« ■瀬戸の花嫁 第3話「天国に一番近い島」 | トップページ | ■ひとひら 第3話「初舞台」 »

2007.04.19

■sola 第2話「ミアゲルアオ」

 OPを見ると、この作品の舞台って、長崎なのかしら。
 というか、あの路面電車は、長崎電気軌道なのー?。
 調べてみると、1話で依人と真名が乗車して、OPにも出て来る209号車は、201形電車として確かに健在みたいです。
 茉莉が見ていた路線図では、ちょっと判断が付きませんけど…。
 私は長崎の坂道を歩くのが大好きで、かつては年に何度も通ったのですが、JR九州が豪遊券を廃止してからは、一度も行ってなかったりします。
 って、それで本当に大好きって言えるのでしょうか(^^;。

 なんてことはともかく。
 OPに出て来る空の写真って、あまり伝わって来るものが感じられないのは、私の感性が鈍いせいなのかしら…。
 あ、昼間の空を見たことが無いっていう茉莉が、青空に憧れる気持ちは凄く分かりました。
 依人のお部屋の天井は、確かに反則なのです。

 レンジをあんな使い方しちゃうのに、ご飯作ってあげようとする茉莉の気持ちは、さっぱり分かりませんけどね。
 トマトしるこが大好きっていう時点で、味覚だってきっとおかしい筈。
 全力で止めた依人の判断は正しいです。
 キッチンをあんなにぐちゃぐちゃにしたら、真名に怒られちゃうよお。

 背伸びで頭を撫でてくれて「ありがと」って言うシチュエーション、ちょっと憧れちゃったりもします。
 「エッチ」って軽い感じで言えるようなシチュエーションもね(ばか)。
 とりあえず、茉莉はいいコだよ。
 日光には本当に弱いみたいだったし。
 危害も無さそう。
 一緒に居ると憎むようになるっていうのは、身近な誰かに危害が及んだりするのかなあ。
 病気が治らなくなったりするとか…。

 そういえば、蒼乃と依人の姉弟関係と、真名とこよりの姉妹関係、結構気になっていたりします。
 ちょっと変わってるんだもん。
 二人揃って入院してるし。
 依人と真名は、幼馴染みなのかな?(^^)。
 そういう人間関係も、凄く楽しみだよー。

« ■瀬戸の花嫁 第3話「天国に一番近い島」 | トップページ | ■ひとひら 第3話「初舞台」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

sola」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■sola 第2話「ミアゲルアオ」:

« ■瀬戸の花嫁 第3話「天国に一番近い島」 | トップページ | ■ひとひら 第3話「初舞台」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー