのわだかまりも、とりあえずは解消したみたい。
 わざわざ会社へ会いに行くっていうのは、それはそれで相手が可哀想っていう気もしなくはありませんけど…(^^;。

 最後はいよいよ卒寮式です。
 寮生だけの、みんな手作りの卒寮式。
 島に残るのは、航と沙衣里だけになっちゃいました。
 本当にみんながひとつになって、必死になって運営してきたつぐみ寮とも、いよいよお別れ。
 海己は勿論、奈緒子まで泣いちゃっていたのも、分かる気がしますです。
 色々な思い出が詰まっているんですものね。

 つぐみ寮へと続く長い階段も、一緒に色々なお話をするのには、凄くいい場所だったみたいで。
 私もあの階段、登ってみたくなっちゃいました。
 そして、いつかみんなが再会するときのことを、楽しみに想像しつつ…。

 私としては、航の幼馴染みの海己が、断然好きでした。
 どうみても主役タイプな女の子ですし。
 エピソードとしては、宮穂も好きだったな。
 静は両親側の事情に重点を置き過ぎて、静本人のお話って感じがしなかったのは、ちょっと残念だったです。
 そういえば、航はピアノの前に座っていたけれど、航ってピアノが弾けたりするのかな…?。
 最後にちょっとだけ疑問が出来ちゃいました。

« ■らき☆すた 第13話「おいしい日」 | トップページ | ■ななついろ★ドロップス 第1話「運命はなにいろ?」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~」カテゴリの記事

コメント

Sasaki Hiroakiさん☆

 最終回で、いよいよみんながつぐみ寮とのお別れを迎えましたね。
 特に未来へ向けてのメッセージは無かったですし、実際に島を離れて行くシーンも無く、つぐみ寮での思い出を記録したような形で、アニメは終わりました。
 それはそれで楽しかったです。
 一人に2話を充てた構成も、私は結構好きでしたし。
 色々と一直線に進んでしまって、背景とか、描かれないままの部分も多かったみたいで、それはやっぱりゲームをするしか無いのでしょうね。
 凛奈の印象が凄く弱いのは、あれれ?、みたいな感じですし。
 さえちゃんは、本人が言ってたように、奈緒子が理想だけれど、どうもうまくいかなくって今の状態にある、みたいな感じが最高でした(笑)。
 全編、それなりに出番がありましたしねー。
 島に残った航とさえちゃんは、今、どんな感じで暮らしているのでしょうか…。

 ちなみに、私は日によって生活時間ががらりと変わりますが、結構元気にやっています。
 お気使い、本当にありがとうございます(^^)。
 頑張りまあす。

 どうも、おはようございます。C.Mayaさん。Sasakiです。とうとう「この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~」も、最終回になりましたね。他所で確認したら、前半、凛奈の話しを持って来たのは、中途半端で後味が悪いとか書かれてましたけど、それは微妙に的を得ているかも・・・・・・。凛奈は茜の影の存在ですか、それも微妙に的を得ているかも・・・・・・です。もしかして、茜が島にやって来たのは、合わせ石の相手を探す為だった?そして、茜はその相手が航だと、既に知っているとか?このお話し、ゲームの元ネタを踏襲しているせいか、オリジナルでそういう部分までは突っ込んでいかないんですよね・・・・・・。取り敢えず、こんにゃくの一番正しい楽しみ方は、さえちゃんのダメダメっぷりを、毎回見て楽しめって事だったんでしょうか(笑)?それにしても、C.Mayaさんは毎日、強行軍的な生活を送っていられるのですね・・・・・・。くれぐれも体調を崩さぬよう、お気を付け下さい。それから、前回のコメントに関する付け足し情報みたいなメールを送りましたので、お暇のある時にでも、確認して戴ければ幸いかと存じます。それでは、これにて失礼させて戴きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ■らき☆すた 第13話「おいしい日」 | トップページ | ■ななついろ★ドロップス 第1話「運命はなにいろ?」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー