« 2日目、敦賀→東京 | トップページ | ■ときめきメモリアル Only Love 第25話「ときめきの願い」 »

2007.03.31

■きらりん☆レボリューション 第51話「輝け!ダイヤモンドアイドルクイーン!!」

 ダイヤモンドアイドルクイーン、決定しました!。
 きらりちゃん、今回はちょっとだけあおいちゃんに届かなかったみたい。
 でもでも、なかなか楽しいお話で、感動的だったです。

 きらりちゃんも、しっかり成長しているみたいだもん。
 雑草っていう例えはどうかとも思いますけど、色んな困難を乗り越え踏み越え、きらりちゃんはここまで辿り着きました。
 傍目には、「ヘラヘラ運だけでのし上がって」るように見える(By いずみちゃん)けれど、本人はいつだって真剣で真っ直ぐなんですもんね。
 今まで、本気でぶつかって来た相手は、みんなそれが分かっている筈だよね。
 えと、エリナちゃんだけは、良く分かりませんけど…(^^;。
 そんな所や、ちょっと危なっかしい所も、きらりちゃんの魅力なのですねん。

 それに、ファンとの距離がすっごく近いの。
 あおいちゃんとファンは1対多、だけれど、きらりちゃんは1対1。
 本当はそうじゃ無くても、ファンがそう思えるっていうのは、凄く大切だぞ(^^)。
 そういった意味でも、今回のエピソードは、とっても良く出来ていたと思います。
 見ていて嬉しくなっちゃいました。

 最後にあおいちゃんが見せた涙は…。
 うーん、どうなんだろ?。
 東山社長は、追い詰められてるって言ってたっけ。
 あおいちゃん、負けたら引退するつもりだったなんて、それはファンの気持ちを考えているとは言えませんよお。
 勿論、それを決めるのは本人なのですけど、それはここで言うべきことでは無かったかも、なんて。

 今回は、村西社長も雲井マネージャーも、大活躍でした。
 東山社長は、何だかいい人っぽくなってまあす。
 賞レースを辞退してしまったあかねちゃんも、しっかり見ていてくれたから、私は嬉しい。

 そして、あおいちゃん、やっとお歌を歌ってくれました。
 雰囲気出してますよねっ。
 きらりちゃんも、久しぶりに「恋☆カナ」を歌ってくれて。
 メインのお歌が1年で2曲だけっていうのは、ちょっと少なかったかも。
 さてさて、この先はどんな曲を歌ってくれるのでしょうか。

 勝負はあおいちゃんに負けてしまったけれど、悲しいとか悔しいとかは無いきらりちゃん、本当にらしかったと思いますし、ん、凄くいいラストでした。
 なーさんも泣いちゃってたし、ちょっと心配したのですけど。
 いつもと変わらぬ笑顔のきらりちゃんなの。
 逆に、宙人君の方が感極まってステージに飛び出しちゃったりして。
 優しいね。
 素直じゃ無いのが、また宙人君らしかったりもするのでした。
 きらりちゃんのリアクションは、アニメの展開としては、あんな感じで正解かなあ。
 私としては、かなり寂しかったりするのですけど(^^;。

 余談っ。
 いくら仙台の名産が牛タンだからって、駅前に舌を出した牛さんの銅像はありませんよねー。
 それを言ったら、牛タンクレープもそうなんですけど(笑)。
 きらりちゃん、新幹線の車内では、せっせと駅弁を食べてます。
 何故かスプーンで食べていたから、あれは駅弁じゃ無いのかにゃ(^^;。
 大阪で「食い倒れしたいよお」って言ってたときの表情が、本当にそんな感じなので、可笑しかったりもして。
 お好み焼きは、近くて遠い、ね。

 そしてそして、何と2回も新幹線のカットが出て来たのだ☆。
Kansen01
 どちらも、進行方向が左右逆なのはご愛敬です。
 わざわざ色を変えているのが細かいね。
 しかも、実車より格好良かったりして。
Kansen02
 こっちの色は、ちょっとイマイチかも。
 全国ツアーの流れで行くと、上は東北新幹線で、下は九州新幹線なのかしら。
 進行右手に海を望むこの風景、実際にあったらいいのにな。

« 2日目、敦賀→東京 | トップページ | ■ときめきメモリアル Only Love 第25話「ときめきの願い」 »

きらりん☆レボリューション」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

kirariさん☆

 えっと、これは…。
 消しちゃうか残しておくか、かなり迷ったのですけど…。
 お名前がkirariさんなので、そのまま残しておくです。
 無差別コメントで無いなら、もっと何か書いてえ(^^;。

悲しいー


マンガ好きさん☆

 全国ツアーからダイヤモンドアイドルクイーン決定まで、1話で一気にやってしまった中で、きらりちゃんの大食いを2回もフォローしていたのは、結構凄いかも、なんて思っちゃいました。
 今回のお話は、きらりちゃんらしさが本当に良く出ていて、単に賞が決まるだけじゃなく、それ以上の内容だったと思います。
 いえ、恋バナの要素は殆ど全くありませんでしたけど…(^^;。

 宙人君のお母さん、次に会うことがあったら、きらりちゃんも大緊張なんじゃないかと…。
 二人が意気投合したりすると、男の子の宙人君は、何かと困るでしょうねー。
 秘密にしていたいこととか、みんな筒抜けになっちゃうもん。

 嵐君て、幼い頃の思い出は共有してるし、なーさんとなーやんは兄弟だし、繋がりは色々とあるのに、全然そんな感じがしないから、見ている私も残念なのです(笑)。
 嵐君の本気は、何故か変な方向へ行っちゃうので、きらりちゃん、ちょっと迷惑そうですよ…?(^^;。

 イジワルイメージのきらりちゃん、あの姿って、妙に印象に残るのでした。
 エリナちゃんてば、自分よりも意地悪そうな姿を想像しているのが、また可笑しかったです。

 宙人君×いずみちゃん、あんな公衆の面前で…。
 というか、しっかり記事になっちゃって。
 あそこまでやれば、一気に公認ですものねー。
 いずみちゃんの正体、山奥の温泉のイベント程度じゃ、誰にもばれてないのかな?。
 なら、熱愛報道はまだ有効ってことですよね。
 きらりちゃんが同じことを出来るかっていうと、それは無理でしょうし。
 きらりちゃんがそれをするとしたら、かなりギリギリな状況になりそうで、それも可哀想ですし…。

 あおいちゃんの方も、宙人君のことは認めているみたいでした。
 逆に、あおいちゃんが宙人君の名前を呼ぶシーンがあったかどうかは、覚えていません…(^^;。

全国ツアー中大食いはしてませんでしたね。
目を離すとクレープは食べてましたけど
大食いしないようにと言われていて
クレープだけで我慢したならきらりちゃん
にしては確かに学園祭の時より成長
しましたね。
 そういえば宙人君のお母さんに
挨拶してませんでしたね。なーさんの事で
それどころではなかったとは言えますが
「宙人のガールフレンド」と言われた時は
驚いてましたが
 嵐君は本当にふびんですよね~
きらりちゃんと交わした約束を信じて
大阪でも頑張ったのに東京に戻ってきたら
誤解があったうえにきらりちゃんには
他に好きな人がいて
すばるお兄ちゃんにからかわれたりは
しそうですね。気付いた後に復讐して
又くだらない争いに発展しそうですが
 エリナちゃんのきらりちゃんの
イメージは悪魔そのものでしたね。
どこからそうなったのかと思いました。
 きらりちゃんと宙人君は
周りを納得させるこれと出来事が
ありませんからね。だから周りの人間
(嵐君やエリナちゃん)はまだチャンスが
あると思って嫌がらせをするでしょうね。
 あのキスはつらいですね。熱愛発覚
という記事よりあのキスの方が変な噂に
なりそうですが…
 あおいちゃんとはアニメでお仕事ネタの
話の最後に勝つといったパターンに
なりそうですね。
宙人君はあおいちゃんの事を認めている
うえに名前呼びで呼び捨てなんですよね。
あれにはびっくりしました。
 宙人君とあかねちゃんの熱愛発覚報道
なんかあったらきらりちゃんつらいですね
2人とも親しいだけに

マンガ好きさん☆

 カメラマンさんもびっくりして撮影を止めちゃう程の怪獣顔、アイドルとして、ファンには見せられないですものね。
 ヨダレヨダレ…。
 目の前に食べ物があったら、雲井さんでも止められないと思うので、全国ツアー中は、やっぱりあらかじめ禁止されていたのでしょうか。
 とりあえず牛タンクレープは食べていたから、移動中のちょっとした買い食いはOKだったのかなあ。
 きらりちゃん本人も、ダイヤモンドアイドルクイーン賞がかかった大事な所なので、とりあえず外での大食いは我慢したって思いますし。
 それなら、学園祭のときと比べて、成長してるって感じがするよ。
 賞レースも終わって、お疲れ様&残念会とかがあったら、きっと食べまくっているに違いありません。
 宙人君も、ちゃんと付き合ってあげてね。

 ホットアイドル賞の対決のときは、宙人君の家まで行って、お裁縫教えて貰ったんですよね。
 パジャマ作ったときに、サイズの把握をしたのかあ。
 宙人君、押さえてます。
 ちなみに私は、初めて宙人君のお部屋に入って、きょろきょろしてるきらりちゃんの図、が大好きだったりします(アニメ版)。
 何か可愛いぞ。
 ぶつぶつ拗ねてる宙人君も可愛いですけど。
 そうそう、コミックでなーさんを迎えに行ったとき、きらりちゃんは宙人君のお母さんと会ってますけど、お母さんへ挨拶をしていないのが、何げに気になったりしている私です(笑)。

 嵐君はきらりちゃんに対して一生懸命なのですが、やることが全て空回りしちゃってますから、宙人君に嫌がらせをした方が手っ取り早い、っていうのはあるかも。
 きらりちゃんに変装したすばるお兄ちゃんにからかわれたりとか、一度はやられそうだなあ…。
 すばるお兄ちゃんの性格は、エリナちゃんが勝手にイメージしているきらりちゃんと、かなり被っている感じがします。
 それじゃあ絶対に合わない筈だあ(笑)。
 きらりちゃんと宙人君がはっきりしたら、エリナちゃんと嵐君も最終決戦!みたいなことは絶対にあるのでしょうね。
 二人、じゃないと諦めが付きませんもん。

 見ている私達としては、きらりちゃん×宙人君で確定だし、二人が両思いなのも分かりますけど、本人達は結構危ういバランスの上に居るので、見ている方は冷や冷やですよねー。
 あんまりのんびりしていると、他の子にキスされちゃったりもします。
 いくら好きでも、今は恋人じゃないから、キスした相手に文句も言えなくって。
 ちなみにあれ、カウントには入らないのでしょうか…(^^;。
 この時、とりあえず彼女が居ないのは分かりましたね。
 医務室では結構いい雰囲気だったのに、だってオレはきらりが…、みたいなことにはならないのが、宙人君らしいのでした。

 ファッションブランドの対決も、面白そうですね。
 やっぱり、本職といってもいい、ふぶきちゃんが有利かな…?。
 エリナちゃんには女の子のファンも居るのか、エリナブランドが成立するのか、私はそこにも興味があったりして…。

 コミックでは、石ころの他に「バカそうなふりしてとんだくわせもの」とも言われていたきらりちゃん、何かと誤解を受けることが多いのです。
 本人は、素直に生きてるだけなんでしょうけど…。
 ピュア過ぎるっていうのも、考えものみたい。
 でも、このダイヤモンドアイドルクイーン対決の中で描かれていたきらりちゃんが、今の全てのきらりちゃんなんですよね。
 それが見ていて嬉しかったし、感動的でした。

 あおいちゃんとあかねちゃんは、きらりちゃんにとって、ライバルっていうよりも、頼りになる先輩っていう感じですね。
 あのあおいちゃんだって、立ちふさがる壁、っていう感じでは決してありません。
 この先も、あおいちゃんは全力でぶつかって来てくれて、いつかそのときが来たら、きらりちゃんに負けるのでしょう…。
 勿論、恋の相談もOKですよねー。
 あおいちゃんはSHIPSの二人とも仲がいいみたいですし。
 そのルートは、結構頼りになるかも!。
 あかねちゃんは無口そうだけれど、それだけに的確なアドバイスをくれそうです。
 私としては、ギャラクシー電気のCMでダンスを踊った宙人君とあかねちゃんの熱愛発覚!?、なんていうでっちあげ記事から始まるドタバタを見てみたい気が凄くします(笑)。

全国ツアー中に食べ歩きをさせなかったのは
きらりちゃんの大食いしている時の顔が
怪獣になっちゃうからファンに見られたら
イメージダウンになる恐れがあるからでは
ないでしょうか?大食いの事は世間で
知られていますが大食いしてる時の顔が
怪獣みたいだという事は世間には
知られていませんからね。幸い学園祭の時に
撮られた写真では美味しそうに食べる写真
だったし(記憶が曖昧なので間違ってる
かもしれませんが)
 きらりちゃんの身長と体重を宙人君が
知ってるのはホットアイドル賞の対決の時に
宙人君がきらりちゃんに裁縫を教えてあげて
たからではないでしょうか?
一応パジャマ作ったらしいので
 嵐君の嫌がらせ結果的に2人の仲を強く
するような結果になりそうですね。9巻を
見た限りでは嵐君の嫌がらせにエリナちゃん
も一役かいそうですね。嵐君のターゲットは
宙人君エリナちゃんのターゲットは
きらりちゃんみたいな感じで
2人が付き合う事確かに大変そうですね。
やらなきゃいけない事が結構ありますからね
きらりちゃんが積極的にならなくては話に
なりませんし消極的なやり方では宙人君には
間違いなく通じませんから
まぁ何かやってもC,Mayaさんの
言うとおり宙人君は素直に喜ばないので
きらりちゃんがそれを変に誤解しなければ
いいですが…
 ファッションブランドの話はお店の邪魔
ではなく対決という形であるかも
しれませんね。例えばエリナちゃんや
ふぶきちゃんと売り上げ対決みたいな
さすがにSHIPS相手だと勝てそうに
ありませんが
 きらりちゃん散々ですね。漫画では石ころ  
扱いされるしアニメでは雑草扱いされるし
アニメでは一応褒め言葉らしいですが
今回のアイドルクィーンシリーズは
面白かったです。
アニメオリジナルキャラの2人
(あおいちゃんとあかねちゃん)
好感の持てるキャラでした。歌もいい感じ
だったし初めからきらりちゃんの実力を
わかっていたあおいちゃんはさすがだと
思いました。私的には漫画で登場も
ありかとあおいちゃんはライバルというより
前に書いたとおり恋の相談ができる
アイドルの先輩がいいです。
でも同じ事務所に村西事務所凄い
豪華メンバーになりますが
恋の相談をするタイプとしては
優しく何でも相談に乗ってくれて的確な
アドバイスをくれるあおいちゃんと
落ち込んでいるきらりちゃんを
厳しい言葉で励まし的確なアドバイスを
くれるあかねちゃんみたいな感じで
しょうか?
 エリナちゃんがあの自信満々な
すばるお兄ちゃんを好きになるとは
思えませんね。ルックス的にはありだと
思えますがもう少し謙虚になればOKかと

マンガ好きさん☆

 クレープはアニメでも良く食べてますけど、たこ焼きも好きだったんですねー。
 折角の全国ツアーなんですもん、食べ歩きの時間もあると良かったのに。
 身長と体重は、アイドルとして普通に公開してるのかしらん。
 原作の宙人君はきらりちゃんの衣装を作ったわけですから、服のサイズを知ってるんですねー。
 アニメの宙人君も、躊躇い無くあの一着を選んでたっけ(笑)。

 嵐君は、やっぱり嫌がらせをするでしょうね。
 それはもう、確実です。
 宙人君、タコやイカで、きっと大変なことに…。
 逆に、ちゃんと二人が素直な気持ちを伝えて、堂々とお付き合いすることになったら、きっと何もしないって思います。
 そこまで辿り着くのが、本当に大変なんですけど。
 宙人君、素直じゃ無いから…。
 しかも二人、大人気アイドルだし。
 いずみちゃんのストレートさが、ちょっと羨ましいかも。

 ファッションブランドのお話は、あったら楽しそうなので、是非やって欲しいなあ。
 ミルフィーカードの販促にもなります。
 お店の邪魔をするのは、エリナちゃんに任せてみたり。

 雲井さんには、石ころみたいなアイドル、なんて言われていたきらりちゃん、すっかり認めて貰ったみたいですよねー。
 まあ、相変わらず食べ物を前にすると怪獣になっちゃうので、監視は確かに必要なのですねん。

 エリナちゃんも、アニメではお仕事と邪魔ばっかなので、しっかり恋バナしてたのは楽しかったですねー。
 最後には、宙人さんLoveに戻ったりして。
 いい加減、名前を覚えてあげればいいのに。
 でもエリナちゃんは、宙人君のそーいう所が好きみたいだし。
 困ったものです(笑)。

雲井さんのきらりちゃんに関するデータで
思い出しましたがきらりちゃんたこ焼き好き
なんですね。よく全国ツアーで大阪に
行った時我慢できたなと思います。
きらりちゃんと雲井さんは一見正反対の2人
ですがきらりちゃんの仕事への真剣さが
雲井さんに伝わってからはいいコンビに
なりましたね。
 最近ふと思うのはきらりちゃんの事が
好きな嵐君などがきらりちゃんが宙人君を
好きになった事を知るとどんな反応を
見せるかもし知られたら宙人君嵐君から
変な嫌がらせうけそうですね。
 でも今回のファッション店のお話アニメ
ではなさそうですね。東山社長とも和解して
ますし
 すばるお兄ちゃんは顔は美形なのにあの
自信過剰な性格のせいでだいぶ損してますね
エリナちゃんも性格知るとおおどろいてたし

マンガ好きさん☆

 今回のお話は、色々と感動的でした。
 きらりちゃんは自分から積極的にずんずん動いて、雲井さんともいいパートナーになってましたし(食べ物関係は除く)。
 本当にもう、一人前のアイドル!って感じなのでした。
 でも、ダイヤモンドアイドルクイーン賞は取れなかったので、恋バナはお預けみたい…。
 それを知ったら、さすがのきらりちゃんも落ち込んじゃうかも(笑)。
 宙人君てば、きらりちゃんへの愛しさが溢れていたみたいですが、きらりちゃん本人は強い女の子だったので、慰める光景はお預けになっちゃった。
 宙人君の何気無い素振りは見れたのですが…。

 誰もが不思議に思っている筈の、SHIPSの暇疑惑!。
 とりあえず、8巻では温泉のお仕事してたっけ。
 7巻では、クイズ。
 これはつまり、きらりちゃんには宙人君がくっついて来て、宙人君にはきらりちゃんがくっついて来るっていう…。
 実際には、星司君も暇そうなんですけど。
 カメさんとお散歩。
 カメさんとまったり…。

 「宙くんはきらりちゃんのことどう思ってるんですか?」も、またストレ-トな質問だったですよね。
 宙人君てば、仲間とか友達とか答えればいいのに、本人は意識しまくっちゃって、それ所じゃ無かったみたいです(笑)。

 きらりブランドがきのこじゃ、さすがにまずいですよねー。
 アニメのきらりブランドは化粧品でしたけど、あっちも最初はきのこだったりしそうなの。
 怖いよお。

 雲井さんはデータを活用してトラブルに対処するし、みんな本当に個性をお仕事に活かしてます。
 そしてなーさんは、その能力を全てきらりちゃんの為に使ってます。
 そういうのって、いいな。

 すばるお兄ちゃんは自信過剰過ぎますよねー。
 実は結構、エリナちゃんに似ていたりして。
 オーディションには、まだ合格してないのかなあ。

なーさんを抱き上げたきらりちゃんのシーン
私も好きです。いいシーンですよね~
予告見た時アイドルクィーンになれなかった
から恋バナおあずけかなと思いました(笑)
 宙人君目がうるうるしてましたからね
最初に慰める役は少女漫画的には宙人君が
良かったですね。アニメでは少女漫画的な
事は普段から少ないですが
それにきらりちゃんは落ち込むキャラでは
ありませんね。きらりちゃんが落ち込んで
宙人君が励ますという話がほしいですね。
逆でも面白そうですが
そういえば9巻ではきら☆レボでは
タブーになっている?SHIPSの暇疑惑が
あげられてましたね。宙人君は否定
してましたが
 あのきのこの絵はびっくりしましたね。
きらりちゃんきのこの絵を描かせたら日本一
なーさんの絵の巧さ少女漫画でしたが
宙人君のマニアックな人脈
星司君のマニアックな知識
皆それぞれ不思議な個性?を持ってますね。
 すばるお兄ちゃんのあの性格は
アイドル向きではありませんね。思いっきり
世間から反感かいそう特に男の子から  

マンガ好きさん☆

 今回のお話は、1年の締めくくりとして、月島きらりちゃんそのものをしっかり見られて、嬉しかったです。
 自分のペースで自然に進んでいるのが、きらりちゃんの魅力ですもんね。
 苦労も多いけれど、自分が成長するだけじゃなくって、周囲まで一緒に成長させちゃってるみたい。
 そんな雰囲気が、凄く魅力的に描かれていましたあ。
 涙を浮かべて舞台に上がって来たなーさんを抱き上げたきらりちゃんのシーンが、私はとても好きです。

 来週からは、また今までと同じ雰囲気で進む感じみたい。
 アイドルとしてはもう一人前とか、そういうことはあんまり関係無いのかな?。
 やっぱりお仕事メインなのでしょうか…。
 それは微妙に残念だぞ(^^;。

 また0からスタートのあかねちゃんですが、本当に嬉しそうでしたね。
 夢中になって、変装するのを忘れちゃった…?。
 いつかまた登場するのが楽しみです。

 SHIPSも色々な賞レースを争って来たと思うのですが、さすがの宙人君もきらりちゃんのことは心配でたまらなかったみたい。
 でも、最初に慰める役割は、なーさんに取られちゃいました。
 しかも、本人は全然元気だったりします。
 もし落ち込んでいたら、それはちょっとしたチャンスだったのにー!(笑)。

 9巻、手に取ったとき、裏を見て、あ、雲井さんが居る!、なんて感動しちゃいました。
 SHIPS好きだったんだあ。
 ファンとして好きなら、とりあえずきらりちゃん的に危害は無い…?(笑)。
 アニメと違ってモノローグが多いので、最初からそんなに冷たい印象もありませんでした。
 東山社長も、微妙に視線を外したりするのが、可愛いかもっ。
 にしても、人物がキノコのデザイン画は怖かった…。
 宙人君、バケツ被ってましたよ?(笑)。
 そして、宙人君はマニアックな人脈を持っていて、星司君はマニアックな知識を持っています。
 それをお仕事に活かせちゃうのが凄いです!。

 きらりちゃんとすばるお兄ちゃん、仲良しさんでした。
 実際の会話の内容は、そうでも無いみたいですけど…。
 エリナちゃんの恋バナ、報われないね。
 すばるお兄ちゃんがあんな性格だと、とりあえず止めておいた方がいいとは思いますけど…。


加嶋@アニ鳴館さん☆

 雑草の語源(?)は、そういうことだったんですね!。
 アイドルへの褒め言葉として雑草が出て来たので、びっくりしちゃいました。
 そんな月島きらりっていう女の子の可能性を見出したのが、村西社長ってことになるんですねー。

>>雑草

1999年に、プロ野球・巨人の新人王を獲得した上原浩治投手が、高校時代は控え投手で、大学でも打撃投手から這い上がってプロ入りした自身を「雑草魂」の言葉で表現しています。(同年の流行語大賞)
今回、「雑草」の喩えを好意的な意味で使ったのは、その辺に由来しているのではないでしょうか。

今回の話は感動的でしたね。最終回ではない
のに最終回の雰囲気がありました。
来週は何事もなかったように又お仕事ネタ
雑草は確かに酷いような気がしますね
アイドルクィーンの候補に挙がった3人の
なかでは間違いなくきらりちゃんが1番
困難を乗り越えていますよね。
ファンの事を1人1人覚えているのは
感心しました。ファンにしては嬉しいですね
東山社長は雰囲気が違いましたね。
本当に実力者みたいでした。
あかねちゃんが観ていたのは私も
嬉しかったです。でもあんな所で変装なしで
大丈夫なんでしょうか?
あおいちゃんの歌はよかったです。
きらりちゃんと宙人君のやりとりは
アニメではあったのが不思議なくらいですね

9巻私も読みましたよ今回はお仕事ネタが
多かったですね。宙人君となーさんの裁縫の
凄さにはびっくりしました。
それに雲井さんは凄いデータマンでしたね。
しかもSHIPS好き(笑)
それにしても漫画はアニメとは逆ですね。
恋バナの数の違いアニメではオフィス東山と
和解?しましたが漫画ではこれからが本番の
ようですし
あのエリナちゃんの恋バナも面白かったです
すばるお兄ちゃん自信過剰ですね。
あれがなければいいのに
そして最後のどっきり質問答えは
はぐらかされちゃたけど
 

加嶋@アニ鳴館さん☆

 わ、「SUGAO-flavor」がデビュー曲なのでしたっけ!。
 すいません、すっかり忘れちゃってました…。
 歌っていたのは確かに覚えていましたけど、その頃のお話ってあんまり面白く無かったので、記憶からみんな飛んでしまっていて(言い訳です)。
 1クールはちゃんと録画を残してあるので、確認してみますです。
 私のイメージだと、随分と「バラライカ」を歌っている期間が長いような印象なのですけど、CDはそれなりに順調に出ていたのですね。

>>メインのお歌が1年で2曲だけっていうのは、ちょっと少なかったかも。

忘れられがちですが、作中できらりは「SUGAO-flavor」でデビュー、「恋☆カナ」はセカンドシングルとしてリリースしています。
その「SUGAO-flavor」リリースに向けて歌の特訓をするエピソードが5月下旬。
一方、放映2年目で主題歌が変わるでしょうから、来月には次のシングルが出ることになります。
デビューから1年でシングル4枚(+ミニアルバム1枚)というのは、中堅プロダクションの新人アイドルとしては妥当な数字ではないでしょうか。
……いや、相場はよく知らないんですけどね(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/14469737

この記事へのトラックバック一覧です: ■きらりん☆レボリューション 第51話「輝け!ダイヤモンドアイドルクイーン!!」:

« 2日目、敦賀→東京 | トップページ | ■ときめきメモリアル Only Love 第25話「ときめきの願い」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。電車で寝るのって、実は結構幸せなのだっ。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ