« ■いぬかみっ! 第7話「混浴でサクサクっ!」 | トップページ | ■プリンセス・プリンセス 第7話「汗と涙の合唱コンクール」 »

2006.05.18

■ひぐらしのなく頃に 第7話「綿流し編其ノ参嘘」

 宝物殿に入った四人の中で、圭一だけが、未だ健在。
 圭一は特別なんだ。
 そんな特別、全然嬉しくないけれど…。
 あの宝物殿に、見られちゃ困るものなんて、本当にあったのかしら。
 梨花もレナも、殊更に圭一は悪く無いって強調していたけれど。
 梨花は何故か泥だらけになっていて、レナは梨花と沙都子失踪の状況を、まるで見ていたみたいに推理するし。
 圭一と梨花が交わしていた、犬さんと猫さんの例え話も、途中からそのまんまになっちゃった。
 元々、圭一はウソがすっごく下手なんだもん。
 にしても、大石もそうなのですが、圭一の所には殊更に情報が集まって来るんですよねえ。
 状況は分かっても、その核心に迫ることが出来ないのは、圭一本人も含めて、もどかしいことなのかもしれません。
 そんな状況じゃ、夜の闇も怖くなったりしそうなのですが、圭一は人間以外を怖れたりはしないみたいなの。
 相手が人間なら、立ち向かって行ったりもしますし。
 そういった意味では、圭一ってこの事件(役回り)には打ってつけなのかもしれないね。
 魅音の豹変は、さすがに今回は怖かったあ。
 沙都子のこと、あんなに悪く言うのにもびっくりしたし。
 あそこで人が来なかったら、一体どーするつもりだったのでしょう。
 詩音との関係も含めて、猫のおねーさんは謎なのです。
 いつもの魅音と、スイッチが入った魅音、どちらが本当の魅音なのかなあ。
 というか、どこでスイッチが入るのか、条件が良く…。
 詩音の役割っていうのも、まだ何かありそうなのですが。

 例によって、この先の展開を読むとか、そういうのは私には無理ですー。
 何だか、前回の「プリンセス・プリンセス」の亨と裕次郎みたい。
 「おい、今までの情報を忘れんなよ」。
 「分かってるよ。まず、見た目に騙されるな」。
 以下略(^^;。

« ■いぬかみっ! 第7話「混浴でサクサクっ!」 | トップページ | ■プリンセス・プリンセス 第7話「汗と涙の合唱コンクール」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ひぐらしのなく頃に」カテゴリの記事

コメント

軟骨さん☆

 既に次の放送があった筈で、綿流し編、完結したのでしょうか。
 私はまだ放送が見れないので、コメントのタイミングをすっかりはずしちゃいました(^^;。
 魅音と詩音、二人の結び付きは、やっぱりオヤシロサマなのか、注目ですね。
 あの村では、何よりもそれが優先しちゃうのかなあ。
 誰かが圭一は特別、みたいに言ってくれても、それは本心じゃないのか、本心でもオヤシロサマの祟りには敵わないのか、それはとても気になります。
 みんな、本当に自分の意志で動いているのかな…。
 その辺りはぼかして描いてあるみたいなので、いずれ描かれたりするかしら。

 前回、電話の詩音がイコール魅音ではないか?と書きましたが、今回その線が濃くなってきた事で、逆にそれが疑わしく思えますね。

 どちらかというと魅音よりもしたたかそうな印象がある詩音が、大人しく失踪させられるタマには思えないのですが。

 しかし、もし電話の相手がやっぱり詩音だとすると、祟りを恐れたり圭一を怖がらせたりする話し振りは詩音らしくないと思えるので、まんま本来の詩音としてではなく、他意を含んでの電話と言う事になるのですが…。
 
 自殺や失踪といった事件がオヤシロサマがらみならば、それについてくわしく聴ける相手が村長、梨花、詩音といずれもいなくなって他に聴ける相手は魅音しかいない…、つまり事情聴取の対象として残っている魅音に不利な風向きとなっている訳ですが、そこがかえってクサイような気がするんですね。

 例年よりも失踪者の数が多く、既に失踪と死者の数が合わなくなっているのは、圭一がいて祭具殿に侵入したという事が理由になるのでしょうけど、逆にいえば圭一がいなくて、罰当たりをする人間がいなかったとしても、オヤシロサマの祟りを演出していた人間は最低一人を殺し、一人を行方不明にしたのでしょうか。(前の年まで続いていたのですから)
 つまり前回話したマフィア云々(『嫉妬』の回を見直してみたら圭一の口からマフィアという言葉は出ていましたね)という病根が村にあり、そこに圭一が現れた事で、さらなる惨劇が発生しているという印象があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ひぐらしのなく頃に 第7話「綿流し編其ノ参嘘」:

» ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の参 「嘘」 [月の静寂、星の歌]
 誰にも話せなかった愚かしい過ち。  いつ下るともしれない “祟り” 。  それは次第に、  ささやかな、しかし無視できない異変となって、  身辺に迫りつつあった。  そんな中、同じ罪を背負った者だけが、  ずっと……、  ――たったひとりの相談....... [続きを読む]

» (アニメ感想) ひぐらしのなく頃に 第7話 「綿流し編 其の参嘘」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1) 村長が行方不明となる事件が発生。五年連続で起きたお社様のたたり・・・梨花は「お祭りの晩に何か悪いことしなかった?」と圭一に問います・・・。梨花が危ない!!たとえ話しとは言え、梨花に洗いざらい話してしまった圭一は、彼女の身....... [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の参 「嘘」感想~ [アニメanimeANIME中心]
・・・・・・謎が深まるけど、まぁキャラ個々がいろいろ補足してくれるなぁwww [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 第07話 [King Of ヘタレ日記]
■ひぐらしのなく頃に■ [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 7話「綿流し編 其の参 嘘」 [こころに いつも しばいぬ]
今年は誰が失踪する?真実が圭一を惑わせる。彼には見えていないから惑わせる。 [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 第07話 「綿流し編 其の参 嘘 」 [Starlight Breaker]
今回は推理物ぽかったですね レナの推理が凄いwそして魅音(詩音?)の壊れ方も凄かった・・ [続きを読む]

» ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の参『嘘』 [温泉ミカンの宝物★アニメだよ♪]
うわぁ・・・ちょっと鳥肌立つくらい怖かった・・・ グロいシーンとかはなかったけど、最後の電話のシーンはマジで怖わかったね^_^; 誰が本当のことを言ってて、誰が嘘を付いてるのか。 考えれば考えるほど、あらゆる可能性が見えてきて頭が混乱します。 行方不明者続出の今回・・・いったいどうなってるんだ(;´Д`) ||#ffAA44 width=570px ``|| ||#ffAA44 style=width:570px;font:..... [続きを読む]

» 「ひぐらしのなく頃に」#7 綿流し編 其の三【嘘】 [今どきアニメ♪]
すでに其の弐の時点で化けの片鱗を見せていますが、もっとスゴいことになるのかな?かな? [[attached(1)]] === ま、迷子いいね〜♪ はう〜お持ち帰り〜 === と浮かれている場合ではありませんレナさんよ。会合があって以来、村長が行方不明なんですよ。 [[attached(2)]][[attached(3)]][[attached(4)]] なぜ祭具殿に入った圭一と詩音じゃ..... [続きを読む]

» [ひぐらしのなく頃に]第7話 綿流し編 其ノ参 嘘 [もえろぐ]
「ひぐらしのなく頃に」第7話です。 何だかやることが多すぎて 気付いたらいきなり放送が始まってビックリでした^^; さて・・ 雛見沢村の村長さんが 昨日の会合に出て行ったきり行方不明だとか・・ てか何でレナちゃんは迷子にそんなに萌えることができるのかw うーーむ底知れぬ恐ろしさを感じる^^; 圭一はこれもオヤシロ様の祟りなのかなと思案するけど 祟りならが本当なら自分か詩音ちゃんが・・ 何て考え込んでいるといきなり梨花ちゃんが話しかけてきます。 「お祭りの晩に何か悪い... [続きを読む]

« ■いぬかみっ! 第7話「混浴でサクサクっ!」 | トップページ | ■プリンセス・プリンセス 第7話「汗と涙の合唱コンクール」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー