« ■桜蘭高校ホスト部 第8話「太陽と海とホスト部」 | トップページ | ■ラブゲッCHU ミラクル声優白書 第8話「天音、反抗させていただきますっ!」 »

2006.05.29

■プリンセス・プリンセス 第8話「姫存続の危機!?」

 うん、姫制度は絶対に必要ですよね。
 今は姫に向けられているエネルギーが、暴走しちゃったら大変ですもの。
 当然ながら、藤森学園を共学にしちゃうとか、近隣の女子校と交流するとか、そーいう方向へは全く進まなかったのでした。
 姫出身の理事達も、みんな懐かしそうだったよ。
 出来ればあそこで、当時の晴れ姿を見せて貰えると、嬉しかったのにな。
 今はもうフツーのおじさんですけど、昔はきっと、ね。
 有定会長以外の姫だって、見てみたいもん。
 しっかし、理事たちのあの笑顔はちょっと…。
 お目が怖い(^^;。

 当事者の三人も、それぞれに「姫としての自分」を見つめ直すきっかけにはなったみたいです。
 それはきっと、いいことだと思うよ。
 勿論、姫のお仕事なら公欠になるとは言っても、お勉強はちゃんとしなくちゃいけません。
 夏休み、亨と裕次郎は真面目にお勉強していたみたいですけど、実琴は彼女とべったりだったんだろうなあ…。
 勿論それでもいいんですけど、現実に成績が落ちちゃったら、言い訳は出来ませんよねえ。

 亨とさやかの関係は、とりあえず保留。
 さやかのおとーさんが言ってたけれど、許されないって、どうしてなんだろ。
 複雑な血縁関係とかがあったりするのー?。
 姫をやってる姿を見た位じゃ、さやかはくじけそうに無いし、次はいつ訪ねて来るやら…。
 そして一番の問題は、亨の気持ちだったりします。
 いざとなったら心が揺らぐし、本気になっちゃいけないみたいだし。

 そんなこんなで、姫制度は存続し、何故か予算も倍増。
 姫制度って、知らない人には敷居が高いと思うんだけどなあ。
 例えば、フツーの中学生が、藤森学園の入試を受けようって気になるのか、甚だ疑問だったりもするわけで…。
 そんなことは、別にいっか。
 この作品、結構真面目に作ってあるので、そんな余計なことを考えちゃうんです(笑)。

« ■桜蘭高校ホスト部 第8話「太陽と海とホスト部」 | トップページ | ■ラブゲッCHU ミラクル声優白書 第8話「天音、反抗させていただきますっ!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

プリンセス・プリンセス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■プリンセス・プリンセス 第8話「姫存続の危機!?」:

» プリンセス・プリンセス 第8話 [MAGI☆の日記]
あらすじはここ(フリーページ)に書きました。感想またアニメオリジナル回です。新理事によって姫の存続が危ぶまれるという話。詳細はフリーページに書いたあらすじを参考にしてもらって、感想はまた実琴災難ですね。成績が落ちたのを姫の仕事のせいにしている新理事長に対...... [続きを読む]

« ■桜蘭高校ホスト部 第8話「太陽と海とホスト部」 | トップページ | ■ラブゲッCHU ミラクル声優白書 第8話「天音、反抗させていただきますっ!」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー