« ■うたわれるもの 第8話「調停者」 | トップページ | さんふらわあつくば »

2006.05.25

苫小牧から富良野へ出て、また苫小牧へ

 太平洋フェリー「いしかり」乗船記、から続いてまあす。
06/05/24
 苫小牧フェリーターミナルでレンタカーを受け取って、と。
 4WDの車なんて、運転するの初めてだなあ。
 違いなんて、全然分かりませんけど…。
 その前に、エンジンのかけ方が分からないんですけど!。
 スタータがボタンなのも、初めてだもん(^^;。

 夕方までに富良野のホテルに入ればいいので、余裕たっぷりです。
 適当に寄り道しながら、のんびりドライブ。
 いえ、北海道の道をのんびり走るのは、かなり難しいかと…(^^;。
 今回も、ひたすらかっ飛んで走ってました。
 気になる景色があっても、あっという間に通り過ぎちゃう。
 他の車、ペース速いんですもん。

 道を間違えて、去年の10月にも寄った樹海ロード日高に出たり、通行止めに2回も阻まれたりしつつ、富良野へ。
 17時前に着いてしまった…。
 季節外れのリゾートホテル、そこに一人で泊まるっていう、暴挙に出ます。
 寂しいなあ(^^;。
 妙に広くて豪華なツインルームが、ますます寂しいです。
 夕食の和洋折衷ディナー、北海道の味覚満載で美味しかったのですが、やっぱり一人だけの私は浮いているのでした。

06/05/25
 朝、陽射しの強さで目が覚めます。
 え!?、寝過ごした!?。
 慌てて時計を見たら、まだ午前04時05分なの。
 この時期の北海道は、夜明けがとっても早いのですね(^^;。
 あ、カーテン開けたままだった…。
 何か暑いよう。
 窓、でっかいから。
 でも、まだ冷房を使うことは出来ないのでした。
 暑いー。

 09時過ぎにホテルをチェックアウトして、ナビを適当にいじりつつ、ルートを決めて。
 特に行きたい所は無いや(おい)。
 留萌から石狩に出て、支笏湖経由で苫小牧に戻ろうっと。
 オロロンラインは、日本海がとっても綺麗。
 気持ち良く走って行けます。
 途中で、名も無い温泉に浸かったりしつつ(←本当は、名前がちゃんとあります。既にもう覚えて無いだけ(^^;)。
 途中で疲れて、30分間お昼寝。
 19時前には、苫小牧に到着したのでした。

 さあ、帰るよー。
 今度は、商船三井フェリー「さんふらわあつくば」に乗ります。
 つづく

« ■うたわれるもの 第8話「調停者」 | トップページ | さんふらわあつくば »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

苫小牧 フェリー 案内人さん☆

 はい、今月末に、また北海道へ行きますよー♪。
 まさに、苫小牧航路の利用です。
 そろそろ秋の気配も漂って、今からとても楽しみなのです(^^)。

最近は北海道に来られているんですか?
また北海道にお越しの際は、苫小牧航路をご利用下さいね。

苫小牧 フェリー 案内人
http://tomakomaiferry.seesaa.net/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/10238616

この記事へのトラックバック一覧です: 苫小牧から富良野へ出て、また苫小牧へ:

« ■うたわれるもの 第8話「調停者」 | トップページ | さんふらわあつくば »

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ