« ■砂沙美☆魔法少女クラブ 第8話「なかよしの指輪」 | トップページ | ■きらりん☆レボリューション 第10話「うきうき!アイドルスクールに転校!!」 »

2006.06.09

■ひぐらしのなく頃に 第10話「祟殺し編其の弐キズナ」

 今まで、事件に直接は絡んで来なかった沙都子なのですが、いよいよストーリーはその境遇に踏み込んで行くみたいです。
 頭を撫でられることを極端に怖れるっていうのは、ハムスターなんかの小動物が、上から迫って来る手が鷹や鷲に見えるっていうのと同じ…、なわけないか。
 沙都子のあの大袈裟なリアクション、見ている私は逆に冷静になったりもするのですけど。
 吐いちゃうっていうのは、事情が良く分からないなあ。
 何か凄いものを見たり、臭いを嗅いだりしたことがあって、それが頭を撫でてくれるサトシの記憶と結び付いているの…?。
 沙都子やレナ、そして詩音の話の中に出て来るサトシから、その実体をイメージするのは、まだちょっと難しいです。

 体にアザが出来ちゃう程の虐待って、実の親からっていうイメージしか無かったので、叔父からっていうのはちょっと意外でした。
 勿論、そういうケースもあるのでしょうけど…。
 あの叔父は、あまり陰湿なことをするようなタイプには見えなかったです。
 単純そうだし。
 沙都子なら、うまく立ち回れそうな気がするよー。
 まあ、負けだとか勝ちだとか、そういう理由もあるわけですが。

 今回、圭一は初めて自分から、オヤシロ様の祟りへと踏み込んで行きました。
 あれじゃ、殺人教唆っていうか、殆ど殺人の共犯だよー。
 そういう選択もありかな、とは思うのですが、それは圭一が仲間と認められていればの話で、まだまだ沢山の秘密を持っていそうな魅音や村の人達と、そういう関わり方をするのは、さすがにちょっと早計みたい。
 それに、沙都子は祟られてる側の関係者、なんですもん。
 私としては、いつも殺されるばっかりの圭一に、たまには想定外の行動を取って反撃して貰いたい、って思うのですけど。

 あの叔父なら死んじゃってもいいか、なんて一瞬思ったりもします。
 でも、本当に虐待している様子はまだ描かれてないから、無関係なのかもしれないし。
 それよりも、全てを傍観して、それを楽しんでいるような鷹野三四の方が、見ていて嫌な印象は受けますね。

 今回は、ちょっと変わった切り口のお話でした。

« ■砂沙美☆魔法少女クラブ 第8話「なかよしの指輪」 | トップページ | ■きらりん☆レボリューション 第10話「うきうき!アイドルスクールに転校!!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ひぐらしのなく頃に」カテゴリの記事

コメント

軟骨さん☆

 大石は、目つきが悪いですからねー。
 いえ、目つきはみんな悪いですけど、正気を保っている中では、一人だけ目つきが悪いんです。
 刑事だから当然ではあるのですけど、それを圭一に向けるっていうのが、私はちょっと引っかかっていました。
 最前線に一人で出て来る割には、レナや魅音との接触は全て圭一と一緒のときだけですし、どうも掴み所の無い人ではあります。
 真っ当な刑事としての大石も、既に呪いの演出の中に組み込まれてしまっているかな、なんて。

 死体は、どうも未だに本編との繋がりが分かりません。
 綿流しの儀式が実際にあったように印象付ける為で、実は全然関係無いのか、謎です。
 いずれにしても、あんなところで発覚するのは、確かに呪いとはうまく繋がって来ないですね。

 ~其一 大石刑事について~

>今の大石にとっては、圭一の生死は余り関係の無いことみたいです。

 いや、そうではないと思いますよ。その証拠に圭一の肩をつかみ上げたのに、アザ一つ付けませんでした。

 ただ、大石から見て敵、もしくは標的の立場に圭一が踏み入りつつあるという事なのです。魅音に殺人を依頼したり、祟りを起こす側に立とうとしているのですから、立派に刑事事件の容疑者となる資格充分です。

 大石は刑事なので、圭一が何かをやらかせば逮捕しなければなりません。なので、圭一の生死が重要でないという事はない筈です。(ヘタに死なれたら始末書では済まないだろうし…)

 僕は大石刑事をそれほど不快な男だとも、非情な悪徳刑事だとも思いません。捜査の上で、違反行為を彼は幾つか犯しているかもしれませんが、僕が刑事ならば相手によってはそれ位の事はやります。でなければプロのデカは務まりません。

 この男は典型的なコロンボ型の刑事で、マークした相手に対してねちっこく、執拗につきまとって攻めるのですが、『ひぐらし~』ではマークされる側の視点から大石が描かれる場合が多いので、意図的に不愉快な人物像が演出されているのだと思われます。(逆に捜査側から描くと『刑事コロンボ』シリーズになりますが、これは倒叙形式なので犯人側の視点も合わせて描かれています)

 僕の見立てと異なる新事実が今後現れれば話は別ですが、とりあえずここまで見てきて、刑事としての大石に怪しい所は見受けられません。

 ~其ニ 死体について~

 あそこは汚いので人はあまり近寄りたがらないだろうし、不法投棄の定位置らしいので新たに投棄されるごみに埋もれる可能性もあり、小枝をかくすには森という犯人なりの発想であの場所にしたのかもしれません。

 しかし、本気で死体を隠し通すつもりなら不適当な場所で、近所の人や当該地域の行政管理者がいつやって来るかわかりません。チョンボやエラーならば、あそこに遺棄したこと自体がそうですが、園崎家の組織犯罪であればそんな馬鹿な判断はしないと思います。

 犯人は、死体を隠す事に無頓着か、発見されるのを見越してそこに捨てたか、もしくは捨てる事で頭が一杯で見つかった時の事まで考える余裕が無かったかのいずれかではないでしょうか。

 もし何らかのメッセージ的な意味合いがあるのなら、もっと目立つ場所にこれ見よがしに置くだろうし、あそこは発見される可能性は高いが、されない可能性も無くは無い中途半端な場所です。発見されるのを見越してはいるが、見つからなければそれでも良いという事なら、死体の隠匿には無頓着という可能性にも繋がるのでそこには狂気の跡が伺えます。

 捨てる事で頭が一杯で…の可能性も高いですが、いずれにしても魅音or詩音の単独犯行を別として園崎家の犯行とは思えません。その理由は先のコメントで書いた通りです。


…書くことが無いとか言っといてコレだ。;
 これはどれも考えるともなしに、いつのまにか思いついてしまう事なのです。

軟骨さん☆

 確かに圭一って、最初は東京から引っ越して来た前原さん、だったのに、今は前原家の跡継ぎ、ですもんね。
 本人の意志とは無関係に、村の大きな流れの中に飲み込まれて行っているみたいで。
 それが村に受け入れられているってことなのかは、まだ分かりませんけれど。
 今の大石にとっては、圭一の生死は余り関係の無いことみたいです。
 この人が殺されず、その気配も無いのは、それなりに役割か利用価値があるってことなのかしらん。
 魅音が言っていた、定年が近いから見逃してやった、のセリフは、優しさというよりも組織として面倒なことはしたくない、みたいな感じでしたけど…。

 園崎家の関与は、鬼隠し編の頃はそれっぽい大人が何人も出て来たのですが、それ以降は全て子供たちだけで進められており、少なくとも表面上には出て来ないし、会話の中でも全く触れられていないので、どうにも判断に困る状態です。

 死体を、しかもはっきりとした他殺体を表に出すっていうのは、私としてはチョンボとも思えるのですが、エラーだったのか村人への何らかのメッセージが込められていたのか、そこはちょっと微妙でしょうか。
 もっと別な何かを隠す為でも無さそうですし…。
 例えダム推進派の関係者であっても、今になって沙都子をどうこうしても仕方無い筈なので、今度は沙都子が何か事件を起こすのでしょうか…。

 むう。まだ事件が起ってないので書くことがないなあ。

 ひとつ分かる事は、大石の雰囲気が各編ごとに違っているのは、圭一や村との距離感に基づいているようです。
 鬼隠し―綿流し―祟り殺し―と話が進むごとに圭一は村人に近くなって行き、それにつれて大石刑事はワルっぽく描かれているようです。

 村人からは大石刑事は敵と認識されているようですが、誰しも敵は悪人に、味方はいい人に見えるものです。
 圭一から見た大石転じて、大石から見た圭一の在りようを暗示するものであれば、圭一の肩をつかんでの恫喝も、村に染まりつつある彼への、最後の警告だったのかもしれません。

 祟りとされているものへの園崎家の関与は、魅音は自分が断言するほどには確信を持ってはいないと思います。
 仮に関与があったとしても、まだ現・頭首ではない魅音に知らされない所で行われている可能性の方が高く、詩音同様に魅音も内心それを疑っているものと思います。

 綿流し編での魅音(または詩音)の自白は多分にフカシこいてる面があって、魅音(めんどいので魅音で通します)が直接行ったのは沙都子と梨花(うう…/_;)、村長の3人だけなのではないでしょうか?例の儀式に立ち会っていたかのような話は、おそらくウソです。(もしくは思い込み)
 
 ついでに言えば連続怪死事件や綿流しの刑 (綿流しのKとか言うなー! (゜Д゜)も、園崎家の直接の関与は無いと見ます。
 魅音の自白や祟り殺しの冒頭の死体などは正気の人間が出来る事ではなく、組織だっての犯行とは思えません。あのような死体は村の秩序維持どころか村人の心を離れさすだけで、かえって過疎化を進めてしまいます。

 ただし、そういう死体を発見はしたが、明らかにすると村人が動揺するので死体を隠し、鬼隠しにあったと吹聴する…、それぐらいの事はやってもおかしくないので、園崎家が御社様信仰を煽って利用していた事が事件の背景にあるのは確かだと思うのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ひぐらしのなく頃に 第10話「祟殺し編其の弐キズナ」:

» ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 其の弐 「キズナ」 [月の静寂、星の歌]
 忍び寄る破滅の足音、  砕け散る安息の日々。  身を焦がす自責は呪縛の鎖、  過ぎ去った幸福は呪詛の刻印。  嵐にただ耐え続ける小さな魂は次第に削られ、  細く、  細く、  今にも折れそうに細く――。 ♯私は原作ゲームプレイ済みです。  ....... [続きを読む]

» (アニメ感想) ひぐらしのなく頃に 第10話 「祟殺し編 其ノ弐 キズナ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」EDテーマ: why or why not/アニメ 沙都子を訪ねて学校にやってきた大石刑事。横柄なその態度に嫌悪感を露にする圭一ですが、「こんな小さな村では敵を作らないほうが言い」と大石は脅迫めいた発言で迫ります。しかし、そこを通....... [続きを読む]

» 「ひぐらしのなく頃に」#10 崇殺し編 其の二【キズナ】 [今どきアニメ♪]
実はこれ見た後はあまり書く気が出ませんでした。だって・・・ ---- [[attached(1)]] [[attached(2)]] さて、大石さんの登場ですが・・・今までと比べたらなんか変だ。悪徳刑事っぽくて。 「この村ではあまり恨みを作らないほうがいいですよ、思わぬしっぺ返しを受けますから」というようなことを言ってきて。今回は完全に敵役のようです。 そこに入江さんがやってきて大石さんを追い返します。 ..... [続きを読む]

» [ひぐらしのなく頃に]第10話 祟殺し編 其の弐 キズナ [もえろぐ]
「ひぐらしのなく頃に」第10話です。 今回も出てきたですよ大石さんが・・ 用があるのは沙都子ちゃんのようです。 圭一に尋ねても教えてくれないので 近くの幼女に尋問w まぁ、休みだってことですので諦めることに・・ なんですけれどまた圭一に八つ当たりっていうか 何だか敵を作らない方がいいとか意味深なこといい始めるし・・ てか前原屋敷・・? 御曹司・・? 圭一ってそんなに凄いヤツだったのか。 丁度そこに入江先生がきてくれたので とりあえずその場を引き上げる大石さん。 治療も... [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 『祟殺し編 其の二 キズナ』 [ティンカーベルをください]
沙都子…。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン どうしよう…泣いてしまったんですけど。。 もしかして『祟殺し編』って、苦しい>怖い、なのかなぁ。 ※ネタバレあり [続きを読む]

» ★ひぐらしのなく頃に 第10話 「祟殺し編 其ノ弐 キズナ」 [48億の個人的な妄想]
【公式】沙都子、風邪で休み。何か大石今回怖いし(笑)虐待を受けてるらしい沙都子。 [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 第十話 [ぶろーくん・こんぱす]
 今回の大石は横暴というか権力を笠に着てるなぁ。圭一は目の敵にされてしまったよう [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 第10話 [King Of ヘタレ日記]
■ひぐらしのなく頃に■ [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 第10話 「崇殺し編 其の弐 キズナ」 [おもちやさん]
第10話 「崇殺し編 其の弐 キズナ」の感想です。 ※おもちは原作プレイ済みですが、ネタバレは一切しないように心がけます。 むしろ初めて作品に触れた時の気持ち(?)で感想を書 [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 其の弐『キズナ』 [温泉ミカンの宝物★アニメだよ♪]
沙都子ちゃんがあああ!! 壊れたあああ!! つーことで、『キズナ』です♪ またまた、キャラの性格がいろいろ変化しているようで、なかなか面白いですね。 沙都子ちゃんメインってことで、かないみかさんの演技にも注目しましょう♪ ||#ffAA44 width=570px ``|| ||#ffAA44 style=width:570px;font:bold 16px;color:#ffffff ``ひぐらしのなく頃に||..... [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 10話「祟殺し編 其の弐 キズナ」 [こころに いつも しばいぬ]
沙都子は学校を休むようになった。風邪が長引いているらしい。 [続きを読む]

» 『ひぐらしのなく頃に』 第10話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
なんか、シリアスな展開が… でも、少しシリアスが凄すぎるので、今しばらくはちょっとどうでも良い話を… やっぱりこの村にも圭一くん以外の男の子もいたのですね。 風邪で欠席していると言う沙都子の噂を知るために学校の下級生の男の子から話を聞く圭一くんをみて思いましたですよ。 それにしても、村ぐるみで隠し事が多すぎるとは思っていたのだけど… ここまでとは… でも、判らないのは沙都子ちゃんの心の闇。 虐待をして�... [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 第10話「祟殺し編 其ノ弐 キズナ」(アニメ感想) [萌え喫茶]
沙都古いじめるな、このやろーっ・゚・(ノ□`)・゚・あぁ…祟り殺し編はやっぱり、きついですよ…いや、でも原作や漫画版はもっときついんですがねーさすがに、時代の風潮的にちょっと自重してますかね...... [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に第10話「祟殺し編其の弐キズナ」 [Mr.克樹のアニメブログ(アニメ感想日誌)]
今回は、沙都子の話でしたね。前回、よりは怖くなかったが・・・・どちらかと言うと精神的な怖さを感じた。沙都子への虐待・・・。圭一が魅音に殺しのターゲットを指名するところなど・・・。沙都子を救いたい気持ちは分かるが・・・・それは・・・・魅音に対しても・・・...... [続きを読む]

« ■砂沙美☆魔法少女クラブ 第8話「なかよしの指輪」 | トップページ | ■きらりん☆レボリューション 第10話「うきうき!アイドルスクールに転校!!」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー