« ■きらりん☆レボリューション 第1話「きらりん!アイドル革命!!」 | トップページ | ■涼宮ハルヒの憂鬱 第1話「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」 »

2006.04.08

■吉永さん家のガーゴイル 第1話「吉永さん家の石ッころ」

 この作品、放送開始直後にOPだけは見て、OPは何度も何度も繰り返し見ていたりするよ。
 OPの何を見ていたのかは、推して知るべし。
 あれはちょっとあんまりかも…(^^;。

 今日、やっと本編を見ましたあ。
 双葉ってば、いっつも蹴りが炸裂してますけど、どうしてあんなにハイテンションで居られるんだろ。
 羨ましいかも。
 和己やおかーさんは、のんびりしてるのにね。

 エイバリー少尉が盲導犬なら、美森を護れなくても、ある意味仕方無いような気もするのです。
 盲導犬に命令出来るのは、あくまで御主人だけなんだもん。
 護るべきものは一つでいいし、実際にはそれしか護れないことも多いです。
 それは、石ッころなのに自由に動けて、人や動物との会話も自由自在なガーゴイルには分からないことなのかもしれませんけど…。
 なんて思いながら見ていたら、エイバリー少尉はちゃんと色々考えていたみたいなの。
 ピッキング犯と対峙したとき、盲導犬としての使命じゃなくって、あくまで一般的な防犯措置として行動していたそうなので、びっくりしちゃいました。
 それでいいのかなあ(^^;。

 ガーゴイルも、吉永家だけを護っているならともかく、それが町内全域にまで拡大しちゃうし、泥棒さんは次々に出て来るし、黒幕まで居るみたいだし、そういうのを見ていたら、気持ちがかなり萎えちゃいました。
 んと、この作品、私には合わないみたい。
 町内出動のとき、律義に双葉の了解を取り付けるガーゴイルが楽しかったりしましたけど、それでもやっぱり無理だなあ。

 それはともかく、本題です。
 放送が始まると、直後に踏切を走る電車が出て来て、わ、小田急だあ♪、なんて私は盛り上がっていたのでした。
 OPにも、電車がちゃんと出て来るよ。
 和己が立っているホームを、本当にすれすれで電車が走り抜けて行くの。
 危ないし。
 車体、ホームにはみ出してるし(^^;。
 でも、和己の身長と比べて、車体が随分と小さいみたい。
 モデルは5000型なのでしょうけど、前照灯をわざわざ8000型みたいに下へ移設しているのが格好悪いです。
 ちゃんと自動解結装置も作画されているので、資料を見ながら描いたと思うのですが、どうしてわざわざデザインを変えたのかなあ(^^;。
 その後に出て来た側面を見て、私は一瞬2400型かと…。
 そんなわけありませんけどねー。
 本編も含めて、出て来る電車、スピードがとっても速いです。
 複々線化が進んで、小田急もスピードアップしましたもんね。
 以上、本題終わり。
 って、こっちが本題なのー?(^^;。

« ■きらりん☆レボリューション 第1話「きらりん!アイドル革命!!」 | トップページ | ■涼宮ハルヒの憂鬱 第1話「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/9486509

この記事へのトラックバック一覧です: ■吉永さん家のガーゴイル 第1話「吉永さん家の石ッころ」:

» 吉永さん家のガーゴイル 「吉永さん家の石ッころ」 [ゼロから]
「まほろば」のような感じだと思っていたけど、違いましたね。 [続きを読む]

» 吉永さん家のガーゴイル 第1話「吉永さん家の石ッころ」 [交響曲第758番「快速特急アキバ行」]
●冒頭、踏切を通過する小田急の電車。パンタグラフはシングルアームです。小田急はどの型式もシングルアームにしているみたいですが、小田急ユーザーじゃないので、側面だけではわかりません。 オープニングです。光の加減か、車体色が銀色に見えるのですが、前面の窓を見ると5000型・5200型・4000型あたりの雰囲気です。実車は向かって右側の窓の上は幕ではなくて車両番号ですが。前照灯も帯のところにはありません。 前照灯の位置から言えばこんな感じです。とりあえず手元には2000型の写真しか... [続きを読む]

« ■きらりん☆レボリューション 第1話「きらりん!アイドル革命!!」 | トップページ | ■涼宮ハルヒの憂鬱 第1話「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」 »

このブログについてっ

無料ブログはココログ

カテゴリー