« ■涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 | トップページ | ■プリンセス・プリンセス 第6話「坂本家のヒミツ」 »

2006.05.10

後編 学研奈良登美ヶ丘-上野

前編 中野→小倉から続いてまあす。

 ニュートラムのフェリーターミナル駅で880円の切符を買い、とりあえずコスモスクエアへ。
 ここから、近鉄の学研奈良登美ヶ丘まで直通です。
 やっと、生駒からの新線に乗れますよー。
 03月27日の開業から、かなり経っちゃいました。
 新線って、わくわくするね。
 なんて言いつつ、うつらうつらしている間に、いつの間にか着いていたという…。
 駄目じゃん(^^;。
 だって、まだ7時前なんだよー。
 フェリーで起きた(起こされた)の、4時半だし。

 学研奈良登美ヶ丘は、進行方向はいきなり山で、高架の線路が途切れてます。
 駅前はまだすかすかで、イオンのショッピングセンターも工事中でしたけど、遠くには家もお店も沢山見えるし、これは将来有望そうな路線かな。
 帰りの電車はしっかり起きていました。
 第三軌条最速の時速95キロで走ります。
 殆どトンネルで、駅だけが外に出ている感じで、つまんないけれど。
 近鉄車には、まだ開業記念のヘッドマークが付いていました。

 生駒で、近鉄奈良線に乗り換え。
 同じ会社なのに、連絡改札があって。
 それはそうですよね。
 運賃の取りこぼしを防ぐ為だもん。
 快速急行に乗り換えたら、次はもう鶴橋だよ。
 石切から、目の前に大阪の街が拡がるのって、好きな車窓の一つです。
 33パーミルで下って行きながら、火曜日の大阪を見下ろすのだ(^^)。

 鶴橋から大阪までは、モバイルSuicaで移動。
 大阪で使ってる人は殆ど居ないと思うので、ちょっとした優越感が…。
 大阪環状線。
 あ、ブルーの201系が来た…。
 奈良行きの快速も、オレンジの103系なんだなあ。

 大阪の券売機で、富山と北越急行経由の都区内行き乗車券を購入。
 こういうルートの乗車券も、簡単な操作で発券出来ます。
 窓口で頼むより、自分でやった方が絶対に早いですよね。
 マニアなら絶対にそうだよー。

 「サンダーバード」は満席だったので、自由席に並んで、と。
 前から3人目だったので、楽々座れます。
 681系だね。
 福井と小松、高架になってから乗るの、初めてだなあ。
 「よみがえる空」に出て来た小松の構内放送をチェックしようとしたら、この列車は通過なのでした。
 あらら。

 富山では、さくっと南口へ出て、ポートラムに乗車。
 背の高い車輌が格好いいよー。
 まだ開業したばかりなので、乗用車の人達がみんな注目しています。
 やたらと警笛を鳴らしながら走っていたけれど、ふらふら目の前に出て来る車が多いから…。
 中学校前までが、路面の新線区間です。
 その先は、以前のJR富山港線と一緒。
 0キロポストもここにあって、ここからカウントが始まります。

 岩瀬浜の駅は、建物がすっかり無くなって、電車のホームとバス停が向き合っていました。
 貨物線の跡にも路線を延ばしたら楽しそう。
 利用者さん、居ないかなあ。
 東岩瀬の駅だけ、駅舎とホームの一部を残してあって、何かに使うのかしら。
 車内は立ち客も出る盛況でした。
 運賃は、期間限定価格の100円。
 安いっすー。
Kokokun
 開業記念のヘッドマーク、にゃんこのイラストが可愛いぞ。
 これは、車輌毎にみんな違うキャラが付いてます。
 こういうのって、いいですよね。
 お持ち帰りー♪。
 とか思ったけれど、passcaのカタログに全部載っていたので、それで我慢しよ。
 「こんなに便利ならぼくも使うニャン!」。
 うう、可愛いなあ。
 このにゃんこは全部で7匹居ます。
 探してみてみて。
 富山ライトレールのサイトにも、詳しいプロフィールが紹介されてますよん。
 私が乗ったのは、リーダーのここくん、でした。

 ちなみに、車内のアナウンスは、岡本洋子さんが担当されていました。
 私も、自社のアナウンスのお仕事で、ご一緒したことがあったりします。
 あ、次の仕事もあるのに、発注するの忘れてたあ!(^^;。
 明日電話しなくちゃ…。
 放送機器は、勿論クラリオンなの。
 そういえば、降車ブザー、何回でも押せる仕様みたいでした。
 子供がイタズラしたりして、ちょっとうるさいかも。

 さて、「はくたか」と「Maxとき」を乗り継いで、さっさと帰りますよー。
 越後湯沢は、さすがにあの大雪だったので、まだ残雪があるの。
 ガードレールが、重みでみんな変形してるもん。
 ぐにゃぐにゃ。
 上野には17時13分に到着。
 早いなあ。
 というわけで、あっさりとした二日間を過ごしたのでした。
 おしまい☆。

« ■涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 | トップページ | ■プリンセス・プリンセス 第6話「坂本家のヒミツ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/10003212

この記事へのトラックバック一覧です: 後編 学研奈良登美ヶ丘-上野:

« ■涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 | トップページ | ■プリンセス・プリンセス 第6話「坂本家のヒミツ」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。電車で寝るのって、実は結構幸せなのだっ。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ