« ■きらりん☆レボリューション 第12話「のーん!ドラマなデート!!」 | トップページ | ■シュガシュガルーン 最終話「輝くハート!次期女王決定」 »

2006.06.24

■砂沙美☆魔法少女クラブ 第10話「魔法少女の弟子」

 魔法少女がお空を飛ぶのは、ホウキでって決まっています。
 衣装やバトンと共に、魔法少女であることの証なんですもん。
 それがないと、例えば棒切れで空中に浮かんだりしたら、魔法少女なのか、超能力者なのか、単に体の軽い女の子なのか、全く見分けが付かなくなっちゃいます。
 困るよね。
 いや、別に困らないか(^^;。
 みんな、一応、自分達は魔法少女っていう自覚はあるみたいですけど。
 浅海にも、それはちゃんと伝わったみたい。

 浅海ってば、とことこ後をついて来るし、待ち伏せしてるし、何かと鬱陶しい部分もあったのですが、目的はあくまで両親を生き返らせて欲しいってことなので、すぐに情が移っちゃいました。
 弟子、っていうのとはちょっと違うね。
 単純に司に憧れてるアンアンとは違うのだ(^^;。
 浅海は意外と冷静な所もあって、出来ないって言われても、今はみんなの能力が低いから出来ないんだって、しっかり受け流しちゃうのでした。
 好きな絵本に至るまで、浅海の描き方、とにかく徹底してましたね。

 今回は、境遇の似た司が頑張ったので、浅海にダメージを与えるような結果にはならなくって、良かった良かった。
 司自身にはちょっとだけダメージもあったし、あの薬を持って帰ったときには、どうなるのかなって、心配もしたのですが。
 事情は分からないまま、お父さんがしっかり結論を出してくれました。
 いいなあ。
 厚揚げは、司とお父さんにしか分からないキーワードだよ。
 鷲羽には、渋いって言われちゃった。
 確かに(笑)。
 厚揚げは買い食いには向かないけれど、どこでどーやって食べるのかなあ(^^;。

 お引っ越ししてしまった浅海、司とのお別れが出来なかったし、大切にしていたお人形は置いて行っちゃうし、凄く心配しちゃいましたよお。
 鷲羽が薬を使ってみろと言った所で、やっと私にも分かりました。
 そこまで気付かないなんて、駄目ですね(^^;。
 一番最初にアンアンのイメージが出て来た辺り、浅海は結構、あんこのこと、気に入っていたみたいです。

 大切な思い出は、どんどん新しく出来て行くもの。
 昔の思い出も、決して上書きされちゃうわけでは無いけれど、悲しい部分は、少しずつ少しずつ小さくなって行くのでした。

« ■きらりん☆レボリューション 第12話「のーん!ドラマなデート!!」 | トップページ | ■シュガシュガルーン 最終話「輝くハート!次期女王決定」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

砂沙美☆魔法少女クラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■砂沙美☆魔法少女クラブ 第10話「魔法少女の弟子」:

« ■きらりん☆レボリューション 第12話「のーん!ドラマなデート!!」 | トップページ | ■シュガシュガルーン 最終話「輝くハート!次期女王決定」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー