« ■Saint October 第15話「ロリ昔日!記憶のあなたに超会うために…」 | トップページ | ■sola 第2話「ミアゲルアオ」 »

2007.04.19

■瀬戸の花嫁 第3話「天国に一番近い島」

 もう埼玉に帰っちゃうんですかあ。
 はやっ。

 郷三郎お父さんの暴走も、政さんへのファーストキスの想いも、3話になるとちょっと飽きて来たりもします。
 そんなわけで、ここで巻ちゃんが加わるのでした。
 やっぱり、永澄にとっては敵なんですけどね。
 そのまんまのヒットマンなの。
 あっと、女の子でも、ヒットマンでいいのかな…?(そこは別にどうでもいい)。
 本当に、永澄には味方が居ないなあ。
 蓮お母さんも政さんも、積極的には助けてくれないんだもん。

 巻ってば、態度も声も表情も、露骨に変わります。
 怖い怖い。
 似たような気質のコを実際に知っていたりするので、妙にリアルに感じちゃったりもして(笑)。
 まあ、あそこまで露骨だったから、あっさり燦にはばれちゃいました。
 今後も巻が燦と一緒に居るなら、いざというときの為に、それはいいことなのかもしれないよ。

 海の者と陸(おか)の者がお互いを知ったら、どちらかが皆殺しっていうのは…。
 むむむ、確かにそうかも。
 でも、それは容姿が全く違った場合で、見かけは人間と変わらず、普通にお話してコミュニケーションが取れるなら、全然問題は無いんじゃないかと。
 うん、アニメ好きならきっとそうだよ!(笑)。

 朝から永澄が何か考えていたこと、ちゃんと気付いてくれていた燦は、いいコだなあ。
 と、私は感心してしまったのでした。
 あの思い込みの激しさは、今はいい方向に向いてるけれど、もし逆に向かったりしたら、大変なことになりそうではあります。
 永澄も、気を付けなくっちゃね。

 というわけで、ORの観恩寺駅から、電車で埼玉に帰ります。
 Y19って…。
 どう見たって、予讃線の観音寺です。
 妙にリアルだし(^^)。
 ちなみに、私の四国の拠点はY16だったりします。
 高瀬駅のそんな近くが舞台だったのかよ!(^^;。
 駅名板を見ると、両隣りの駅名は微妙に1文字変えてありますねん。
 乗った電車は7000系かしら。
 走行音もしっかりしてましたけど、私の駄目音感では正確なのか分かりません(^^;。
 新幹線も、色はともかく、見た印象は悪く無いです。
 にしても、郷三郎お父さん、270km/hで走行している300系の窓に張り付きますかあ。
 実際に張り付いたら、どーなっちゃうんだろ。
 空気抵抗と騒音対策の関係で、ボディに掴まるような所は無いんですけどね。
 それとは別に、観恩寺駅から出た列車、豊浜方向へと走って行ったのが謎なのです…。
 岡山方向とは、逆ですよ?。
 「この番組で描かれる内容は全て架空のものです」。
 知ってるよ!(^^;。

« ■Saint October 第15話「ロリ昔日!記憶のあなたに超会うために…」 | トップページ | ■sola 第2話「ミアゲルアオ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

瀬戸の花嫁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■瀬戸の花嫁 第3話「天国に一番近い島」:

» (アニメ感想) 瀬戸の花嫁 第3話 「天国に一番近い島」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
瀬戸の花嫁 1 (1) 「無人島でのびのび遊んでこい」と、あれほど永澄と燦の交際に反対していた豪三郎がクルーザーを用意してくれた。誰にも邪魔されない貸切の島で燦と二人っきり・・・。しかし、それは凶悪な一つのワナであったのだ・・・・。... [続きを読む]

» 瀬戸の花嫁 第参話 「天国に一番近い島」 [中濃甘口]
もう、この番組、政さんの顔を見ないとサミシクなっちゃう!(キモッ ううう、順調に記事書くのが遅れてますが、瀬戸の花嫁の第3話です。 今回は瀬戸花随一のお騒がせキ [続きを読む]

» 瀬戸の花嫁 第3話「天国に一番近い島」 [■■テラニム日記2■■]
瀬戸の花嫁 3 こんなフナムシ野郎に燦さまは渡せねえですぅ!! す、  翠星石じゃないのですっ!!! 何を言いやがるかですっ! http://www.geocities.jp/suiseiseki1031/gaisetu.html &... [続きを読む]

« ■Saint October 第15話「ロリ昔日!記憶のあなたに超会うために…」 | トップページ | ■sola 第2話「ミアゲルアオ」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー