« ■スクールランブル二学期 第5話「オミズは文化マンガは文化ケーキもブンカ」 | トップページ | ■涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 »

2006.05.09

前編 中野→小倉

 とりあえず、羽田11時40分のJL1715便で、福岡まで行っちゃいます。
 大阪と広島と北九州と福岡、どこにしようか迷ったけれど、福岡が一番コストパフォーマンスが良かったので…。
 会社でWebチェックインを済ませて、と。
 お休みは一日だけなので、さくっと帰って来るよ。
 出てから気付いたけれど、何か色々と忘れ物もしちったし。
 まあ、最悪、お金さえ持ってれば、何とかなる筈っすー。
 それが私だけのリバティなのだ。

 中野から、東京経由で羽田空港。
 丁度「はやぶさ」「富士」が到着していたので、もう誰も居ないホームに上がって、EF66の機回しを見学してみたり。
 たまにはブルトレもいいですよね。
 鉄の私ですら、乗る機会は無さそうですけど…(^^;。

 空港に着いたら、事前に座席の指定も済ませていたし、747SRの2階席へさくっと搭乗。
 JALウェイズの国際線用機材でした。
 窓の下にも、荷物を入れるラックがあるのが面白いの。
 窓の位置は低くて、折角窓側なのに、外はすっごく見にくいや。
 YS-11みたいだなあ…。
 デジカメで写真を撮っていたら、客室乗務員が飛んで来て、怒られちゃいました(^^;。
 ありり、もう離陸体制に入ってるんですかあ。
 ベルト着用のサインも点いてなかったから、油断しちった。
 ごめんなさいです。

 2階席は、1/3位しか乗ってないので、余裕たっぷりです。
 この便は満席で、キャンセル待ちも断っていたのに、どーしてなんだろ??。
 どうも飛行機って謎なのです。
 お仕事で関わりがあっても、殆ど興味が無いんですもん。
 ちょっと変わったエンジン音の、JA8186なのでした。

 飛行機から外を見ていると、いつもお天気雲の上♪、なんて思っちゃいますよねえ(笑)。
 東京での滑走路待ちの遅れをそのまま持ち越して、福岡に到着。
 鉄としては鹿児島本線を回って行きたい所なのですが、時間がありません…。
 そのまま空港から高速バスで、小倉へ。
 頭の上をYS-11が飛び越えて行きました。
 あの独特な音が聞けるのも、もう僅かですね。
 そしてそして。
 都市高速の窓から見ていたら、左手後方に、何と「ニューれいんぼうらぶ」がはっきりと見えたのでした。
 わーい♪。
 この時点では、「ニューらぶ」か「ニューべる」か、分からなかったのですけど。
 今日は月曜なので、この時間に見ることが出来たんだよ。
 嬉しいな。
 頑張って写真を撮りましたが、遠いしバスの窓も汚れていたしで、「東日本フェリーみたいな何か」としか認識出来ない写真になっちゃいました(^^;。

 バスはこまめに停まってお客さんを降ろしつつ、小倉駅へ。
 名門大洋フェリーの送迎バスに乗り換えです。
 ここまでずっと、30分以内の接続で来ています。
 効率はいいけれど、余裕が無いなあ。
 本当は尾道へも寄りたかったのですが、何故か大阪発のフェリーが混雑していたので、今回はパス。
 06/05/08 名門大洋フェリー「フェリーおおさか」新門司-大阪南港乗船記。

後編 学研奈良登美ヶ丘-上野へ続きまあす。

|

« ■スクールランブル二学期 第5話「オミズは文化マンガは文化ケーキもブンカ」 | トップページ | ■涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/9992943

この記事へのトラックバック一覧です: 前編 中野→小倉:

« ■スクールランブル二学期 第5話「オミズは文化マンガは文化ケーキもブンカ」 | トップページ | ■涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 »